--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.04.15 

岩月博之「オメガファイブ サウンドトラック」


BGM制作当初に企画側から頂いた「好きに作って良し」という有難いお言葉のフリーダムさに却って悩んでしまったり、制作途中にストリーミング再生からシーケンス再生へ移行したり、なぜかネットワーク用ライブラリを書いたり、納期直前に開発中のレトロモードの画面を見て急遽専用BGMを夜なべして入れたり(ライナーノーツより)

XBOX360のダウンロード専用ソフト「オメガファイブ」のサントラ。楽曲製作は「ニンジャウォーリアーズアゲイン」「ワイルドガンズ」の岩月博之。本編BGM&レトロモードBGMおよびスーパースィ-プの面々によるアレンジ曲が収録されている。ゲーム制作は太古の昔から2Dアクションを造り続ける老舗メーカーナツメ。
待ってた待ってたー。考え無しにテクニクなんとかのサントラと一緒に注文してしまったので、発売から一ヶ月遅れでようやく届いたですよ。岩月さんのお名前を拝見するのはプレステのGEAR戦士電童以来。オッメガファーイブの曲は一聴した感じでは渡部恭久さんか並木学さんだと思っていたので意外や意外。岩月さんがこんなストリングスの使い手だとは思ってもみませんでした。実にシューティングゲームらしい曲が勢揃いしていて聴かせます。私はスーパースイープ安井洋介さんのSTGアレンジ全般が大好きなのでそれ目当てで購入したのですが、原曲もかなりいい感じ。通して聴く事のできる一枚でした。他にも野呂一生まんまの佐宗アレンジとか、細江さんが珍しく原曲に忠実にアレンジしてたりして楽しめます。
さて、ビデオゲームのBGMをアレンジ曲に任意で切り替えられるという試みは、記憶している限りでは1996年に発売されたセガサターン「ストリートファイターZERO」から始まったと思うのですが、それは『アーケードゲームを家庭用に移植する際の付加価値』としてのものであって、移植という大前提が無いことには存在し得ない要素でした。だから最初から本編とは別のアレンジBGMが用意されている家庭用ゲームソフトなどはほとんど無かったと思います。それが本編よりもプアな音源によるチップチューンアレンジだとすればなおさら。元曲をアレンジするという行為は貧弱な音源を豪華に装飾する+普通の音楽に近づけることが目的で、そもそもダウングレードさせる必要性など無かったのです。ハードが進歩してビデオゲームからその「貧弱な音源」が失われるその時までは・・・。
そして1999年に発売されたプレイステーション「ちっぽけラルフの大冒険」では、オプションでBGMをPSG音源ver.に切り替える事が出来ました。アレンジ曲切り替えによるノスタルジー、レトロ気分の演出はおそらくこのタイトルが初めてだったと思われます。「ちっぽけラルフ」はゲーム自体がX68000という忘れられつつあるPCへのノスタルジーを内包して製作された節があり、この頃から既にビデオゲームの過去への回帰願望は存在していたことが分かります。少ないメモリと容量、貧弱な音源から苦心の末に引き出された既存の音楽の劣化バージョンだったチップチューン。しかしその貧弱な音源こそが魅力的だったのだと、昔からのゲーム音楽ファンのみならずゲーム製作者もそう感じていた事に気付かされる一本でした。
オメガファイブも演出とキャラ造形は3Dながら、ゲームシステムはR-TYPEを思わせる懐かしの2D横スクロールシューティングで、隠しで用意されたレトロモードも色数が減少+BGMがFM音源にとターゲットの年齢層にピンポイントなものになっています。そういう試みは年寄りゲーマーだけに向けたものではないとは思いますが、私のような古い人間にはこれからも波及していって欲しいビデオゲームの一つの方向性であります。

関連リンク:「オメガファイブ サウンドトラック」WEB特製ライナーノート
「オメガファイブ サウンドトラック」作曲者:岩月博之/海外インタビュー
ワイルドガンズ: 岩月 博之 (Game Design Current
ナツメ・サウンド・クリエイター岩月博之氏インタビュー(GAME KOMMANDER)

投稿時間 21:57 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.03.16 

virt「魂斗羅 Dual Spiritsオリジナルサウンドトラック」


ジェークは、日本のゲーム音楽・サウンドプログラム(この中には、アメリカで発売されていないPC-98シリーズやX68000シリーズも含まれる)に対する深い尊敬の念を持っている。尚、ジェークは、まだ魂斗羅 Dual SpiritsをHardモードではクリアしていない。(ライナーノーツより)

待ち焦がれていたvirt(ジェーク・カウフマン)の新譜と共に魂斗羅DSが届きました。昨年暮れに海外のみで発売された魂斗羅4の日本ローカライズ版ということで、virtの現時点での新譜は52 WeeksのPut Out A Fire And Get Stonedですが、輸入を躊躇していた自分みたいな人間には待ちに待った一枚であります。6歳よりファミコンの魂斗羅プレイを日課とし、日本人の誰よりもコナミのファミコンPSGミュージックを愛し、そのテクニックを継承しているアメリカ人virt。海の向こうの魂斗羅ファンがその正統続編に携わるという快挙の一作です。魂斗羅シリーズ過去作の名曲の数々をリアレンジしながら、古き良き時代を思わせる正統アクションゲームサウンドを聴かせてくれます。サントラはゲーム中のBGM27曲に加え、ボーナストラックとしてリードギターprozax、ベースnorg、キーボードvirt、プロデュースmideeという海外アレンジ好きにはピンと来る面子のスペシャルバンド、the Smash Bros.によるアレンジ曲が一曲収録。
ゲームファンが若い頃に感動した作品の続編を自ら手掛けるというのがイイですね。ロックです。レッチリのギターの人とか、最近ではyoutubeがきっかけでジャーニーのボーカルに抜擢された人が思い浮かびました。好きで好きで、どれだけ好きなのかを表現していたら想いが伝わったという感じがステキ。ノーマルの一面にほぼそのまま過去の同人アレンジが使われているのが、virtのファンとしては嬉しいところ。サントラは約38分と収録時間は少ないものの聴きどころ満載です。グラディウス系サウンドを思わせるtrack.13とチョッパーベースが踊り狂うtrack.14が特にお気に入り。
ゲームの方は真・魂斗羅>ネオコントラの流れからは外れる先祖帰り的な内容。ハードがDSでドット絵の2Dアクションでは致し方ないとも言えますが、あえて魂斗羅4と銘打たれたのはスーファミの魂斗羅スピリッツの北米版タイトルが『魂斗羅3』だったからだと思われます。15年以上も前に名作アクションと呼ばれた3の続編を目指し、おそらく4の開発はスタートしたのでしょう。スピリッツ面白かったもんなー。あれを作った面子は後にトレジャーへ移籍、「ガンスターヒーローズ」等へ名作アクションの系譜は引き継がれていったわけです。いや、多間接ボスの系譜かな。
さて、久々の一発死にアクションは楽しいけど厳しい。厳しいけど楽しい。ダブルスクリーンはもっぱら演出よりもプレイヤー不利の方向に働いている印象。どちらかの画面に集中しているとあらぬ方向から敵弾が・・・。難度ノーマルからかなり手応えがある反面、イージーは自機の数2倍、武器の強さも最初からMAXと非常に遊びやすくてヌルゲーマーにもいい感じです。現在、イージーをクリアすると出現するチャレンジモードで奮戦中。アクションゲーム版フェイの問題みたいな感じで激アツです。たまらん。

過去記事:virt「FX3」
関連リンク:【DS】魂斗羅 Dual Spirits part8【Contra 4】携帯ゲームソフト@2ch掲示板
投稿時間 16:57 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.03.27 

virt「FX3」

(←click the image)

PSGでヘビメタギターが確かに鳴ってる・・・。たまってさんの日記で知ったアメリカのアーティストvirt(Jacob Kaufman)の最新アルバム。20年程前当時のパソコンやアーケード基盤、ファミリーコンピュータ等のゲーム機に搭載されていた内蔵音源PSGを使用、ノリノリのプログレロックを創り出しています。アルバムのコンセプトは「80'sコナミ風のビデオゲームミュージック」ということで全編に渡って悪魔城ドラキュラやTMNTシリーズを思わせるアクションゲーム系の熱いナンバーが目白押しです。自分はもともとPSGの音が大好きなファミコン世代ではありますが、そういう懐古とか抜きに21世紀に生まれ落ちたロックミュージックとして最高のデキだと思うですよ。あー、こんな曲で2Dアクションゲームやれたら感動で泣いちゃうよ。ほぼ全曲端から端までアンコが詰まってるというか、メロディ、ベース、リズム、その全てがフックの塊なのがスゴ過ぎ。track.2の超絶(擬似)ギターソロ(途中でパープルヘイズのギタリフあり)に始まり、荘厳なオルガンが突如ヘビメタサウンドに変貌する悪魔城系サウンドのtrack.3、ヨナオケイシっぽいイントロで始まるtrack.5はtrack2、4で流れたアルバム主題テーマが激しい泣きメロに変貌。展開しまくり問答無用のキラーチューンtrack.7、track.9は狂ったような超絶ラテンリズムがたまらんです。ラストは友人の同人アレンジャーshnabubula(Samuel Ascher-Weiss)による過去アルバムFX1,2のピアノアレンジ。
数日前このアルバムに出会ってからというもの、音楽を聴ける環境にあれば常にFX3をヘビーリピートし、ネット環境があれば御本人のサイトへ行ってmp3を聴きまくっていました。サイトにはかなりの数のオリジナル曲やテレビゲームのアレンジ曲が公開されており、同コンセプトの既発PSGアルバムFX1,2もダウンロードできるので、レコード屋へ行かずして思うさまvirtの世界観を味わう事が出来ます。ゲームアレンジものではゼルダの伝説メドレー「blood of ganon」オリジナルでは「stitch-n-bitch」辺りが琴線に触れました。が、どんな豪華なオーケストラアレンジやFM音源ものよりもやはり彼のPSGミュージックにこそ強く惹かれる自分がいます。パッと見は貧弱な音源だけど、作り手の技巧によってGOODにもGODにも成り得るポテンシャルが秘められてるのがいいのですよ。
ところで、mixi music内のvirtランキング1位の曲「Get on the Bus」の音源がどこを探しても見付かりません。もしご存知の方がいたらお教え下さい。

追記:「Get on the Bus」の音源、見つかりました。MOTHER2(海外名Earthbound2)のアレンジだったのね。

関連記事:virt「魂斗羅 Dual Spiritsオリジナルサウンドトラック」
関連リンク:「ファミコン・ゲーム音楽カバーバンド」レビュー&リンク集(海外編) - gNgB
Dwelling of DuelsDoDコンペ音源保管庫
【OCR】海外のremixを語るスレ part2【VGMix】 - 2chゲーム音楽板

投稿時間 23:48 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.14 

国本剛章「PC園児」


正月明け、待ちに待った国本剛章さんの新譜「PC園児」が届きました。イエイ。kinoko kunimotoこと国本剛章さんについては、御本人のサイトおよび当サイトの過去記事を参考のこと。早速デッキでヘビーローテーション中ですが、もー素晴らしい。21世紀にこういった音楽と再会できるというのは本当に幸せなことです。インターネットに感謝、チップチューンに祈り、キノコさんに祝いを。
今作は「カトちゃんケンちゃん」「遊遊人生」などPCエンジンHuカード時代の作品を中心に収録されています。前作「20世紀ファミコン少年」には小学生時代に衝撃を受けた魂のファミコンミュージックの数々が収められていましたが、本作はPCエンジンを持っていなかった私には初めて聴く曲ばかり。聴き慣れない・・・しかし、自分にとってこれはキノコさんの新曲の数々。穏やかでコミカルな曲の端々に国本節が顔を出してドキドキします。独特のドリュリュリュとまるでギターリフの如く音階が上がる様はシビれて仕方がありません。最高です。
特にイカしてたのは未発表のビリヤードゲームのジャジーなナンバーとネクタリスのNG曲、そしてチャレンジャーのボーカル曲(!)どれもこれまでのイメージを覆す名曲でした。track.42とか一日中聴いていられるですよ。早くも今年を代表する一枚になりそうな予感です。

過去記事:国本剛章「20世紀ファミコン少年」
ハドソンのファミコン音楽

投稿時間 20:43 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.03.14 

ゲーマデリック「RAP a de LIC」


でもこれだけは言っておきたい 僕たちゲームが大好きで
朝から晩までシューティング 春夏秋冬シューティング!
(track.1ゲーマデリックのテーマ)


今は無きゲームメーカー、データイースト(DECO)のサウンドチーム、ゲーマデリックのアルバム。カルノフやクルードバスターなどDECO御馴染みのゲームサウンドをモチーフに、ラップ調のアレンジを施した歌モノ中心の一枚です。ピンボール筐体の効果音(SE)をサンプリングして解説と共に曲に乗せた「ダンスDEピンボール」や、数々の名作タイトルを有名なSEと共にノンストップで流す「ヒストリカルパレード」など収録曲もバラエティ豊か。「カルノフが街にやってきた」のナンセンスな歌詞、サウンドのファンクさもたまりません。
数あるゲーム音楽アルバムの中でもかなり好きな一枚。たまに無性に聴きたくなります。音楽的にはバラバラの様でいて、不思議に統一感を感じさせるのはMR☆Kこと木内達也さんのファンキーなボーカルが要所をシメているからでしょう。年季の入った歌手のような深く、渋い歌声を響かせてくれてます。全編に流れるユーモラスな歌詞もほぼ木内さん作という事で、木内さんのソロアルバムと言ってしまっていいかもしれません。
この「RAP a de LIC」のアレンジで特筆すべきは、ゲーム内の音声を多用している事。要所にSEを散りばめスクラッチ等を行う事でゲームBGM自体の単調さを薄め、ゲームのライブ感を演出したり曲のリズムやノリを高めています。初めて聴いた時も『これだ!』と感動したもんです。これまでもドラクエのサントラで『オリジナルサウンドストーリー』と題してゲームプレイ時の音をそのまま収録したり、「ビデオゲームミュージック」ではショットでリズムを刻んだりする試みはありましたが、音声を楽器、コーラス等の"音ネタ"として自在に使用したタイトルは珍しく、当時から強く印象に残りました。もちろん選択センスの良さが楽曲のクオリティに繋がっているのは間違い無いところ。この効果音と楽曲の絶妙の絡み合いは、お互いが離別してしまった近年のタイトルでは見られない味わいです。
投稿時間 22:13 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.02.13 

ファミコン20thアニバーサリー オリジナル・サウンド・トラックスVOL.1


1984年に発売された任天堂のTVゲーム機「ファミリーコンピュータ」の20周年を記念して発売されたゲームBGMのサウンドトラック。自分の様なファミコン直撃世代にはこたえられないタイトルを網羅(?)してvol.3までリリースされました。vol.1ではファミコン初期、およびディスクシステム初期の代表的なタイトルを収録。コンポーザーは近藤浩治(代表作:スーパーマリオブラザーズ)、田中宏和(代表作:MOTHER)両名の他、中塚章人(代表作:アイスクライマー)、兼岡行男(代表作:マリオブラザーズ)の4人。黄金期任天堂を代表するそうそうたるメンバーによる珠玉の曲群です。
チープなPSG音源を愛し、なおかつ青春の一ページとしても重要な位置を占める私にとっては正に他に比べるものの無い素晴らしい「音」ですが、それ無しに、初めてこのアルバムでこの音を聴いた若い人達がどう思い、感じるかというのは想像出来ないところです。でも嫌いな人でもなければ少なくとも『楽しくてテンポのいい音楽だな』とは感じるんじゃないでしょうか。今のゲーム音楽の様に流行り廃りや世界観がどうとか難しく考えた音楽じゃなく『アップテンポの楽しい曲』『タイムオーバーで焦らせる曲』『いかにも残念でした!というゲームオーバー音』等、単純かつ分かり易いものばかりなのがいいです。情感のこもった泣きのゲーム音楽もいいもんですが、単純なゲームには単純なリズムが合うのは間違いありません。
私は田中宏和さんのファンで「メトロイド」が大好き。特にタイトル画面のBGMの衝撃は忘れられません。大型機械が振動する様な恐ろしげな音に続いて流れる謎めいた音色に魅せられ、延々デモ画面を見ていた事を覚えています。ゲーム内BGMでも音に空白がある曲(ノルフェアステージ)が印象的。微妙な無音の一拍が何ともいえないリズムを生み出していました。氏は「レッキングクルー」や「パルテナ」などでも、リズミカルなベースに足音の様なスネアドラムが軽快に絡む絶妙なグルーブを作り出してきました。現在はクリーチャーズの社長となってもう楽曲は制作していないようですが、コンポーザーとしての復帰を強く願う次第です。
投稿時間 00:49 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.02.05 

国本剛章「20世紀ファミコン少年」


待ちに待ったゲームミュージックアルバム「20世紀ファミコン少年」が遂に届きました。20世紀ファミコン少年は国本剛章(キノコ)さんが過去にハドソンのファミコンソフトに提供した曲を集めたもので音楽CD2枚組の大作です。収録タイトルはチャレンジャーやスターソルジャー、忍者ハットリ君などファミコン世代なら誰でも知ってる名作タイトルばかり。(収録曲リストはこちら、画面かなり下の方)早速楽曲の素晴らしさと懐かしさに感動しながら聴きまくっています。
ファミコンにプログラムされる以前の生音源(ブログの記載によるとMSX+FM音源+ヤマハ・ミュージックコンポーザー)という事で、耳慣れたあのファミコンPSGサウンドとは少々異なる音色。主旋律はジャズオルガンの音に近いでしょうか、想像よりマイルドな感じです。そして楽曲の楽しさは言うまでもありません。思わず踊り出しそうな楽しいテンポの曲から勇壮な曲まで、様々なバリエーションの曲が収録されています。短い繰り返しの曲が大半だというのに何故こうもポップかつキャッチーなんでしょうか。それはもうイントロからプレイヤーの心をグッと掴む勢いがあります。諸般の事情でゲームに収録されなかった未使用曲も一様にクオリティが高く、思うさま国本節を堪能できます。
CDに触発されてアドバンスのハドソンコレクションを買いに行ったんですが、軒並み売り切れててガッカリ。仕方ないのでスーファミのシューティングコレクション(画像)を引っ張り出して一通りプレイしました。う~ん、ヘクター87はやっぱり一面クリア出来ないよ・・・。

過去記事:ハドソンのファミコン音楽
投稿時間 18:55 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2005.12.11 

ハドソンのファミコン音楽

famic.jpg
罰帝さんのブログで知った国本剛章(くにもとたけあき)さんのブログ。国本さんはKinoko Kunimotoの名義でハドソンのゲームソフトの音楽を作っておられた方。今回始められたブログでは国本さんとハドソンとの馴れ初め、自らが制作したファミコン音源について非常に貴重な回想録を披露してくれています。
ブログの記載によると担当作はチャレンジャーをはじめ、スターソルジャー、ヘクター'87、ボンバーキング、迷宮組曲など。全てピンポイントで自分が子供時代に音楽にシビれたゲームばかりです。素晴らしい。どれもイントロが流れるだけでそのゲームの画面が思い浮かぶほど秀逸な曲ばかり。初期ファミコンにおけるハドソン黄金期といっていいでしょう。一連の担当作をみると忍者ハットリくんも国本さんだと思うけど・・・どうかな?
個人的にはチャレンジャーが最も思い出深いタイトル。自分にとっては同時期に発売されたスーパーマリオよりもずっと音楽的に惹かれるものがありました。ゲーム的には負け・・・いやいや、良いゲームでした。ケータイの機種変更する毎にSCENE1(列車)とSCENE2(フィールド)は必ず着メロをダウンロードしてます。SCENE2のサビは今でも聞く度に感動ものです。無敵の炎群に雪隠詰めにされて悶死した思い出も蘇ってきますけど。
レトロゲーム専門誌ユーゲーの次号に国本さんのインタビューが載るらしいので、逃さずチェックしなければ。ユーゲーは「ユーズドゲームス」から改名してからは買っていなかったので久々。奥山さんはまだいるのかな?

関連リンク:笹川敏幸ブログ(懐古主義・ファミコンゲームデザイナーの過去ブログ)
この一連記事 がゲー音ファンには必読です

投稿時間 00:00 | ゲーム音楽 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。