--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2007.01.10 

支倉凍砂「狼と香辛料」III


「愛は金で買えないと詩人は言い、金より大切なものがこの世には存在すると説教師が言う。ならば、金を稼ぐことすらこんなにも苦労するというのに、どうしてそれよりも大切なものがわれわれの手の中に入るのだろうか」(P269-270より)

第12回電撃小説大賞、銀賞受賞作の三作目。行商人ロレンスと狼神ホロの二人旅を描く。
中世のヨーロッパ。齢25の若き行商人クラフト・ロレンスは町から町への旅暮らし。ある日、ロレンスは荷馬車に怪しい女が乗り込んでいる事に気付く。彼女は名をホロといい、自分は豊穣の神で狼の化身だと主張する。一人旅にどこか孤独を感じていたロレンスは、故郷へ帰りたいというホロの願いを聞き入れ共に旅することとなる。
ガッチリ書き込まれた描写と含みを持たせた台詞のやりとり、そして300ページを越える確かな満足。パロディまみれのハーレム系ラノべに飽き飽きした人に送る久々の力作ファンタジー。獣娘スキーの友人に薦められて1,2巻と楽しく読んできましたが、この3巻でグッと来ました。この一冊に出会う為に「狼と香辛料」を読んできた感じがします。
本作の世界観はファンタジーですが、お金の単位と国名を除けば独自のファンタジーガジェットは出て来ません。悪の帝国もドラゴンも、人を襲うモンスターすら出現しません。本作で描かれるのは剣と魔法の戦いではなく商売。不安定な政局の中、したたかに栄える商業組合の力関係の中で、物々交換と金銀銅貨の行方を巡って争う商人たち。リスクとリターンを天秤にかけ、駆け出し行商人ロレンスが相棒ホロと共に世知辛い世の中を渡っていきます。活劇が控えめな分、人同士の交流は濃密。商売を有利に進める為にコネを使い、力関係を見極め、相手の表情を読み、時にはハッタリをかましと手に汗握る交渉が全編にわたって楽しめます。
恩歳100歳、一人称「わっち」。「くりゃれ」「ありんす」など遊女言葉を使う犬耳娘ホロの可愛さが巷では大人気ですが、私は立ち寄った街でロレンスを迎える父親の様な商売人たちの渋さがお気に入り。時には優しく、時には厳しくロレンスを諭す百戦錬磨の男達のコトバにはひどく惹かれるものがあります。『俺とお前は親しいがそれとこれとは話が別だ』的なオヤジにシビれる。
さて3巻。1,2巻と続けて土壇場でホロに助けられてきたロレンスですが、今回対峙するのはそのホロ本人と間男。男の意地と誇りを賭けてロレンスは昨日までの相棒に戦いを挑みます。クライマックスの展開は見事の一言。楽しめます。
投稿時間 00:00 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.04.20 

メアリー・ウィリス・ウォーカー「神の名のもとに」


言うまでもなく、キリスト教もかっては地域的なカルトであり、既存の教会指導者や政府から脅威的な集団とみなされた。過激で、反体制的であり、暴力的な要素を含んでいると見られたのである。そして、それが正しかったことは歴史が証明している。(P225より)

事件記者モリー・ケイツシリーズの二作目。カルト教団に拉致監禁された子供たちと一人のバス運転手の運命が描かれます。
1995年アメリカ、テキサス州。聖書の黙示録を教典とするカルト教団、「ジェズリールの家」率いる武装集団に小学生17人を乗せたスクールバスがハイジャックされる。地元警察やFBIが解放を目指し必死に説得、交渉を試みるが解決の糸口も見付からないまま数週間が経過する。女性記者モリー・ケイツは以前教祖サミュエル・モーディカイにインタビューした過去を買われ、事件の取材を任される。
原題は「Under the beetle's cellar(カブトムシの穴倉の下)」。発売年度のハメット賞アンソニー賞マカヴィティ賞受賞。2005年春から「宮部みゆきが大絶賛」のオビが付属。
今までに読んだ海外クライムサスペンス小説の中でも、最も心を揺さぶられた作品。比較する対象が存在しない程の仏契りNo.1ノベルです。今でも時々読み返してはクライマックスでボロボロ泣いています。初めて読み終えた時はひどく顔が熱くなって、涙が止まりませんでした。メアリー・W・ウォーカーの著作はこれを含めて4冊翻訳されていますが(全て既読)、本作が間違いなく最高傑作でしょう。この作品だけえらくレベルが違う感じです。
本作は終末思想的なカルト教団の恐ろしさもさることながら、監禁された子供たちが絶望の中で見せる勇気、そしてバスの運転手ウォルターの語る作り話が非常に心に迫ります。子供達を安心させ、慰める為にウォルターが仕方なく始めたヒメコンドルのジャクソンビルの物語は、ウォルターの過去と現在を綯い交ぜにしながら進んでいきます。絶望、後悔、悔恨、渇望、そして希望。教祖モーディカイの唱える終末を前に、ジャクソンビルの物語も終わりを告げます。二つの物語の結末は・・・。強い余韻を残すラストはどんな形であれきっと読者の心に残るはず。

ずっとこの「神の名のもとに」のちゃんとした記事が書きたかったので、願いが叶いました。この作品が持つ魅力をネタバレせずに上手く文章にしたかったんですが・・・そちらの方は全然ダメでした。断定口調での作品分析や書評は勉強不足の自分にはまだ書けないようです。それはまた、いずれ。少しでも興味を持たれた方は是非読んで貰いたい。その際は当記事のコメント欄に一行でも感想を頂けたらと思います。
投稿時間 00:01 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.03.31 

賀東招二「フルメタル・パニック! 燃えるワン・マン・フォース」


「何がいけないんだ?」
宗介は言った。皮肉でも反論でもなく、純粋な疑問としてそうたずねた。
現にそうなったではないか。
自分が立っているのも。こうして貴様が倒れているのも。(P280より)


富士見ファンタジア文庫の超人気作の本編8巻め。コミック、テレビアニメなど多くのメディアミックスが行われ、最近では巨大ロボアニメの祭典スーパーロボット大戦にも参戦。
対テロリストや地域紛争の火消し役、傭兵部隊ミスリル。そこに所属するアームスレイブ(二足歩行の人型ロボット)パイロット相良宗介軍曹は日本人である事を買われ、ある高校生の少女を護衛する為に日本の高校へと潜入する。しかし中東の傭兵上がりの宗介は平和な日本の学生生活に馴染めず今日も護衛対象の少女、千鳥かなめとすったもんだのドタバタを演じるのだった。
富野アニメのようなロボット同士の戦いが中心の作品だと思われがちですが、メインは宗介とかなめのラブストーリー及び宗介の肉弾戦で、ロボは最後にキメるだけです。戦隊シリーズの合体ロボを想像してもらうと分かりやすいかも。超科学の知識を宿した『ウィスパード』と呼ばれる少女達を巡って謎の軍事組織同士が火花を散らします。
世間ズレしたファンシーな宗介の行動、テッサ・マオ・かなめの魅力的な女性陣、渋い脇役マデューカス中尉&カリーニン少佐、宗介×ガウルンの宿命の対決、マオチームの戦友の堅い絆、かなめのピンチでも折れない心、どうしようもない窮地からの大逆転劇のカタルシス、毎巻しっかり読ませてくれるページ数、とファンタジア文庫の中でも屈指のクオリティを誇るエンタテイメント作品。ワンマンアーミー宗介の学生生活のドタバタを抽出した外伝も既に8冊を数え大人気ですが、個人的には長編に勝るものではありません(ボン太君は可愛いけど)。長編はコミカルな出だし>宗介とかなめすれ違い>敵の奇襲により窮地へ>宗介絶体絶命>かなめが起死回生の一撃>大逆転>宗介とかなめイイ雰囲気、という一連の流れが最高に心地良いです。全体的に展開のメリハリの良さは特筆もの。
さて本巻。前巻で楽しかった学園生活は終わりを告げ、ミスリルは壊滅、かなめは囚われの身といきなりの急展開。宗介は東南アジアで宿敵クラマとケリをつけます。前巻でクラスメートが爆弾を体に巻かれたりとチェチェンのロシア学校襲撃事件ばりに血生臭くなっていっていますが、今回も普段の「フルメタ」では助かる人間が死んだりして悲しい展開。逆転劇はまだ始まりません。フィオナを捜し求めるキリコのような宗介の慟哭が悲しい。
本巻ではクラマのイラストがまんま「闇のイージス」の殺し屋ゼロだったりとか、「フルメタ」全体に七月鏡一作品の影響を強く感じます。宗介の『学園に紛れ込んだ傭兵バカ』という設定も「ジーザス」そのままですし。
投稿時間 19:33 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.03.15 

神野オキナ「あそびにいくヨ!」1~7巻


「世の中には三つのやり方があるそうです。つまり、『正しいやり方、お前のやり方、そしてオレのやり方』・・・・・・・・・・・・中でも一番大事なのは『オレのやり方』だそうで」(4巻P151より)

獣娘が大好物の友人からの借り物。メディアファクトリー文庫の人気作。
沖縄に住む高校生、嘉和騎央は夏休みのある日親族の集まりに顔を出し、そこで珍妙な格好をした白人女性に出会う。猫耳尻尾付きでピチピチのボディースーツに身を包んだ彼女は、自分は宇宙人で調査のついでに遊びに来たと言う。エリスと名乗る彼女は嘉和一族の大ババさまに気に入られ、騎央の家にしばらく宿泊する事になるのだった。
タイトルや副題の脱力具合からあまり期待していませんでしたが、なかなか面白かったです。文章も読ませますしセリフも面白い。宇宙船、宇宙人、美少女、巨大ロボ、米軍基地、秘密結社、映画製作・・・好きなカルチャーを手当たり次第に詰め込んだこの偉容。世界観や設定、展開などその他もろもろ(「妖精作戦」「ARIEL」辺りの)笹本祐一作品の直系と言えるでしょう。5巻あとがきでも『うる星やつらのビューティフル・ドリーマーが大好き』と書いておられるので笹本&神野両氏のメンタリティは非常に近いと思われます。誰もが"終わらない学園祭前夜"を一度は描きたくなるもんなんですね。アオイ×騎央×エリスの三角関係とかの淡い恋愛は笹本作品には無いものですけど。
よくある宇宙人ものから秘密結社との対決、ロケット打ち上げから軌道上での戦闘など徐々にSF色が強くなっていくのがいい感じ。少しずつではありますが騎央君もたくましくなったりして、少年の成長物語としても読めます。でもメインはやっぱりアオイ×騎央×エリスの二等辺三角関係。過酷な半生を送ってきたアオイの冷えた心が、恋敵であるはずのエリスによって次第に暖まっていく過程がグッと来ます。他、著者の映画やオタカルチャーに対する思い入れが作品のあちこちに見られ、ネタが分かる人には数倍楽しめるかもしれません。本作ではちょっとやり過ぎな位ですがこれはラノベ全般に見られる傾向ですし、パロディとしてのアイデンティティなのかも。個人的にはキャーティア人が猫耳以外に人の耳(副耳)を持ってる事と、アシストロイドのマットレイ(チキチキマシン猛レースのケンケン)がそのまま過ぎるのは許せない感じです。
著者の神野オキナという方は自作品のクロスオーバーが大変好きな方らしく、本作でも重要人物として他作品の主人公が登場します。そこら辺の説明があまりされないので、時折読者(私)を置いてけぼり食らわせたり。しかも出版社が違う作品からクロスオーバーしてくるので困ったもんです。

関連:カバー、挿絵担当の放電映像ブログ

投稿時間 23:19 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2006.02.18 

ろくごまるに「封仙娘娘追宝録・奮闘編5 最期の宝貝」


その一言を待っていたのか、龍華は嬉しそうに笑った。
「見損なっただと?お前に人を見る目がないだけの話だろ。それを私のせいにされてもねぇ」(P114より)


2005年は3年振りに封仙娘娘追宝録、10年振りにサーラの冒険の新刊が出るという、富士見ファンタジア文庫における驚愕のサプライズがあったので、またしばらく"待ち"が続くのかなと思っていましたが、正月明け早々にもう一発来ました。封仙娘娘追宝録奮闘編(外伝)の5冊め。ファンタジアバトルロイヤルに連載された短編五編に、書き下ろし新作一編を加えた短編集です。
書き下ろしエピソードで殷雷刀無しの宝貝回収劇が展開される事以外、外伝になっても特にやる事は変わらないんですが、長編と短編の時間軸は明確でなくそれぞれ独立した感じ。短編のエピソードを知らなくても長編で戸惑うような事はありません。逆もまた然り。むしろ両方読んでる方が混乱するかも・・・。外伝4巻のエピソード「雷たちの饗宴」で百万世界の和穂&殷雷が登場、パラレルワールドの存在が明らかになりましたが、その勢いで本編9巻でもパラレルな展開が展開されて少々混乱気味。短編と本編の和穂は同一人物ではない?長編の和穂は氷の瞳の和穂?最終的にはキレイに説明されると信じたいですが・・・。
以下ネタバレ。

過去記事:ろくごまるに「封仙娘娘追宝録9 刃を砕く復讐者(下)」
続きを読む
投稿時間 22:00 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2005.12.28 

山本一力「あかね空」


「ぐしゃぐしゃてえのは、おれの親父が命懸けで造ってきた豆腐のことかよ。そんだけのことを言うからにゃあ、てめえの豆腐はよほどにかてえんだな。どうやって食うんでえ、鉋で削るか鋸で挽くのか、どっちでえ」(P370より)

お袋からの借り物。江戸の豆腐屋一代記。第126回直木賞受賞作。
宝暦十二年、江戸。身一つで京都から出て来た豆腐職人の栄吉は、京豆腐の老舗、平野屋の味を広める為に奮闘する。しかし江戸の硬い豆腐に慣れた町人の口には、柔らかで上品な栄吉の豆腐は合わず、商売はなかなか軌道に乗らない。そればかりか地元の豆腐屋ともうまくやっていけず栄吉は次第に孤立していくのだった。
こういう時代物を読むのは久し振り。上方(京都)からやってきた一人の男を巡り、地元の人々それぞれの思惑が絡み合って物語は進みます。前半は栄吉夫婦の苦闘とそれを影で支える者達を、後半は栄吉夫婦と三人の子供達の愛憎劇を描いていく二部構成。前半は商売がうまくいかないながらも志を曲げずに踏ん張る栄吉のたくましい姿や、栄吉に密かな想いを託し協力してくれる人々の姿に泣けるんですが、後半は家族が互いにスレ違う想いからドツボにはまっていく様を余す所無く描いており、正直読んでてシンドイです。言葉にしなけりゃ伝わらないけど、言葉だけでも伝わらないんだよなぁ。母親にエコ贔屓された長男のボンボンが悪い遊びを覚えて身代を潰していき、残された弟と妹が苦闘する様は正に花登筺の「あかんたれ」の世界観。母おふみのネチネチとしたイヤミとイジメに胃がキリキリします。
派手な展開も無く、人と人の係わり合い、互いの愛憎関係をしっかりと描いているのでラストの大逆転は拍子抜け。ちょっぴりファンタジーだなと思いました。そりゃ傳蔵親分はイイ人だけど・・・ちょっとね。毎回『影ながら見守っていた善人によって京やは守られました』じゃあんまりじゃない?
投稿時間 01:10 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2005.12.21 

宮部みゆき「名もなき毒」第288回


中日新聞の朝刊で毎日連載中のサスペンス小説。原田いずみの乱入で話もいよいよクライマックス。このピンチを三郎はどう切り抜けるのか。
宮部みゆきは単行本を7、8冊読んでる位で、それほど熱心なファンというわけではありませんが、好きな作家さんの一人。「魔術はささやく」「火車」「理由」「夢にも思わない」辺りがお気に入りです。ちょっと前、私の大好きな小説「神の名の下に」のオビを宮部さんが書いていて親近感を持ったり。そういえば映画「妖怪大戦争」の担任教師役は見事にハマってました。
「名もなき毒」は「誰か」の続編で、主人公も同じく35歳妻子持ちのサラリーマン、杉村三郎。大事件を扱ったドラマティックな展開を見せるでもなく、そこら辺にある身近な悲しみや憎しみを描いています。今回のテーマは『犯罪者の親は子を犯罪者に育てたわけではない』、でしょうか。世間では加害者と同様に責められる加害者家族にスポットを当てています。原田いずみの父親の独白は読むのがしんどくなるほどの重さでした。
最近明らかになった毒殺事件の犯人はピンと来ませんでしたが、原田いずみと三郎という対極の人間を対峙させる事で何か凄いものが出て来そう。明日の朝が楽しみ。

新聞の連載小説で思い出しましたが、日経連載のエロ小説「愛の流刑地」が映画化とか。何かが狂ってる。
投稿時間 00:00 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2005.12.18 

谷川流「学校を出よう!」1~6巻


「結論を言おう。よいか、並行世界は有限である。そして世界は上下にも存在する。とするならば、その縦方向の世界もまた有限であるとして何がおかしいことがあろう」(5巻P136-137)

涼宮ハルヒシリーズの谷川流による超能力学園もの。
特殊能力を持つ学生を幽閉するEMP学園。高校二年生の高崎佳由季は本人に特殊能力が無いにも関わらず、6年前に死んだ妹の幽霊に取り憑かれたせいで第三EMP学園に編入させられていた。そんなある日、佳由季は生徒会から超常現象の調査を命じられるが・・・。
超能力者を集めた学園でリーダーが強力なテレパスというと、どうしてもX-MENの『恵まれし子らの学園』とエグザビア教授を連想してしまいます。こちらのリーダーはハゲじゃないけど。X-MENみたいに能力者同士のバトルも無く、淡々と合宿生活が描かれ"学園"と謳っている割には授業のシーンも学園祭等のイベントも皆無。物語の仕組み(設定)そのものがメインに据えられているので、情感に訴えるような熱い展開も特に無く、数人の狂言回しが自らの世界観についてのロジックを繰り広げます。スタイルとしては推理小説とかに近いのかな。それがこの作品の面白みでもあるのですが、カバーイラストから想像される萌えラノベはここにはありません。
シリーズ通しての主人公は漆黒のゴスロリ美少女、光明寺茉衣子と白衣の魔術師、宮野秀策のコンビ。宮野が狂言回しの一人なので純粋な主人公は茉衣子一人と言ってもいいでしょう。超強力テレパスの抗争(実は兄妹喧嘩)に巻き込まれ困惑しながらも、次第に自分自身を発見し成長していく茉衣子がいい感じです。
5巻辺りから強烈なメタフィクション的展開を見せ始めていて、続きが非常に気になるところ。上位階層が下位階層を支配・変革し、下位の存在である主人公がその構造を打ち破ろうとするのはメタのいつもの手法ですが、ここはイッパツ上位構造からの物語を描いて欲しいです。鈴木光司の「ループ」みたいに。

過去記事:谷川流「涼宮ハルヒの憂鬱、溜息、退屈、消失、暴走、動揺、陰謀」
投稿時間 02:30 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。