--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.23 

堀込高樹「Home Ground」


油と血と汗に濡れたこの金を 涙で洗い流して君に渡すよ
この想いはプライスレス 俺の愛をペイオフしないで
(track6.涙のマネーロンダリング)


これも待ちに待った一枚。キリンジのリーダー堀込高樹のソロアルバム。
キリンジは堀込兄弟による音楽ユニット。作詞作曲は二人で手掛けますがメインボーカルは弟、泰行。高樹さんは主にコーラス担当で、メインではアルバム中1,2曲しか歌いません。確かに歌は弟の方が上手いとは思いますが、高樹さんの声には高樹さんなりの良さがあるので、ファンとしてはもっと歌って欲しいという願望がありました。その願いが叶ってとうとう全楽曲、およびメインボーカル堀込高樹という究極の一枚が誕生しました。いつもの一捻り効いた歌詞も絶好調です。
デビュー直前の決意を乗せたポップソング「絶交」これぞ真骨頂、豪華なオケに泣けるCメロ完備の「冬来たりなば」ドラム楠木均、ベース渡辺等という鼻血が出そうな構成でおくる「クレゾールの魔法」フルートが踊りホーンセクションが渋くサビを飾るジャズな一曲「パレードはなぜ急ぐ」アルバムFor beautiful human lifeの流れからの正常進化「Soft focus」女に貢ぐ男の悲しいラブソング「涙のマネーロンダリング」ぼーくのーちいさなぴあの あああああ~あ~「Air guiter」前奏2分!カラオケ>本曲といった構成のバラード「雪んこ」初期キリンジを思わせるテンポ、ノスタルジー一杯の名曲「一度きりの上映」パレードはなぜ急ぐ、のパーカッションと高樹さんのコーラスがフェードアウト「epiloge」の全10曲。
文句無しです。本日より延々カーステレオとデッキでヘビーリピートされる予定。

関連:Home Groundインタビュー         

■最近の他アーティストへの提供曲■
土岐麻子 Album『Debut』/「ロマンチック」(作詞/土岐麻子、作曲/堀込高樹)
古内東子 Single『コートを買って』/「somewhere in TOKYO」(作詞/古内東子、作曲/堀込高樹)
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/58-c3ba59e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。