--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.23 

鏡音リン・レン100選

rinren100.jpg

ツイッターで呼びかけがあったボカロ100選企画の記事です。
ふた月ほど前に渋谷系&ギターポップという括りでやらせてもらいましたが、かじもとさんのリンちゃん100選マイリスを観たらまたやってみたくなったので、自分の好きなリンちゃん曲を集めてみました。が、全然100曲に満たなかったので、最近よく聴いてるレン君の力を借りて何とか100曲集まりました。結果鏡音選に。思えばミクの歌声にようやく慣れた頃(08年くらい?)にはリンの声はまだキンキンと尖った感じがして聴きづらい、歌詞が聴き取りづらい、などと思うこともしばしばでしたが今でAct1、Act2のソリッドな声が逆に気持ちいいと感じるまでに。近年はロック系ボーカロイドとして後発のメグッポイドにちょっと先に行かれた感もあるものの、リン廃と呼ばれるリスナーやイラストレータ、P共にディープなファンに支えられての安心感は他のボカロの比ではありません。レンと共に今後も活躍していってくれるボカロでしょう。うわーーっリンちゃんだーーーッ。

関連リンク:ボカロとかの100選用まとめ - Togetter
関連記事:渋谷系&ギターポップなボカロ曲
極私的ボカロ良曲100選(2007~09年)


曲名あいうえお順です。一番多くリストアップされてるのはにおP、田中Bさん、ちえPでそれぞれ4曲。次いで光収容さん、おいちゃんP、パトリチェフさん、田中和夫さんでそれぞれ3曲。つたない紹介文は追々・・・。


DuronII


チャリけんP


主に鏡音リンを使用したギター中心のオルタナサウンドを発表している107さん。激しいギターがメインでボーカルは全てコーラスかスキャット。


続いてもう一曲107さん。同じくギターメインですが、軽快なビートでサビではキーボードも。開放感のあるCメロがカッコイイ。


DuronIIさん3作目はゴリゴリベースのちょっと懐かしめの硬派なロック。冒頭ローディにキレてるリンちゃんがカワイイ。


パトリチェフ


DATEKENさんの本格R&B。先に歌ってみたカテゴリで知った曲ですね。いざ歌おうとすると難易度ハンパない。


geruさん。ギターの音が非常に気持ちいいポップロック


バスドラ連打P


ぴすた
11

ちえP


主にリン・レンを使用したクオリティの高いポップソングを発表しているおいちゃんP、7作目のロックバラード。思春期の甘酸っぱい歌詞が盆踊りのリズムに乗ってシャイな男心に染みてきます。


よく忘れちゃうけど読みは"かがりひばな"。グラムロックを彷彿とさせる音作りのボカロP、白幡さん5作目のブルースロック。UKロックっぽくもあり歌謡曲っぽくもあり、それら複数の要素がうまく絡んで絶妙なバランスを作り上げています。何度聴いても飽きない面白さがあります。


曼荼羅P


BBれもん





FloatGarden


もそもそP


temporuさんのヒネリまくったメロにブン回されるこの感覚


ds_8さんの2作目はスーパーカーを思わせるシューゲイザー・ギターポップ。音の反響がこんなに心地いいものだと思いませんでした。クセになる7分間。
21

おいちゃんPのボカロオリジナル6作目は、女の子の切ない恋心を歌ったテクノポップ。


ライブP


MCI_Error


Cさんの歌詞の世界観が凄くステキなポップス。ご~り~ら~♪


geru





田中和夫さんが友達の演奏者たちと共に作り上げた渋いブルースナンバー。


うえぽん


主にリン・レンを使ったR&B曲を発表しているILUさんによるレンのアカペラソング。歌詞はSouyaさん。澄み切ったレンの五重奏に神聖な気持ちになってきます。


れるりりさんの12作目、ファンクギターがグワグワと吼えるノリノリロックチューン。要所のホーンセクションも盛り上げてくれます。
31

来た!これこそボカロ曲屈指のアッパーチューンですよ。emonさんの軽快なテンポのバンドサウンド。冒頭からキャッチーなサビ頭で一気にテンションが上がる!Aメロのスカもアクセントとしてすごく良いです。イントロ聴いただけで無闇に元気がでる傑作ロックンロール。


えこまるさんのボカロオリジナル2作目はナンバーガールを思わせるギタリフのロックナンバー。リンの高音がオケにピタリハマっています。





トラボルタP


ボカロP屈指の転調の魔術師ちえP。その真骨頂を味わえる超絶ポップナンバー。メロディの音程を取るだけでも生半にはいきません。個人的にはベースに耳を凝らしているだけで幸せになれます。





ちえP


カラスヤサボウ(どっどめ)さんの軽快なギターポップ。ビートが効いててギタリフかっこいい。


えはみっく


おいちゃんさんのボカロオリジナル3作目。女の子の揺れ動く恋心を歌った軽快なポップロック(ちょっとテクノポップ風味)。ドラムやギターソロの勢いが笑っちゃうほどカッコ良くて聴く度に楽しい気分になれるのです。
41

ナタP


ねこぼーろ


主に鏡音レンを使ったバラード曲を発表しているボカロ黎明期からの実力派P、クリスタルPによる決別のピアノバラード。大切な思い出を胸に秘めたまま別れゆく二人を切なく歌い上げています。


リンの尖った声を生かしたギターロックで人気のボカロP、光収容さんの2曲目。ポップな前曲とはうって変わった雰囲気の渋いロックバラード曲。ギターの響きが切なく美しい。コメントに書いてた人がいましたが、私もどこかナバガよりPSY・Sのギターサウンドを連想しました。


ムジカデリク


はちべー兄妹


るなちゅ


光収容さんのリンオリジナル5曲目のギターロック。キメキメのギタリフに絡むリンのハモりがカッコイイです。この曲を炉心融解とマッシュアップしていた海外の方がいてそちらもよく聴いていました。


田中B


hr
51

光収容さんの処女作ポップロック。初聴きの衝撃は今も忘れられません。初めてリンで好きになった曲かもしれない。またこういうポップな曲も作って欲しいなー。


スノーノイズP


パトリチェフ


クセのある音作りで俺に大人気の田中Bさんの11作目、ニューミュージック風のマイナーバラッド。友人によると凄くユーミンの影響が感じられるメロだとか。確かに情念めいたものが伝わってくる迫力があります。名曲。


2009~10年頃に活動したちえPのユニット、マクガフィンのポップな夏ソング。相変らず凝ったコード進行に弾むようなピアノとキュートな歌詞が乗っかった傑作ポップスに仕上がっています。


ボカロ黎明期にミュージカル作品で活躍した黒Pこと、まろさんの復帰5作目。この曲はとにかく歌のテンポ、リズムが素晴らしい。ポップかつキャッチーなメロにキャラ立ちまくりの3人のキャラ劇が聴かせてくれます。傑作。





ふじっこ 作詞いつきおと


人間どっく


FloatGardenさんの2作目は80年代の細野晴臣を思わせる和風ポップス。昔からこういう音やリズムが大好きなんです。延々リピートしちゃう。
61

れるりり


すんzりヴぇr


monotoon.net


田中B


kiichi





フェイP


主に「弾いてみた」カテゴリで活躍していたベーシスト、shitoさんによるボカロオリジナル4作目のリンロック。ポップで可愛い歌詞に加えてコーラスのハモりの美しさやクラップハンズ音もとても気持ち良い良作です。


アーニー


Dixie_flatline
71

におP


白幡


もそもそP


DS_8


田中和夫








神尾けい





ムジカデリク
81

石脂王


P.I.N.A.


田中和夫 山本ニュー


monotoon.net


花一


におP


暗幕さん。マーチなリズムにアイリッシュなメロのリンうた。好きだ


ILU。バラードだけどダンサブルな一曲。一時期ずーっと聴いてました。



パトリチェフ


カラスヤサボウ
91

田中B


におP


におP


takamatt


ハヤカワP


花一


ジェバンニPさんの非常にキレたクラブミュージック。ガバってヤツですか。このリンちゃんの言わされてる感もリズムに乗ったセリフのタイミングも凄くいい。


球根Pことコルトルさんのジャズロック。この曲のベースラインが大好きでずーっと耳コピしてるんですが・・・サビがまだ全然聴き取れない・・・。


全裸でギター抱いて寝てたP


5ラウンドPのこたつむりパンク。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。