--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.22 

ポール・マッカートニー「CHOBA B CCCP」


僕の行き先やお金の使い道を いつだってあれこれ詮索して
まくしたてる君 もうウンザリだ 限界だよ もうこんなのには耐えられない
(track.12「CRACKIN'UP」)


1988年にロシアで発売されたポール・マッカートニーのカバーアルバム。ポールのルーツとも言える1950年代のロック、R&Bの名曲を思い入れたっぷりにカバーしています。カバーの内訳はプレスリー、リトル・リチャード、サム・クックなど。去年アメリカ南部のハリケーン騒動で一時行方不明となったアーティスト、ファッツ・ドミノの曲からも3曲収録。全編を通してシンプルなロックナンバーが並び、素直にノれる、身体を揺らせる気持ちいいアルバムに仕上がっています。ピアノ&ギターの絶妙な競演はポールの名曲「OH!DARLING」「LADY MADONNA」を彷彿とさせ、もしかしたら元ネタはここら辺りからなのかと思ったり。気に入ったナンバーはサム・クック「Bring It On Home To Me」デューク・エリントン「Don't Get Around Much Anymore」。しゃがれたシャウトかっこいい。
ジョン・レノンも同じコンセプトのカバーアルバム「ロックンロール」を出しているとかで、今度聴き比べてみようと思ってます。かぶってる曲もあるとか。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/88-c61d1a3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。