--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.02.25 

永野のりこ「電波オデッセイ」vol.1 きみが消えてゆく速度よりはやく


「それなりに一生懸命書いたのかもしれませんが」「りかいされるとおもったらおおまちがいです」(P210より)

雑誌「月刊コミックビーム」に1995~1999年連載された漫画。単行本はアスキーコミックから全4巻が刊行された。今回の再販は復刊ドットコムの投票結果によるもので4月下旬に2巻、6月下旬に3巻(最終巻)が順次発売される予定。
両親の離婚、母親からの虐待、育児放棄の末に不登校となった中学2年生の原純子。閉じこもる彼女の元にオデッセイと名乗る謎の男が現れ、実は純子は宇宙の彼方から来た旅行者なのだと言う。オデッセイによると純子の地球での滞在期間は残りあと1年、持って帰れるものは心の中の"おみやげ"だけ。それならば、と純子は残りの旅行期間を楽しむ為に登校することにする。ここで大切な自分の"おみやげ"を見つける為に。
おお・・・本屋に寄ったら新刊の棚に平積みしてあってビックリ。即購入して何年かぶりに再読しましたがやっぱりグッときますね。「みすて♡ないでデイジー」「GOD SAVE THE すげこまくん!」で永野のりこにハマった自分としては、当時かなり異色の作品(永野作品で躁鬱気味のメガネ男子が美女をサドマゾしないなんて!!)でしたが読み進めるうちに心の大事なポジションに位置される作品に。あれから15年以上を経た今でも変わることなく心に響くストーリー、セリフがここにあります。親から受けた虐待、過去のトラウマや級友からのイジメ、劣等感、そして自己否定。消すことの出来ない心の傷とどう向き合って生きていけばいいのか。統合失調的な妄想をフルパワーでポジティブな方向へ振り切るという離れ業を見事にやってのけた傑作です。
キャラクターの中では冗談の通じない生真面目メガネくんでありながら、物語の根本をしっかり支えるキタモリが昔から大好き。幼馴染の原が心配で目が離せない、でも恋に発展するわけじゃないという微妙な距離感がいいですね。クラスでハブられ原と立場が逆転してしまったキタモリが奮起する時の『その願いを叶えるのは僕なんだ』の下りは涙が止まりません。
作中原さんは大本のトラウマ(チャイルドポルノ出演?詳しくは語られません)と対峙するほどの心の強さを身に付けるまでには至りませんが、ダメな親父も帰って来たしこれから二人三脚で何とかやっていけるでしょう。何たってオデッセイは本来原さん自身が持っている力なんですから。ラスト、原さんは虐待した母親を許したんでしょうか。「親を許す」という事はこの世に生まれた事を肯定する究極の形だと思うのです。だから原さんはきっとアダルトチルドレンになったりはしないでしょう。
同封された書き下ろしペーパーによると連載当時の編集は広瀬栄一(ヒロポン)だったんですね。いつも通りの永野作品をダメ出しして『よその雑誌では絶対に描けない様な作品を』とオデッセイを描かせたというエピソードにはヒロポンに感謝を捧げずにはいられません。LOVE。

関連リンク:祝「電波オデッセイ」復刊!永野のりこロングインタビューコミックナタリー
投稿時間 00:29 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2010.03.27 

A-10「ロードオブトラッシュ」


「自分の器がサイコロの目だとしてな?出目でしくじるかどうか決まるとしてもだ・・・重要なのは 実は出目じゃあねぇな これ・・・。要は『どこで張るか』そして『本当に張れるのか』。人間つうのは意外にここ一番でサイは振れないもんだ・・・」(P295より)

8年振りの新装版+αおめ。スメル系エロ漫画のパイオニア、A-10による300ページを越える大ボリュームの作品集。以前発売された単行本の内容に加えホットミルクで連載された続編5話、短編や書き下ろし後日談などが収録されている。
時は13世紀末、とある荒野の地下迷宮にて。ここでは各国を代表する精鋭たちが日夜激しい戦いを繰り返していた。この世界では国同士の表立った戦争が禁止になった代わりに、迷宮内での陣地争いに勝利した者達の国が実際の領土を奪い取ることができるのだ。小国エリトリアの第11番目王子は今日もその従者達と共にドラゴンや人買いや隣国の精鋭たちと戦ったり戦わなかったり。
成年コミックにて続きは以下。

続きを読む
投稿時間 12:31 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.12.01 

IKa「P.S.すりーさん以外」

 (←画像をクリック)
当ブログ「IKaのマホ釣りNo.1」で発表しております、
P.S.すりーさん以外の4コマをほぼすべて収録したものです。(記事より)

ヒッ!欲しいッ!!むしろそれ以外何もいらないから!!上のヘタクソな画像は一応カラーで描いてたんだけど、保存方式ミスって色が失われたのは内緒だ!

ps3without.jpg
途中から「自分にもOL四コマが描けるだろうか」という実験場になっております。(P11より)

1/11追記:ひゃっほう!昨年最大の心残り、地方在住数十万人にも及ぶIKaファン垂涎のアイテム入りました!!・・・というかスイマセン。本当にありがとうございます。全俺、友人各位に向けて敬礼ッッ!!本作は「P.S.すりーさん」から表紙、裏表紙、背から見返しまで徹底的な同一レイアウトにこだわっており、異なる部分は"四コマ漫画の掲載位置が「P.S.すりーさん」より1㌢高い"点のみという非常に凝った作り。本棚に並べても全く違和感ありません。その上収録されている四コマの総数がほぼ倍+書き下ろし四コマ十本というその辺のテレホンショッピングが裸足で逃げ出すお得な内容となっています。これでいちいちPCつけなくても、いつでもクルルちゃんや斑鳩さんに逢えるわけですよ、素敵。「P.S.すりーさん」の内容が比較的マイノリティの悲哀を中心に描いてあるのに対して、今回の収録作は全体的に底ぬけに明るくシュールで、楽しさ、面白さ、バカバカしさを追求している感じ。個人的には野球ネタも解禁してバリバリ描いて欲しいなあと勝手に期待したりして。IKaさんのブログによると本作の同人誌委託販売も順調に行けば1月末にも開始されるとのことで、1月22日のドラマCD第2弾発売と合わせて地方のIKaファンにとって楽しみな年始となりそうです。

過去記事:IKa「P.S.すりーさん」
投稿時間 22:50 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.09.23 

岩代俊明「PSYREN -サイレン-」1~7巻


「お前のせいじゃない」と言われた時 何故か自分でも驚くほどホッとした
もし… もし誰も言ってくれなかったら?
自分をずっと 責め続けるのか (1巻P141より)


週刊少年ジャンプ連載、「みえるひと」の岩代俊明による超能力バトル漫画。少年たちが謎の存在「ネメシスQ」によって異世界の荒野へと飛ばされ、現代に帰還する為の生き残りゲームを強いられる。
高校一年生の夜科(よしな)アゲハはある日、夜の公園で鳴り響く公衆電話を取り「PSYREN」と書かれた赤いテレホンカードを手にする。アゲハは同じテレカを隠し持っていたクラスメート、雨宮桜子の失踪をきっかけに都市伝説「秘密結社サイレン」の噂を知る。"現実に絶望した人間を集め、新たなる楽園へと導くものサイレン…"雨宮の手掛かりを得る為赤いテレカを公衆電話に入れたアゲハに、女の声で異様な電話がかかってくる。
以前から週刊少年ジャンプで断片的に読んでいて、一風変わったクリーチャーデザインといい感じのキャラの立ち具合、何より好きなSF映画やサスペンス小説の匂いがそこここに散見されてて気になっていました。最近の連載分だけではサイレンゲームの細かい設定や、登場人物たちの異様に高い身体能力が理解できなかったので、試しに単行本一巻を買ってみたら大ハマり。翌日全巻揃えてしまいました。想像していたよりもずっと面白い。久々ヒットのアクション漫画です。以下ネタバレ。

続きを読む
投稿時間 13:31 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.08.15 

knotscream「たくろく!」



前々から若干PことノッツさんこのWeb漫画の続きが楽しみで仕方なかったんですが、今週末のコミックマーケット76にて書き下ろし30話を加えたたくろく!本を・・・配布・・・している・・・そうです・・・。欲しい。激しく欲しい。コミケ行けない。死にたい。死ぬほど読みたい。もうちょっと情報を知るのが早かったら、あるいは。ネット発のポップカルチャーにとってpixivとtwitter は最早必須レベルなのかしら。

6/10追記:奥さん!今ならたくろく!全40話まとめてUPされてるわよ!!ちなみにとらのあなの委託販売はこちら。やべえ!知らなかった!



8/1追記:ようつべで新作発表ktkr。相変わらずの高音ヴォイスにノッツさん女性説を確信している俺ガイル。



関連リンク:クルミくん NO FUTURE - ノッツクリーム

投稿時間 12:55 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.06.28 

浦沢直樹「PLUTO」1~7巻

pluto
「いいか、勉強しろ。勉強して、ロボットのいない世界を創れ」(3巻P110より)

国民的マンガである手塚治虫「鉄腕アトム」の1エピソードを「YAWARA」「MONSTER」の浦沢直樹がリメイク漫画化。
人間と寸分違わぬロボットが作られ、バーにロボット用のエネルギー飲料が並ぶ程社会にロボットが浸透した遠い未来。ロボットには人権を模したある程度の権利が与えられ、高性能なロボットには夫婦関係や子供のロボットを持てるケースも存在していた。ユーロ連邦ディンセンドルフ。ユーロポール・ドイツ支部に所属する刑事ゲジヒトは、ロボット法擁護団体の幹部が殺害された事件に遭遇、検問から逃亡した男を追い詰めるが・・・。
最終巻が発売されるという直前に今さらですが、面白かったー。私は結構いい年して「鉄腕アトム」を1話も読んだことがなく、アトムに特別な思い入れもないのでキャラ造形にも違和感無くスンナリとお話に入っていけました。アトム関連では海底超特急マリン・エクスプレスをテレビでリアルタイムで観たことがある位。浦沢直樹はパイナップルARMYがフェイバレット。
ゴルゴ13みたく世界情勢の時事ネタを上手く絡めて描いてあるなーとホント感心します。真相を隠して引っ張りまくる浦沢センセ独自のミステリー的演出に、真相を追って食い下がる主人公ゲジヒトのキャラクターがピッタリ。自らの役割と記憶に疑念を抱きながらも、孤独に戦い続けるゲジヒト超カッコイイ。6巻読み終わって完結したかと思っちゃったくらいゲジヒト好きです。有能で正義感溢れる理想のデッカード刑事という感じ。
全編に渡って酷薄かつ感情的な人間たちを相手に、優しく気配り溢れるロボット達が強烈に引き立っています。謎のロボットPLUTOとは?原罪を犯したのは一体誰か?ロボットと人間の未来は?とか大仰なテーマよりかは、1巻後半のノース2号のエピソードみたいなちょっと切なくて心温まる短編が浦沢センセの真骨頂だと思うですよ。
投稿時間 13:45 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.04.12 

大場つぐみ&小畑健「バクマン。」1,2巻


「つーか結局面白いマンガって天才にしか描けないのかも・・・」
「じゃあ天才じゃない人が描いた一番面白いマンガってなんだろ?」(1巻P111より)


大場つぐみ原作&小畑健作画のデスノートコンビによる漫画家サクセスストーリー。
中学三年生の真城最高はただ過ぎていく日常と、夢のない自分の将来を思い浮かべては悶々としていた。ある日忘れたノートを取りに学校へ戻った真城は、一人教室に居残っていたクラスメイトの高木秋人と出会う。真城を待っていたと言う高木は、真城のノートに書かれた秘密を黙っている代わりに取り引きを持ちかけてくる。『俺と組んでマンガ家になってくれ』と。
アメコミ風&ノーマン・ロックウェルライクな表紙が印象的なステキ単行本。「まんが道」「編集王」「漫画家残酷物語」「吼えよペン」等、漫画家ものの名作は過去にいっぱいありますが、まさか週刊少年ジャンプでこういう類の作品が読めると思ってませんでした。昨今はエニックスお家騒動があったり雷句誠や佐藤秀峰の出版社との軋轢がニュースになったりと、生臭い漫画家の裏事情もネタとして身近になってきた感がありますが若いジャンプ読者としてはどうなんでしょうか。楽しめているんでしょうか。自分のような下世話な大人としては読者アンケートによる連載打ち切りも編集者と漫画家の力関係も面白くて仕方ないのですが。週刊誌を買う文化の無い家庭で育った人間なのでその辺りの話も実に新鮮なのです。嗚呼、毎週ジャンプを買ってる友達を尻目に廃品回収を心待ちにする切ない子供ゴコロを、誰か分かって下さるだろうか。
さて中身。序盤で別宅の仕事場を与えて主人公たちを実家から切り離し、プラトニックなラブストーリーを絡めてもう1本の柱に。以降は新人漫画家同士の連載枠をめぐるランキング争いに持っていく辺りが上手いなーと感じました。「巨人の星」ならぬ「ジャンプの☆」的な作品の位置付けからいって仲間割れによるコンビ解散や、他雑誌への移籍、漫画家挫折エンドとかは描かれる事が無さそうなので安心して読める感じです。続きが楽しみ。

関連リンク:「バクマン。」の暴露に秘められた想いマンガがあればいーのだ。
投稿時間 17:22 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.18 

お前の名前はヘッドショットだ


P.S.すりーさん人気投票で投票対象キャラにクルルちゃんがいないのが納得いかなかったので、ちょっと描いてみた。膝の位置というか服のシワ間違えた。あー誰かlivedoor ID持っている人がタグ追加してくれないもんだろうか。クルルちゃんなら何度でも投票しちゃうんだぜ。
光速(以下略)に出てくるクルルちゃんはライトニングさんの先輩FFキャラとして、背伸びした感じが非常にかわいいですが、FF5をプレイしてた当時はガラフの死>キャラチェンジに強いショックを受けてしまって、クルルに最後まで馴染めず仕舞いでした。男1女3の当時としては驚異的なハーレムパーティではありましたが、あんまり嬉しくなかったかも。それこそギルガメッシュがパーティに入れば良いのにとか思ってました。
下の動画はFF5関連であまりに面白過ぎたので。旧世代のRPGには楽しみ方に幅があったよね。


投稿時間 15:00 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。