--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.13 

Plasmart「パープレクサス オリジナル」


待ち受ける数々の難関!!プレイヤーは迷路の中のボールをうまく転がしゴールに導く立体(3D)迷路ゲーム(説明文より)

カナダの玩具会社Plasmartが2009年に発売した子供用玩具。縦横無尽に張り巡らされた立体迷路を、透明な球体を回したり傾けたりしてボールをゴールまで導く。組み立て及び電池不要。対象年齢6才以上。オリジナルの他に簡単なルーキー、難しいエピック、変わりダネのツイストの3つのバージョン違いがある。
甥っ子どもが襲来する恐怖の夏休みを前に、ちょっと気の利いた雨天の退屈凌ぎでもとAmazonをウロウロしてたら面白そうなものを発見。懐かしのエポック社のあくま島脱出ゲームを立体化した感じ?値段もそんなにしないし、カスタマーレビューの評価も高めだったのでポチってみました。そして早速遊んでみる。スタート地点は3つあって最初以外の2つは迷路を途中から始められる優れもの。なかなか考えられています。あー・・・このレーンを玉が転がっていくのはやっぱり何とも言えずいいもんですな。アナログの手触り。たまにキュボロやクーゲルバーンとかの高級ビー玉玩具が無性に欲しくなる時がありますからね。というか、あれ?結構難しい!?1から100までの通過ポイントのうち既にNo.17で悩ましい死にポイントがあるッ!そしてNo.30!何度やっても安定しない恐怖のNo.30!たった1cm足らずの距離が果てしなく遠いNo.30!序盤の豪快な90°回転から一転して微妙な傾きを要求してくるこの難度上昇線がたまらないです。子供用と思ってナメてましたが2日かかってまだ半分までしか進んでません。思ったより長いこと遊べそうな感じです。あいつら楽しんでくれるかなあ。ちなみに外側を覆っている透明な球形カバーはそれほど硬いものじゃないので、子供に与えるには注意が必要かも。指でプニプニ突いた感触ではペットボトルのフィルムよりちょっと硬いくらいかな。壁に投げつけたり踏んだら多分簡単に割れます。

過去記事:チェスピンとボトルキャップで作るビー玉ゲーム盤


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。