--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.03.23 

ボカロの春ソング

vocaloid_spring.jpg

気が付けば3月ももう終わり。梅は満開、桜のつぼみもふくらみ始め、年度末になりました。4月から新生活を始める人も、去りゆく人を見送る人もこの時期は何だかソワソワしちゃいますね。今回は卒業、桜、新生活をキーワードにボカロの春ソングを何曲か選曲してみました。定番の桜ノ雨や千本桜もいいけど、たまには別の春曲を聴いてみるのもいいと思うんだ。春は別れの季節でもあるので恋人同士の決別ソングも入れようかと思ったんですが、ちょっとテーマがぼやけてしまうかなと思い今回は除外しました。既存曲とはちょっと違う、ニコ動発の新世代の春ソングをお楽しみ下さい。

関連記事:寝る前に聴きたいボカロソング
ボカロと人のデュエットソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
ボカロの夏ソング
ボカロのクリスマスソング
渋谷系&ギターポップなボカロ曲

続きを読む
2012.01.24 

ボカロと人のデュエットソング



例の記事から来てくれた方々に感謝の意を込めて。まるで超新星爆発の様な、このブログ始まって以来最初で最後の多量アクセスでした。ありがとうございます。
さて、ボカロPのふわふわシナモンことOSTER_projectさんが昨日発表した新曲「魔法使いのショコラティエ」。これは伊勢丹新宿店で行なわれるチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラのテーマ曲としてフランスのボサノバ歌手クレモンティーヌさんと初音ミクのデュエットで製作されたもの。思わず口笛をハミングしたくなるようなポップなボサノバソングを、クレモンティーヌさんとミクさんが楽しそうにデュエットしています。合成音声とプロの歌手の歌声のデュエットというとどうしてもミスマッチになりそうな感がありますが、その辺りを見事な調声で違和感無く馴染ませていて素晴らしいラウンジサウンドに仕上がっています。さて今回は「魔法使いのショコラティエ」と同じく初音ミクと人(ボカロP)がデュエットしたナンバーの傑作を、いくつか紹介してみたいと思います。既にボカロ良曲集で紹介済みの3曲ですが、中々の聴き応えなので是非ともこの期に視聴してみて下さい。

関連記事:寝る前に聴きたいボカロソング
ボカロの春ソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
ボカロの夏ソング
ボカロのクリスマスソング
渋谷系&ギターポップなボカロ曲

続きを読む
2012.01.23 

鏡音リン・レン100選

rinren100.jpg

ツイッターで呼びかけがあったボカロ100選企画の記事です。
ふた月ほど前に渋谷系&ギターポップという括りでやらせてもらいましたが、かじもとさんのリンちゃん100選マイリスを観たらまたやってみたくなったので、自分の好きなリンちゃん曲を集めてみました。が、全然100曲に満たなかったので、最近よく聴いてるレン君の力を借りて何とか100曲集まりました。結果鏡音選に。思えばミクの歌声にようやく慣れた頃(08年くらい?)にはリンの声はまだキンキンと尖った感じがして聴きづらい、歌詞が聴き取りづらい、などと思うこともしばしばでしたが今でAct1、Act2のソリッドな声が逆に気持ちいいと感じるまでに。近年はロック系ボーカロイドとして後発のメグッポイドにちょっと先に行かれた感もあるものの、リン廃と呼ばれるリスナーやイラストレータ、P共にディープなファンに支えられての安心感は他のボカロの比ではありません。レンと共に今後も活躍していってくれるボカロでしょう。うわーーっリンちゃんだーーーッ。

関連リンク:ボカロとかの100選用まとめ - Togetter
関連記事:渋谷系&ギターポップなボカロ曲
極私的ボカロ良曲100選(2007~09年)

続きを読む
2011.12.07 

ボカロのクリスマスソング

vocalochris.jpg

今年もクリスマスの季節がやってきました。私自身はクリスチャンでも何でもないのですが、誕生日が12月ということもあって何だか気分が盛り上がる時期ではあります。ご多分に漏れず毎年クリスマスと誕生日を一緒に祝われてしまうのがちょっとシャクな感じでしたが。この時期、特にリア充でなくてもクリスマスツリーやイルミネーションで街が華やかになるのはいいですね。デコレーションや包装紙を目当てに百貨店をブラブラしたくなるというか。さて今年はボーカロイドのクリスマスソングを何曲か選曲してみました。いくつかの曲は毎年恒例のボカロ良曲集で紹介済みですが、ジャンル分けして並べたことがなかったのでこういうのもいいかなと。今後もボーカロイドのジャズやロックなどをこういう感じで紹介していきたいです。

関連記事:寝る前に聴きたいボカロソング
ボカロと人のデュエットソング
ボカロの春ソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
ボカロの夏ソング
渋谷系&ギターポップなボカロ曲

続きを読む
2011.05.22 

極私的ボカロ良曲集(2011年版)



北米トヨタのTVCMでは初音ミクのCGと共にワールドイズマインが流れ、NHKラジオでは合成音声専門の音楽番組が始まったりとそろそろボカロ、UTAU等の合成音声も世間様に認知されてきた感がありますね。今ではTV番組のBGMやTVCMのナレーションに使われることも珍しくなくなり、店舗や街中で流れる有線、カラオケはもちろんビデオゲームなどでも時折ボカロの歌声を耳にするようになりました。HAL9000の歌う「デイジー・ベル」から三十余年、巷に合成音声の歌声が溢れるというのは感慨深いものがあります。自分もボカロを視聴し始めてもう4年目、ボカロフォルダに入っているお気に入り曲もゆうに500曲を越え徐々にHDを圧迫している有様。そろそろ飽きて来てもおかしくないレベルなんですが、未だに一日でも新曲を聴き逃すと焦燥感を伴う中毒症状に襲われる有様で、まだまだ付き合いは長くなりそうです。生まれてから大人になるまでずっとプロの生歌を聴いて育ったのだから、残りの余生は素人のボカロ曲を中心に聴いていくのも悪くないかも、とも思ったり。
さて、半年も経たない内から今年のベストというとさすがに鬼が笑いそうですが、書く事も無いのでいつもより四ヶ月早くズラリ並べてみました。残りの何ヶ月間は後からおいおい追加していく予定。

過去記事:極私的ボカロ良曲100選(2007~09年)
極私的ボカロ良曲集(2010年版)
極私的ボカロ良曲集(2012年版)
2013個人的ボカロベスト(ポップス寄り)

続きを読む
2011.01.13 

ボーカロイド私的リスニング・ガイド

vocaloid1101.jpg

昨年は今まででボーカロイド曲を最も多く聴いた一年、ひいては一生のうちで一番音楽を聴いた年ではないかと思います。これほど寝ても覚めても音楽漬けな一年は今後無いだろうと、そんな気がする一年でした。新旧ひっくるめておよそ5,6千曲は聴きましたし、それこそ好きな曲は何十回も繰り返し聴き続けているわけで、おかげで大好きなゲーム音楽やアニソンもそこそこしか聴けていない有様。だからボカロ界隈に相当詳しくなったかというとそういうわけでもなく、聴いてる曲の傾向が偏っていたりもっぱら動画を見ずに音オンリーのながらBGMで聴いているので、あまりボーカロイド現象を俯瞰で語れないのが残念なところ。未だにボーマスすら行ってませんしねー。2010年の代表的なムーブメントとしては般若心教ブームやボカロクラシカ音楽祭、アンチポップツアーにシューゲイザー祭などいろいろありました。これまでの様に一般曲のオマージュでなくボカロオリジナル曲からのフォロワーもそこここで見られるようになり、ボカロP同士が影響しあう音楽的に成熟した"場"になってきた感があります。
さて去年の年末はVocaloidismを真似て自分もボカロアワードなんてものをやってみましたが、今回は自分の聴いているボカロ曲の音楽ジャンルを一度整理してみようと思い立ちました。私がよく聴いている四、五十人のボカロPの中で音楽性の似ている方々を並べて、ボカロファンが好みのPを探す指標にできないかなと。Last.fmや今は亡きmixi_musicの機能にあった『このアーティストを聴いている人はこのアーティストもよく聴いています』みたいな感じで辿って行けたら、好きな音楽が簡単に増えるんではないかなあ。なんて。・・・はい。そんな奇特な閲覧者がいたらいいなあ程度の自己満足です。まあ限られたジャンルだけを作り続けるストイックなボカロPもそうそういないわけで、カテゴライズが適当で間違いも多いかと思いますが生暖かい目で見てくれたらと思います。リストはもっといろいろ聴き込んで順次増やしていく予定。

ジャンル解説始めました → ボカロリスニングガイド+リーディングガイド|sol@mimi|note(ノート)
続きを読む
2010.09.06 

極私的ボカロ良曲集(2010年版)

vocalobest2010.jpg

音楽といえば相も変わらずボカロ曲ばっか聴いてる毎日。月に新曲を三、四百曲聴いて百曲くらい過去曲聴いて、好きな曲は増え続けるばかり。そろそろオーバーキャパシティ気味・・・いや、あと数年は戦えるよ!!あとボカロの聴き方も少し変化しました。最初のうちはニコ動のボカロ デイリーランキングでお気に入り曲を見つけたあと「歌ってみた」で好みの歌声を探す感じだったんですが、最近はボカ路地の24時間ランキングや毎日アップされる新曲を網羅しようとする積極的なリスナーのマイリストを中心に再生数の少ない新曲を聴くようになりました。知られざる名曲や意味不明な不思議音楽、トンガリまくった刺激的な曲が多くて素敵な世界です。
で、去年も今頃同様の記事を書いたので今年もメモ代わりにズラリと並べてみました。今回は前回みたく他のリストと被らないように選曲したり、再生数が数十万を超える人気ナンバーはあえて外してみたり、100曲厳選したりせず自由に選んでみました。あ、でもやっぱり一般の人が聴いて楽しめるようには想定して選曲してはいます。

関連記事:極私的ボカロ良曲100選(2007~2009年)
極私的ボカロ良曲集(2011年版)
極私的ボカロ良曲集(2012年版)
2013個人的ボカロベスト(ポップス寄り)

続きを読む
2010.03.14 

ミクの日感謝祭 39's Giving Day



ボカロ楽曲は勿論大好物な私ですが、本当の所ボカロ音声ライブとかどうなのよ、巨大プロジェクターに映し出された焦点の定まらないお人形を前に盛り上がるとか寒くない?と思ってた矢先にこの動画見て大感動。猛反省。超後悔。マジでボカロがそこにいるような生き生きとしたダンス、演出、超イイじゃないですかーーこれなら俺も観たい。最前列で。ライトペン振って。「裏表ラバーズ」と「Just Be Friends」のイントロが流れた時の胸の高鳴りときたら、もう。そして曲の途中での初音ミクによるバンドメンバー紹介に至っては完全にハート鷲掴み。そこまでやるんだ、やれるんだと。昔のアニメに出てきたバーチャルアイドルのシャロン・アップルや時祭イブみたいな、ある種アーティスト然とした会社>客の一方通行の関係性と違って、音声ツールを無数のユーザーが歌姫という存在まで押し上げたボカロが持つ双方向性は、観客とステージの距離を非常に縮めている感じがします。

追記:もしミクの日感謝祭がブルーレイで発売されたら、それはブルーレイ専用デッキを購入せざるを得ない。

7/1追記:「ミクの日感謝祭 39's Giving Day」DVD9/1発売 ついに来たでござる。ライブ版として音楽CDver.も同時発売されるのが面白い試み。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。