--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.28 

湯浅政明「マインド・ゲーム」


前々から評判が良かったので観たいなーと思っていたんですが、ようやく見つけたので購入。
漫画家志望のダラダラ青年、西は電車で偶然初恋の女の子みょんに再会する。久し振りの再会に心ときめく西だったが、店に乱入してきた借金取りにブザマに射殺されてしまう。死んだ西があの世で目にしたものとは・・・?
すんごい面白かった。物語にキチッとした結末を求める人や、上映時間目一杯のハイテンション映像を想像している人、美女とイケメンのヒーローものを求めてる人には不向きかもしれませんが、間違いなく面白い。カラフルで色鮮やかな画面に、時折挿入される実写の様なキャラクターの表情。不恰好な程に歪んだ絵がエネルギッシュに動き回る様はさながらお祭りの様。普通の作品では物足りない、変わったものが観てみたいという方にオススメ。
以下ネタバレ。


序盤の西君の身勝手な妄想と不甲斐無さは、物事逃げがちな自分にはグサリと来ます。だからこそ生き返った後の暴走に感情移入できるし、観てるとパワーが湧いて来るわけです。鯨の腹の中で未来も希望も失った後に、ようやく自分自身を解放する事が出来るという下りにはグッと来ますね。吹っ切れたみょん姉さんの爆発ぶりは、作中でも名シーンの一つと言えるでしょう。その姿は、神々しさを感じさせる程に美しい。
後半からの鯨編ではじいさんの役割が大きいですね。裏の主人公と言っても過言じゃないと思います。明るく振舞うその愛嬌が絶望を通り越した後に生まれたものだと、壁の落書き一つで理解させてしまう凄さ。クライマックスは西君に告白しようとしたのかな?
ラストの脱出劇は言う事無し。言葉にできないというか、書く事があり過ぎて収まりきらない。もう4,5回観たら消化できるかも。
冒頭とラストにサブリミナルばりに物凄い勢いで流れる映像、あれは登場人物の過去をダイジェストにしてるんですね。メインキャラクターはほぼ網羅してるっぽい。凄い。何回繰り返し観ても飽きないです。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/39-31a862dc
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。