--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.29 

近田春夫「考えるヒット」1~6巻


老いていくことをパンクではどう正当化するのか、みんなの興味はそこにあったと思う。ひらき直るのか、認めるのか。ところが彼等はごまかした。こっそりと歌のキイを下げて。(1巻P29より)
ギターウルフは、こちら側に「考えること」を放棄させるのである。(2巻P80より)
この曲に限らず、最近のアニメ物は、曲中に主人公の名前が歌い込まれることがまずない。そんなのズルイ。(3巻P114より)
単純で複雑、ふざけているけどシリアス・・・。決してしっぽを掴ませてくれない。文武両道の趣さえある。要するに奥田民生にハマるのはそこである。(4巻P25より)
もう来年はスキー場に行かない、と予感させてくれた広瀬香美というのは、今作がはじめてではないだろうか。(5巻P133より)


50代向けのゴシップ雑誌週刊文春で1997年1月から現在(2013年9月)まで十年以上連載中の人気コラム「考えるヒット」を単行本にまとめたもの。タイトルは小林秀雄の著書「考えるヒント」より。趣旨は流行歌を時代性に照らし合わせてあらゆる方向(事務所の売り出し方からスネアドラムの音まで)から批評することで、毎回メジャーレーベルから発売された最新シングル二枚を批評するスタイルを続けている。現在6巻(2002年分)まで刊行。早く7巻出してくれ。
やっぱりネット通販は便利ですねー。本屋や古本屋で探してた本が検索するだけでパッと手に入るんですから。長年探し回ってた本が一秒も経たずに全部揃ってしまう幸せ。ようやく6冊揃ってホクホク気分で読み耽っております考えるヒット。近田春夫というと一般にはタモリ倶楽部のゲスト出演が一番馴染みがあるでしょうか。まあ、つまりは流行歌を話の肴にあーだこーだ言ってるだけなんですが、まがりなりにも音楽を作ってる方なので言うことにも説得力があります。Amazonのレビューで"大したヒット曲もないくせに偉そうに批評とか何様なの?"とかあって大笑いしましたが、こういうのをヒットメーカーが書くと逆に面白みに欠ける気がするんですが。上から目線ぽくて。慶応ボーイで75年デビュー組、青春時代をグループサウンズで過ごし、内田裕也と筒美京平リスペクトでクレイジーケンバンド、河村隆一、奥田民生が好きなオッサン、と立ち位置を把握して文章読むと非常に楽しめると思います。私にとっては常日頃音楽シーンに思ってる不満やあれやこれやを書いてくれていろいろ嬉しいコラムなのです。流行歌はやっぱりあーだこーだ言う為に存在してると思うんですよね。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。