--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.06.07 

キリンジライブ in 名古屋CLUB QUATTRO


泰行「・・・・・・」(MCのネタに詰まって照れ笑い)
高樹「・・・まぁ、十年やってもこれですから」


友人夫婦とキリンジのライブ行って来ました。クラブクワトロは名古屋パルコの東館8階にあるライブハウス。ちょっと洒落てて若者多くて自分には敷居が高いスペースであります。以前に演ったZEPP名古屋に比べハコの収容人数が1800人から550人へと大幅に縮小してますが、これは前ライブの集客具合からいっても仕方ないところ。まぁ、規模が小さくなった分だけアーティストを近くで観れるのでよし。そういえば名古屋の馬の骨ライブもクワトロでしたね。開場待ちの列は200番台辺りまで、男女比は1:9くらいで年齢層はパッと見20代前半から30代前半まで、カップルはポツポツ。今回もいくらか当日券あり。
「家路」でライブスタート。堀込兄弟は共にジーンズに水玉模様(?)の色違いワイシャツで登場。長髪伸びっ放しのヤスとデビュー当時から変わらぬ兄樹の髪型。笑顔で楽しそうに演奏するヤスと対照的に押し黙ってキメキメのギター演奏に徹する兄樹がやけにカッコイイ。ヤスの声は初っ端からバッチリ出ていて「エイリアンズ」や「スウィートソウル」の高音域も完璧でした。得意のディビりも軽やかに絶好調。兄樹もボイストレーニングしたのかと思うほど声が出ていたので「悪玉」の兄パートをほとんどヤスが歌ってしまったのがかなりショックでした。ベビーフェイス担当ヤスとヒール兄の歌い分けが出来てこその名曲「悪玉」だと思うんですが。今回の兄樹はコーラスよか極力ギターに専念している感じでした。それは別にいいんですが、兄のメインボーカル曲が一曲も無いのはやっぱり寂しいなー。「この部屋に住む人へ」とかどう考えても兄が歌うべき曲でしょう。
ライブは間にアルバム「7」の収録曲を挟みつつ、各アルバムから数曲づつ歌っていきます(「オムニバス」「47'45"」からは無し)。大好きな「ジョナサン」がいきなりライブ2曲目で感動。ディビディビディビダー♪「雨をみくびるな」。音を歪めた兄樹ギターが炸裂「この部屋に住む人へ」。やっぱり『クラクション長く鳴く』の後は『んー』と言って欲しかった「太陽とヴィーナス」。リズミカルな観客の動きが突然ストップ、名曲「エイリアンズ」。ステージ脇のPAの兄ちゃんまで口ずさんでいた「悪玉」恐るべし。「もしもの時は」では手拍子がバックビートなのかどうなのか観客が困惑する一幕が。コーラスの真城さんとドラムの人が前で叩いてたので多分前なんでしょう。元祖カントリー。
個人的に最高潮といえる場面はありませんでしたが「イカロスの末裔」「太陽とヴィーナス」「自棄っぱちオプティミスト」辺りでそれぞれ大変盛り上がった印象。「YOU&ME」聴きたかったな~~、残念。アンコールは季節外れの名曲「千年紀末に降る雪は」とアルバム「7」から2曲。「千年紀末」はともかく、ただでさえ予定調和のアンコールにニューアルバムの曲を平然と入れるのはどうかと。少しはサプライズを感じさせて欲しい。それこそ「エイリアンズ」や「悪玉」とか演ればいいのでは・・・。
さてお楽しみMCは、以前とは別人のように滑らかに語りかけるヤスに驚愕。と思えば弟の振りに対し客席に『こんばんわー』とヤス完全無視の挨拶で返す兄樹が秀逸。ピンバッジの話題はほとんどコントみたいでした。しかし中盤になるにしたがってやはりグダグダに。『市販の青汁より個人営業のスタンドで飲む青汁は美味い』といった話の後、話題に詰まって黙り込んだヤスに、兄から台本作って全国同じMCにしようかというアイデアまで飛び出す始末。やはりMCが上手いヤスはヤスじゃない。
今回もなかなか楽しめました。ドラムとギターが効いているキリンジ曲はポップスというよりロックな感じで、ライブの良さを再認識した感じです。

過去記事:キリンジライブ in Zepp Nagoya
投稿時間 18:32 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.03.25 

キリンジ「スウィートソウルep」


今でもあなたは探しているの? 醸し出されることのない美酒を
雨に負けぬ花になるというの? やわらかな心を石に変えて(track.3「愛のcoda」)


兄弟ポップデュオ、キリンジの東芝EMI移籍後第一弾シングル。6曲+インストver.6曲でほとんどアルバムと言っていい趣の一枚。愛に踏み切れなかった過去を悔やむ女性の絶望を歌ったtrack.3「愛のcoda」、アルコール中毒の苦悩を歌ったtrack.5「悪い習慣」など収録曲が秀逸。2003年3月発売。
先週大貫妙子さんのラジオ番組にキリンジがゲストで出ていたので楽しく拝聴しました。妙子さんの地の底から響くような低音ボイス相変わらずいいわあ。ゲストタイムの最後に妙子さんが「愛のcoda」をリクエストした際、妙子さんが『ver.違いを全部聴き比べたら中里正男さんのマスタリングver.が一番素晴らしい』とマニアな事を言っていたので、自分でも聴き比べてみることにしました。私が知る限り「愛のcoda」のver.違いは3つ(聴いた事があるのは2つ)。ジャケットの奥付を調べてみたところ、中里正男マスタリングver.はシングル「スウィートソウルep」収録のものでした。「スウィートソウルep」は5年前、皿が溶けるほど聴いた思い出深い一枚。思い返してみると、アルバム「for beautiful human life」に入ってる方の「愛のcoda」はあまり聴いた事が無かったのでいざ視聴。
・・・結構違うもんですね。マスタリングでこんなにパートの音配分が変わるとは。こういう調整はミックスの段階でやるもんだと思っていました。中里正男マスタリングver.ではオケが歌の邪魔をせずあくまで裏方に徹しているのに比べ、「for beautiful human life」の前田康三マスタリングver.では楽器の音に主張が見られます。コーラスの音量も大きいし、人によってはキーボードやストリングスがうざったく感じるかもしれない・・・微妙な好みの問題だとは思いますが。私もさんざ聴き倒した中里ver.の方がしっくり来ますね。ついでに「スウィートソウル」も聴き比べてみましたが、やはり歌中心の中里ver.か楽器を利かせる前田ver.かで違いがありました。「奴のシャツ」などはオケ中心の曲で成功していると思うので、この違いは面白いですね。他の曲にもエンジニア違いでどんな特徴が生まれるのかいろいろ聴き比べてみたくなりました。これまでも編曲家(アレンジャー)まではよくチェックしてたんだけど、マスタリングエンジニアもなかなか重要なポジションなんですね。辿っていけば最近のCDの音量が大きいのも、昔のCDの謎の高音も理解できるようになるんでしょうか。

キリンジ オリジナルアルバムのマスタリングエンジニア一覧
・中里正男(ペーパードライヴァーズミュージック、47,45、スウィートソウルep、super view)
・前田康三(3、Fine、for beautiful human life)
・宮本茂男(DODECAGON、7、ボイエンシー)
・Ted Jensen(ten)
投稿時間 01:00 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.03.18 

キリンジ「7」


カバンの中のスタンガン 星よりひそかにGPS 横顔きれいな髪
防犯カメラの中の 君がもしもの時は言ってよ please(track.12「もしもの時は」)


兄弟ポップデュオ、キリンジの7枚目のオリジナルアルバム。シングル「朝焼けは雨のきざし」とネット先行配信された7曲を含む全12曲入り。
昨年はシングルに文具を抱き合わせたり、毎月ネットで新曲を配信するなどいろいろな試みが成されましたが、あんまり個人的にキュンとくる仕掛けは無かった気がします。じっくりいい曲作って、小さなハコだろうと出来るだけライブで全国回ってくれれば他に何もいらないのに。新曲のネット配信も本気だったら『アルバムにバージョン違いを収録』などとケチを言わず、ネット配信のみでしか聴けない曲があってもおかしくないと思うんだけど・・・勝手な言い草ですが。楽しみにしていたニューアルバムとはいえ、既にネット配信で大半の曲は視聴済みなので、実質的な新曲は4曲。通して聴いても案の定まとまりの無いバラバラなアルバムです。以下一通り聴き飛ばした感想。
「宇宙のパノラマ」+「the echo」的な趣のスピーディーな一番手「家路」。サビ頭の"鳴らすー↑のさー→"の部分がフラットなのが不満だったけど、ジワジワ良くなってきました「朝焼けは雨のきざし」。マイケルの極意は"フゥー!"とか"ダッ!"じゃなくて息継ぎ時の"ハッ、ハッ"だと思う「SHOOTIN' STAR」。エレクトロニカなバースデーソング「今日も誰かの誕生日」。「Fine」や東芝時代を思わせるちょっとナーバスな一曲「タンデム・ラナウェイ」。アルバム中、合作はこの曲1曲のみ?兄曲弟詞「君のことだよ」。ネット配信ver.は超お気に入りソングですがアルバムver.はイントロとエフェクトが最悪「ジョナサン」。ヤスお得意のダラダラソング「Ladybird」。展開もサビも今アルバム最強、兄樹のお引越し夢想「この部屋に住む人へ」。ポール・マッカートニーみたいなシンプルで楽しいポップス、コールミー♪コールミー♪「囁きは天使のように」。作詞・作曲、演奏、歌全て自分。ミックス自宅。ヤスのひとりでできるもん「グレイハウンド・マン」。おぞましい歌詞がポップに煌くストーカーソング「もしもの時は」。
バラバラだけどいいアルバムです。ドデカとは別の意味でイイ。ジャケットでヒゲ+サングラスでウォルター・ベッカーみたいになってるヤスがいいですな。あと、最悪にCDが取り出しにくいケースだったので閉口しました。あの真ん中がミスドのフレンチクルーラーみたいなヤツ。聴く前にCD割りそうだったよ。再考を促したい。

関連記事:キリンジ「DODECAGON」
キリンジ「ボイエンシー」

投稿時間 22:32 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.11.18 

キリンジライブ2006 in Zepp Nagoya


「(沈黙を守る兄に向かって)・・・なんか静かだなぁ、と思って」
「どこまで(MCを)やれるか見届けようと思って。ほら、馬の骨でソロとかやったから、どれ位できる様になったかなーと。我が子を千尋の谷に突き落とすライオンみたいに」

キリンジのZepp Nagoyaライブ行って来ました。キリンジのライブも会場のZepp Nagoyaも初体験です。Zepp Nagoyaは名古屋駅から歩いて10分弱のライブハウスで、隣に109というシネコンがあります。ずーっと大きなハコだと思ってましたが、規模はちょっと小さめの体育館といったところ。自分は前から7列目でしたが、最後列でも全然問題無かった感じ。なかなかいい場所ですね。またライブあったらここで観たい。
平日とはいえ18時開場の時点でも列も無ければ人もまばらで、当日券も売ってるし少々不安気味。開演10分前にバタバタとお客さんが埋まってようやくそれらしくなりました。観客の男女比は1:20、年齢は20代後半から30代前半くらいでしょうか。最前列の熱狂的な女性ファンの一団とその後ろの男4人連れの対比がなかなか面白かったです。
堀込兄弟が出て来た瞬間に最前二列のファンが勢いよく立ち上がり、引っ張られる形で観客総立ち。泰行さんはヒッピー風の出で立ち、兄樹はワイシャツで『仕事帰りにちょっとライブ』といった風情。自棄っぱちオプティミストでライブスタート。泰行さんの歌声は最初からしっかり出ていてかなりいい感じ。ドデカゴンの曲を消化しながら間にニュータウン、ダンボールの宮殿など往年のナンバーを挟んできます。カメレオンガールの七色ライトの演出や、雨は毛布のようにスローver、スウィートソウルの星空演出はシビれました。風を撃ての間奏時、兄樹ギターが同じフレーズを繰り返していてちょっとやっつけだったような?最高潮は愛しのルーティーン>YOU AND ME>Golden harvest辺りでしょうか。YOU AND MEは新しいキラーチューンになりましたね。ロマンティック街道は出だしこそ歌詞をとちってましたが、チョッパーベースに彩られてかなりロックなかっこいい感じになってました。ドデカゴン曲はCDを再現しようという感じではなく、ライブ用にアレンジされていてどれもCD音源よりいい感じでした。ラストは勿論Love is on line。ライブで評価が高いムラサキ☆サンセットとあの世で罰を受けるほどが聴けなかったのは少々残念。アンコールはドデカゴンTシャツに着替えた二人によるCHANT!!!&ブルーバード。・・・アンコール曲は正直考え直した方がいいと思う。
ライブメンバーではキーボード兼ギターの松本圭司さんが物凄い光ってました。ダンボールの宮殿のピアノ凄かったなー。あれは全部アドリブなんだろうか。
MCは、終始話すネタに困る泰行さんを黙って見守る兄といった感じ。ラジオやコラムでも感じましたが、泰行さんはあまり音楽以外に語る言葉を持たない模様。好きな事話せばいいと思うんですが・・・結局兄樹が助け舟で地方ネタ(名古屋まつりの三英傑とか)を振ったりしていました。泰行さんがレコーディング中に「仕事が速くなる本」「グズな人にはわけがある」などの教養本を買い込んでたけど、結局最後まで読んでいないとか、その中に雑誌ニキータがあって、兄『君の身近にアデージョがいるのかと思って』弟『アダージョでしょ?』などのやりとりがあったり。
今までに聴いたライブ音源があまり良くなかったので、恐る恐るの初キリンジでしたが最高でした。また行きたいもんです。YOU AND ME聴きに。
投稿時間 16:54 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.10.25 

キリンジ「DODECAGON」


キリンは立って寝る 鳥は枝で寝る ヒトだけが眠れない夜は長く
君は女ですか 女の振りかな すれ違ったなら振り向いてね
(track.11「Love is on line」)


堀込兄弟による音楽ユニット、キリンジの6thアルバム。発売日は今日の筈でしたが、昨晩友人から『買いました。どう、聴いてる?』とメールが来たので、泡喰って近所のHMVで買って来ました。キリンジ名義のオリジナルアルバムとしては3年振りですが、間にそれぞれのソロアルバムが出たのでそんなに待った印象はありません。ソロもなかなか良盤で未だに聴いていますし。
それよりも東芝EMIからコロムビアへレーベルを移籍した事で、「YOU AND ME」「十四時過ぎのカゲロウ」の両シングルがアルバムに収録されなかったり、デビュー時からのプロデューサー兼アレンジャーの冨田恵一から離れ、セルフプロデュースになってキリンジ初アルバムなのが個人的には大きいです。先行シングル「ロマンティック街道/ブルーバード」が今までに無いエレクトロニカ系とシンプルな馬の骨テイストだったので、アルバムがどんな音になるか期待と不安合い半ばでしたが、一通り聴いた感じではなかなか悪くない感じ。前作「For Beautifull Human Life」よりも好みです。
泰行さんの担当曲にソロ活動中の音の印象が非常に強いので、今回あまり兄樹は泰行曲に口を出していないような。「愛しのルーティーン」はカッコいいですね。兄アルバム「Home Ground」に続き、私の大好きなドラマー楠均さんが今回「鼻紙」「Love is on line」の2曲に参加しており、ネットラジオによると「愛しのルーティーン」のドラムは「Love is on line」のドラムの切り貼りだそうで。小ネタですがちょっと嬉しい。
「Golden harvest」「自棄っぱちオプティミスト」は今までのキリンジっぽい曲調。「柳のように揺れるネクタイの」"ain't no good no how ain't no good no how now"の下りがどうしても"絵の具の葉、絵の具の花"にしか聞こえません。「アメリカンクラッカー」「クリネックス」「Lullaby」は馬の骨テイストのシンプルな楽曲。「ロープウェイからこんにちは」は兄樹曲の集大成的イメージ。「CHANT!!!!」は賛美歌っぽく、ブルーゾンビの如くクセになるリズム。ネットの恋模様を描いた「Love is on line」はドリフター以来の久々のバラード定番曲になるかも。「影の唄」はもうええっちゅうねん。
タイトルのドデカゴンは英語で十二角形の意味。アルバムジャケットは正直また顔面かよと思いました。シングルのジャケット同様、再考を促したい。

関連記事:堀込高樹「Home Ground」
馬の骨「馬の骨」
キリンジ「ボイエンシー」
キリンジ「7」
外部関連記事:DODECAGONインタビュー  
投稿時間 20:11 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.11 

キリンジ「あの世で罰を受けるほど」


別に文章を通じて言いたいことは無い(P274 堀込高樹)
ホント出来る限り(話を)ひっぱることしか考えてなかったから。(P276 堀込泰行)


TV番組のガイド雑誌「TV Bros.」に連載中のキリンジのコラム(2001年3月3日~2005年10月分)を単行本にまとめたもの。タイトルはキリンジの3rdアルバムに収録されてる曲「あの世で罰を受けるほど」から。コラムの内容は堀込兄弟の特に何て事のない日常で、その他に4、5枚目のアルバムインタビュー、兄ちゃんがいろんなサングラスを試着する「高樹がメガネをきがえたら」などが掲載。
高樹さんの歌詞が大好きな自分としては、高樹さんの日記が読めるだけでマストバイな一冊。毎回二人が好きなアルバムが紹介してあるのもポイント高いです。高樹さんはコラムに引っ掛けたシャレで選んでるみたいですが。面白かったコラムは泰行さんだと、5ヶ月に渡って話をひっぱった「お引越し騒動」恐怖!ファイナルディスティネーション「大きな赤ちゃん」1年も冷蔵庫を開けないヤス「冷蔵庫」部屋にペットボトルを貯め込むヤス「ペットボトル三昧」辺り。高樹さんでは、俺も500円は高いと思う「守銭奴」世間への怒りをぶつける「流行語大賞は『憤死』で決まり!」胎盤食べたいなどと言い出す「珍味」、「一度きりの上映」の元になった「ひとりで映画を」夫婦でストーカー「尾行」パクられた自転車から妄想が始まる「自転車」など。コラムからは意外とだらしない泰行さんと、肝の据わった高樹さんという一面が見えて来ました。新旧インタビューでは音楽に対する考え方も真面目に語られていてなかなか読ませます。ちょい値段は高いですがファンなら買い。

関連記事:キリンジ「自棄っぱちオプティミスト」

投稿時間 22:19 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.01.08 

Various Artists「NagaraMusic_Winter」


あいつは本当にどこにも居場所のない男
どこにもない自分の国で 行き場のない計画を
誰のためともなく立てている(track.14 Carpenters「Nowhere Man」)


洋楽(ジャズ・ポップス)コンピレーション「NagaraMusic」の第一弾。毎回異なるアーティストが季節ごとに一枚のコンピレーションアルバムを作る企画で、今回の選曲担当はキリンジ兄、堀込高樹。テーマは本を読みながら、お茶を飲みながら流しておきたい曲。
自分は高樹さんのファンなので非常に楽しみにしていた一枚です。あわよくばキリンジのルーツも辿れるかな、と。一応のお目当てはネットラジオ「キキキリンジ」で流れてて気に入った、カーペンターズの「Nowhere Man」。カレンが歌うビートルズナンバーはいいね。
さて、中身の方はスローテンポのスムースなジャズ、ポップスが全16曲。ケニー・ランキン、バート・バカラックとキリンジが影響を受けてるっぽいアーティスト、曲調もちらほらと見受けられ、実に馴染みます。というか・・・何だかクロスオーバーイレブンを聴いてる感じ。勉強しながらラジオで、ジョイフルポップ>青春アドベンチャー>クロスオーバーイレブン>オールナイトニッポンと聴いていく流れは、当時受験生だった自分の習慣でした。懐かしい。最近はラジオをめっきり聴かなくなったので、流行の曲や新人アーティストが全然分からなくなりました。無理に開拓する必要も無いんですけど。
全曲通して好みでしたが、お気に入りの一曲はビル・エヴァンズ「Children's Play Song」。ピアノ最高。
投稿時間 00:10 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2005.10.15 

10/15 馬の骨インストアライブ


雨の中行って来ました。矢場町PARCOの東館6階、タワーレコードで15:00より。お客さんは100人ちょい、男女比は1対30くらいで年齢は20代後半が中心という感じ。雨天にしては人が多かったかも。楽器はアコギ一本。曲目は

・Red light,Blue light,Yellow light
・最低速度を守れ!
・I want you,I need you,I love you
・燃え殻

の4曲。「最低速度・・・」を聴けるとは思わなかったので嬉しい限り。初期のスローなバージョンということでしたが、こういうのもいいな。
私は生泰行を見るのも聴くのも初めてで、武道館のライブアルバムを聴いた時は正直『やっぱりスタジオミュージシャンかなぁ』と感じましたが、思ってたよりもずっと良かった。店内に響くいい声を出してました。でもトークはやっぱり苦手な様子。マネージャーさんのライブ前トークが上手だったのでなおさらでした。
友人はタワーレコードでアルバムを買ったので握手してサインを貰っていましたが、自分は整理券を持っていないので隅っこのジャズコーナーをぶらつきながら堪能しました。でも良かったよ。
さあ次は高樹兄ちゃんのアルバムの番。願わくば高樹さんもインストアライブやってくれますように。
投稿時間 20:12 | キリンジ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。