--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.21 

PS2「SIMPLE2000シリーズ Vol.90 THEお姉チャンバラ2 」


この剣に誓って、アタシがそいつをミンチにしてやるわ。

雲霞の如く溢れ返るゾンビの群れを果てしなく斬り続けろ!シンプル2000シリーズの白眉、タムソフトの看板アクション3作目。
暗殺を生業とする女剣士、彩。前作で彼女が対峙したゾンビの群れは、死んだ母を蘇らせようと彩を狙う妹、咲の仕業だった。血で血を洗う姉妹の闘争は結局彩の勝利に終わる。彩は何とか一命を取りとめた咲を病院に運ぶものの、意識が回復する事は無かった。そして容態が急変した咲は別の病院へ移送される途中、忽然と姿を消してしまう。残ったのは血に染まった救急車だけ。再び街に血の匂いが漂って来た・・・。
『お前は今までに斬った屍生人(ゾンビ)の数を覚えているのか?』
1作目は手軽な隠しコマンド(パラメータ最強、隠し要素全て出現)があったので、一回クリアして以降は特にやり込む事もなく放置。2作目「THEお姉チャンプルゥ」は厳密な続編では無い事と評判を聞いてスルー。本作は知人から薦められて購入。
というわけで正式にやり込んでいるのは本作から。今のところ前作の様な安易な隠しコマンドは発見されておらず、ゲーム自体も簡単に終わらせない為の仕掛けがいろいろ凝らしてあって面白いです。まぁ、それでも『どんな方法で』『どれだけ多く』ゾンビを斬るかに楽しみを見出せない人はプレイ不能の仕上がり。難度もちょいと上昇してヌルプレイヤー(俺)の悲鳴まで聞こえてくる始末。coolコンボについてはポールの万聖龍砲拳程シビアでは無いにせよ、TOBAL2のジャスト入力を嬉々として決められるくらいの練習は必要かもしれません。
しかしゾンビの頭or両手を任意で引きちぎれる仕様は秀逸ですし、前作では穢れゲージが累積しないと倒せなかったウザい腐敗ゾンビも『抜き手』という新アクションで瞬殺でき、ぷしゅーっ!と噴き出す血飛沫の演出に嫌な笑みが浮かぶのを隠せません。2キャラを交代してプレイするのも戦略性を増していて純粋に楽しさに繋がっています。特に姉>鳥、妹>警官・巨人・フナムシの相性は見事。システムを使いこなした先に気持ち良さが待っている、良質アクションだと思います。
現在ハード5面。不浄門は全部開けて残りクエストはクールと連絶。ただゾンビ斬ってるだけなのに、何故か中毒性があります。クセになるぜ。

関連:THEお姉チャンバラ2 攻略まとめ
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/87-be9780eb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして~
懐かしいです、チャンバラ2
今年、大晦日から元旦にかけて
このゲームやりながら年越えたんですよw
あ、さすがにカウントダウン前後はテレビ見てましたが(^^;
クリアはしたのですが、
不浄門(?)でしたっけ?
あれが壊せなかったヘタレですorz
Posted by サンダルフォン at 2006.01.21 01:24 | 編集
はじめまして。
ゾンビ斬りながら年越しとはオツですね。

>>チャンバラ2
クリアしましたか。私はまだしばらくかかりそうです。
よろしければ5面攻略のアドバイスを頂けると・・・。

クリア出来る腕があったら一面辺りの不浄門は開くと思いますよ。
確かcoolコンボ4つ決めるくらいで開いたような。
4面以降は入るのも出るのも大変です。
Posted by qpd at 2006.01.21 01:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。