--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.20 

三谷幸喜「THE有頂天ホテル」


ちょっと前ですが観て来ました。面白かった。三谷幸喜作品は映画では「ラジオの時間」、ドラマでは「王様のレストラン」が好き。テレビでしか見た事ありませんが舞台なら「笑いの大学」。
時は12月31日午後10時、舞台は高級ホテル"アバンティ"。大晦日から元旦まで2時間余りのドタバタを描いたコメディー。出演者が主役から端役まで揃って芸達者な上、いちいちおかしな連中でセリフも気が利いているので特に文句という文句が浮かびません。なにしろ書くこと無いくらい面白いわけですよ。ここ一週間、批評とか感想とかいろいろ書くこと考えていたんですが激しく無駄でした。私もこの作品については他人の批評とか読みたくないし。以上です。
個人的にはアリキリ石井正則扮するホテル探偵が気に入りました。もう登場するだけで笑えます。ありえない態度のデカさと浮きまくるハードボイルド。イイ。ホテル探偵で一本映画撮ってくれないかしら。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/86-98c92a06
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。