--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.27 

東京事変「大人」


何かを悪いと云うのはとても難しい 僕には簡単じゃないことだよ
一つ一つこの手で触れて確かめたいんだ 鮮やかな色々(track.10「透明人間」)


椎名林檎率いるバンド、東京事変の2ndアルバム。1stアルバム「教育」は未聴。
椎名林檎は「無罪モラトリアム」「勝訴ストリップ」と死ぬ程好きでしたが、3rdアルバム「加爾基精液栗ノ花」が自分にあまり合わず、しかもCCCDだったので頭に来て当てつけに海賊版を買ったりしました。以降買っていません。カバーアルバム「唄ひ手冥利」(特に黒ディスク)は結構好きだったんですが・・・シングル「真夜中は純潔」の流れのアルバムが聴きたかったな。
さて「大人」。ライブ映像で流れてて一発で惚れた曲「透明人間」が入ってる事を知り、それ目当てで購入。最高。「透明人間」最高。「月に負け犬」と同じフレーズ"好きなひとやものなら 有り過ぎる程あるんだ"の下りに震えます。歌詞はお子さんに向けて歌っているような?作曲はtrack4「スーパースター」と同じく亀田誠治(ベース、作編曲担当)。亀師匠はやっぱり凄いぜ。
「透明人間」以外、特に期待していなかったんですが意外と楽しめました。「ザーメン」程ストリングスが利いていませんし曲調は結構好み。「修羅場」「ブラックアウト」はカッコイイし「雪国」>「歌舞伎」の流れはテンポがいろいろ変わって非常に面白いです。少々ギターに添え物感があって(意図的だろうとは思いますが)パンチが利いてないので、個人的には割り当て&音量アップを希望したい。
全体的に良かった。「教育」も聴いてみたくなりました。

関連:東京事変インタビュー 
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/93-e615ccdd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。