--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.16 

アート・ライブラリー:ブリューゲル


Bruegel(1525?~1569)ベルギー生まれ
ブーリューゲルは大好きな画家の一人。好きな画家は他に、ボッスフリードリヒスピリアールトなど。この西村書店のアート・ライブラリーシリーズは本のサイズと絵の大きさがちょうどいい具合で好き。「アサヒグラフ別冊・美術特集」とかの方が値段は安いしサイズも大きくていいんですが、欲しい時に売ってないから困る。こういう画集を探す時は書店よりも、それ系の古本屋を巡ったりする方が効率いいですね。
ブリューゲルといえば「バベルの塔(その1その2)」。この本の表紙に使用されているように、バベルの塔の絵と言えばほとんどの人の脳裏にブリューゲルのそれが浮かぶのではないでしょうか。巨大建造物の中で働く様々な人々が緻密に描き込んであり、ずっと眺めていても飽きる事がありません。私はこういったキャンバス一面に人間が沢山描いてある絵が大好き。ブリューゲルは比較的そういう作品が多く、それが好きな理由の一つでもあります。ざっと見渡しても「子供の遊戯」「死の勝利」「ネーデルラントの諺」「嬰児虐殺」「悪女フリート」などなど・・・。この辺りはできるだけ大きいサイズの絵でじっくりと眺めて、考察したりして楽しみたいものです。PCのモニターで見るものじゃないよね。

この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/54-7fc853a6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。