--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.10.02 

渋谷系&ギターポップなボカロ曲100選

shibumiku.gif

渋谷系。90年代東京発の音楽ムーブメント。お洒落なカフェで流れる音楽というイメージがあります。個人的にはピチカートファイブ、フリッパーズ・ギター、カジヒデキ、TOKYO NO.1 SOUL SET、スチャダラパー、カヒミ・カリィ、Cymbals、Capsule辺りのどれかに音楽性が似ていれば渋谷系かなあ、といった漠然としたイメージしかなくて非常に情けない次第です。実際それ位しか聴いてないというのもありますが。ジャズっぽくてホーンが鳴っててベースが動きまくってて変な抑揚でラップ歌っててウィスパーボイスだったらあこれ渋谷系だ!レベルです。ボカロ初期にはCymbalsフォロワー的なボカロ曲くらいしか見当たらなかったものですが、あれから5年程経って見渡してみると、渋谷系と言われるボカロ曲の中でも音楽性が随分広がったなあと感慨深いものがあります。件のHMVどころか渋谷という街に行ったことすらなく渋谷系世代でもない、評価が固まった後にちょこちょこ聴き出した後追いファンの私が選んだ100曲。「こんなん渋谷系でもギターポップでもないわ!」という曲も入ってるかもしれませんが、そこはあくまで『私の中の渋谷系』ということで。では、甘い紅茶でも飲みながらお楽しみ下さい。

過去記事:ボカロと人が共に歌うデュエットソング
ボカロの春ソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
暑い夏の日に聴きたいボカロ曲
ボカロのクリスマスソング
寝る前に聴きたいボカロソング

続きを読む
2013.09.29 

近田春夫「考えるヒット」1~6巻


老いていくことをパンクではどう正当化するのか、みんなの興味はそこにあったと思う。ひらき直るのか、認めるのか。ところが彼等はごまかした。こっそりと歌のキイを下げて。(1巻P29より)
ギターウルフは、こちら側に「考えること」を放棄させるのである。(2巻P80より)
この曲に限らず、最近のアニメ物は、曲中に主人公の名前が歌い込まれることがまずない。そんなのズルイ。(3巻P114より)
単純で複雑、ふざけているけどシリアス・・・。決してしっぽを掴ませてくれない。文武両道の趣さえある。要するに奥田民生にハマるのはそこである。(4巻P25より)
もう来年はスキー場に行かない、と予感させてくれた広瀬香美というのは、今作がはじめてではないだろうか。(5巻P133より)


50代向けのゴシップ雑誌週刊文春で1997年1月から現在(2013年9月)まで十年以上連載中の人気コラム「考えるヒット」を単行本にまとめたもの。タイトルは小林秀雄の著書「考えるヒント」より。趣旨は流行歌を時代性に照らし合わせてあらゆる方向(事務所の売り出し方からスネアドラムの音まで)から批評することで、毎回メジャーレーベルから発売された最新シングル二枚を批評するスタイルを続けている。現在6巻(2002年分)まで刊行。早く7巻出してくれ。
やっぱりネット通販は便利ですねー。本屋や古本屋で探してた本が検索するだけでパッと手に入るんですから。長年探し回ってた本が一秒も経たずに全部揃ってしまう幸せ。ようやく6冊揃ってホクホク気分で読み耽っております考えるヒット。近田春夫というと一般にはタモリ倶楽部のゲスト出演が一番馴染みがあるでしょうか。まあ、つまりは流行歌を話の肴にあーだこーだ言ってるだけなんですが、まがりなりにも音楽を作ってる方なので言うことにも説得力があります。Amazonのレビューで"大したヒット曲もないくせに偉そうに批評とか何様なの?"とかあって大笑いしましたが、こういうのをヒットメーカーが書くと逆に面白みに欠ける気がするんですが。上から目線ぽくて。慶応ボーイで75年デビュー組、青春時代をグループサウンズで過ごし、内田裕也と筒美京平リスペクトでクレイジーケンバンド、河村隆一、奥田民生が好きなオッサン、と立ち位置を把握して文章読むと非常に楽しめると思います。私にとっては常日頃音楽シーンに思ってる不満やあれやこれやを書いてくれていろいろ嬉しいコラムなのです。流行歌はやっぱりあーだこーだ言う為に存在してると思うんですよね。


投稿時間 16:20 | 書籍 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.08.27 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とか冗談はさておきお久し振りです。元気でやってます。どうです?いいマンボウでしょう。
投稿時間 22:17 | 日記 | コメント(3) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.07.13 

Plasmart「パープレクサス オリジナル」


待ち受ける数々の難関!!プレイヤーは迷路の中のボールをうまく転がしゴールに導く立体(3D)迷路ゲーム(説明文より)

カナダの玩具会社Plasmartが2009年に発売した子供用玩具。縦横無尽に張り巡らされた立体迷路を、透明な球体を回したり傾けたりしてボールをゴールまで導く。組み立て及び電池不要。対象年齢6才以上。オリジナルの他に簡単なルーキー、難しいエピック、変わりダネのツイストの3つのバージョン違いがある。
甥っ子どもが襲来する恐怖の夏休みを前に、ちょっと気の利いた雨天の退屈凌ぎでもとAmazonをウロウロしてたら面白そうなものを発見。懐かしのエポック社のあくま島脱出ゲームを立体化した感じ?値段もそんなにしないし、カスタマーレビューの評価も高めだったのでポチってみました。そして早速遊んでみる。スタート地点は3つあって最初以外の2つは迷路を途中から始められる優れもの。なかなか考えられています。あー・・・このレーンを玉が転がっていくのはやっぱり何とも言えずいいもんですな。アナログの手触り。たまにキュボロやクーゲルバーンとかの高級ビー玉玩具が無性に欲しくなる時がありますからね。というか、あれ?結構難しい!?1から100までの通過ポイントのうち既にNo.17で悩ましい死にポイントがあるッ!そしてNo.30!何度やっても安定しない恐怖のNo.30!たった1cm足らずの距離が果てしなく遠いNo.30!序盤の豪快な90°回転から一転して微妙な傾きを要求してくるこの難度上昇線がたまらないです。子供用と思ってナメてましたが2日かかってまだ半分までしか進んでません。思ったより長いこと遊べそうな感じです。あいつら楽しんでくれるかなあ。ちなみに外側を覆っている透明な球形カバーはそれほど硬いものじゃないので、子供に与えるには注意が必要かも。指でプニプニ突いた感触ではペットボトルのフィルムよりちょっと硬いくらいかな。壁に投げつけたり踏んだら多分簡単に割れます。

過去記事:チェスピンとボトルキャップで作るビー玉ゲーム盤


投稿時間 21:25 | ホビー | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.06.30 

XBOXLIVEインディーズゲーム「One Finger Death Punch」他


世界が今まで見たことのない最速の、最も強烈なカンフー映画の如きアクションを体験してください。

このところずっと3DSの真・女神転生IVに浮気してましたが、あらかた終わらせたので久し振りに箱○を点灯。評判の良いタイトルを中心にインディーズゲームを漁ってみました。1本目は「One Finger Death Punch」。10年前くらいにネットで話題になったFlash動画の傑作、小小作品を思わせる棒人間の2Dアクションです。開発はRangerのSilver Dollar Games。操作はスパルタンXから移動とジャンプ、しゃがみを取り払ったようなシンプルなもので、右の敵はBボタン、左の敵はXボタンを押して倒すだけ。昔のゲームウォッチもかくやというような単純さですが、左右から同時に迫り来る敵の攻撃優先順を考えたり、固い敵を殴る時は瞬時のボタン入力を求められたり、片側で鉄球をドリブルしながらもう片方の敵を殴りつけるバランス感など単調な作業だけに終わらせない仕掛けはあちこちに見られます。何より半日見続けるほど小小作品が大好きで棒人間を操作して遊べたらナーと前から常々思ってたので、このゲームは正に待ち焦がれた理想の一本。自然ボタンを押す指にも力がこもります。敵をなぎ倒した後わざわざ残心とってミスするし、プレイ中には「ホワァァ」「アチャーー」とか自然に声が出ちゃうんです。後半スピードが上がってくると画面のボタン指示ばっか見ちゃってキャラの動きが堪能できないのがちょっと残念。お値段は80ゲイツポイント(約120円)。買いです。

grid_space_shooter.jpg
偵察船のいずれかを選択して戦闘機の群れ、巨大な主力艦、そして宇宙ムカデを相手に生き延びて下さい。

2本目はSuper Kablamoを作ったMeh Gamesのシューティングゲーム「Grid Space Shooter」。同じくXBOXインディーズのタイトル「Infinity Danger」からタイム制限を無くして雑魚を追加した感じ。3タイプの機体から自機を選びレーザーや誘導弾、スプレー弾など様々な敵弾飛び交う戦場を撃ちまり避けまくり、大型機の装甲を削ってコアを破壊してステージクリア。一見その辺にあるフツーの全方向ツインシューターですが、雑魚や大型機の攻撃が豊富で爆発やサブウェポンのエフェクトが気持ち良いなど細かい部分がいちいち良いんです。丁寧に作られてる感じ。大型機のレーザーや艦砲射撃が画面外から伸びてきたりすると「来たなぁ~~」とワクワクさせてくれますし、自ショットを跳ね返すバリアを敵機が展開してくるのもイイ。他にも雑魚に包囲されたところを散弾ボムで活路を開いたりと「その気にさせてくれる」というのかな。理想を言えば漂ってる氷みたいなデブリで敵弾を防いだり、自ショットで割ったデブリの破片で敵機を潰せたり、大型機の爆発で雑魚を誘爆できたりしたらもっと戦略が広がって楽しかったかも。値段は同じく80ゲイツポイント。

過去記事:最近のXBOXLIVEインディーズ
XBOXLIVEインディーズゲーム「Aban Hawkins & the 1000 SPIKES」
XBOXLIVEインディーズゲーム「REVOLVER360」

投稿時間 21:30 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.06.04 

のどごし〈生〉カンフースター篇 映画上映全編



あちこちで話題になってますが、世代的に貼らずにいられない。一般の人の夢をかなえるキリンビールTVCMの一般公募企画の第四弾。今回の夢は"カンフースターになりたい"。最近あまりTVを見てなかったので正直一弾から三弾までその存在自体全く知らなかったんですが、こいつは久々にグッと来ました。この初期ジャッキー映画のお約束アクションを「ワカって作ってる」感が凄い。全編通して「どこかで見たような」心地のいいデジャヴ感に満ち溢れています。勿論ここまでのものを作ってしまう石田さんの企画力にも驚くわけですが。この人どこかでもう一本撮ってくれないかなあ。今度はポリスストーリー系で。

関連リンク:のどごし〈生〉カンフースター篇 メイキング - Youtube


投稿時間 19:57 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.05.10 

一ヶ月経つの早い

tower_of_sun
広告がジャマなのでちょっと更新。
最近はアニメの進撃の巨人を繰り返し見てます。久々に主題歌も主人公も熱くて非常にカッコイイ。ガンツはでっかい仏像が襲ってくる辺りで脱落しちゃったけど、これは最後まで楽しめそう。
音楽は、大橋トリオを聴き直していたり。アレンジが行き届いていてやっぱ、いい。名盤「PRETAPORTER」に匹敵するような一枚はなかなかありませんが、全体的にクオリティ高いです。



あとは、におPのこの曲のベースラインを毎晩一生懸命耳コピしてる。かっこいい。身に付けたい。におPはベース弾いてて楽しい曲が多い気がします。ボカロの歌声もガッチリ調声せずに余力を残しているから「歌ってみた」の動画数も多いんじゃないかと。玄人ですね。
投稿時間 22:49 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.04.09 

Ben Howling & Yolanda Ramke「CARGO」



ITmediaの記事で知ったゾンビもの短編映画。オーストラリアで開催されたショートフィルムフェスティバル「TROPFEST 2013」で最終選考に残った作品だそう。今日の夕方からずっと見てる。凄くいい。何度見てもいい。劇中セリフらしいセリフ一つないのに心にガツンと伝わってくるものがあります。なお生々しい傷跡と内臓の描写があるのでちょいグロ注意。

続きを読む
投稿時間 22:04 | 映画 | コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。