--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.01 

KIRINJI TOUR 2013 in Zepp Nagoya


高樹「(グッズのTシャツについて)自分の顔が描いてあるTシャツなんてさすがに着れないでしょう。見た人にどんだけ自分が好きなんだって思われるじゃん」

キリンジのラストツアー2013、堀込兄弟の見納めにZepp Nagoya行って来ました。今回初めて会場までクルマで来ましたが、会場近くの一日打ち切り500円の駐車場に入れなかったのが業腹でした。解散がアナウンスされた後の公演ということもあってか今回は当日券無し。開場を待つ列も高架近くまで伸び2006年のライブの時とは違う熱気を感じました。男女比は1:9くらい。開演前にローディーが高樹さんのダブルネックギターをテストしていて頬が緩んで仕方なかったです。

過去記事:キリンジライブ2008 in 名古屋CLUB QUATTRO
キリンジライブ2006 in Zepp Nagoya


会場のBGMにdusty spring fieldが流れる中、バンドメンバー登場。泰行さんは青みがかったカッターシャツにピンクのネクタイ、黒めのズボンの色に近い春物セーターというリーマン風、高樹さんは縦にラインが入った黒っぽいシャツでシックなパパの休日っぽいいでたち。グッデイ・グッバイでライブスタート。そして双子座グラフィティ、風を撃て、野良の虹、耳をうずめてと往年のファンが泣いて喜ぶ初期の名曲を連発して盛り上げます。初っ端、泰行さんはちょっと声が出にくそう、高樹さんも不機嫌な感じで時折ギターのタイミングを外してるように見えました。耳をうずめてでもいいところで歌詞を忘れて後のMCで反省していたり。そこからはアーバンな雰囲気のバラッドコーナー、愛のCoda~タンデム・ラナウェイ~エイリアンズ~小さなおとなたちと続きます。今回3時間を越える長丁場ということで、キリンジの二人からイスに座るのが推奨されたこともあって曲によって座ったり立ったりすることに。自分エイリアンズは座って聴いちゃいました。最新アルバムから2曲披露した後は「盛り上がる曲をやります(泰行)」と来て待望のムラサキ☆サンセット!大好きなYOU AND ME~MUSIC!!!!!!と続きます。ムラサキ☆サンセットはアルバムで聴いた時はあんまりピンと来なくて、武道館のライブアルバムのver.を聴いて激しく感動したのでずっと生で聴きたいと思っていたのですよ。イントロ聴いた時嬉しかったなー。そして陰鬱とした感じの都市鉱山~chant!!!!!~アルカディア~祈れ呪うなと続きます。都市鉱山では今度は高樹さんが歌詞を忘れてララララ~とすっとぼけるハメに。そこからは早春~夏の光~TREKKING SONGとメジャー感のあるポップスが続きます。この3曲の順番は自然な感じで気持ちいいです。特に早春から夏の光の流れが実にイイ。そして竜の子~ブルーバードで一旦幕。舞台裏へ。泰行さんが竜の子で一回きり使用した赤のリッケンバッカーが印象に残りました。そうそう、今回はクリーム色のテレキャスターをかき鳴らす泰行さんのギタリストぶりが特に目立ってましたね。ギターソロや兄ちゃんとのギター競演など凄く熱っぽい感じでカッコ良かったな。MCも最初の「なるほど・・・そっか・・・うん・・・」みたいな独り言以外は全体的に面白かったと思います。バンドのフロントマンとしての自覚の目覚めを感じました。アンコールはDrifter~千年紀に降る雪は~スウィートソウルと全盛期の名曲固め撃ちの御馳走攻め。アンコールの選曲でグッと来たのは今回が初めてかもしれません。最後は茜色したあの空は~もしもの時はでラスト。ここは意外な感じの選曲でしたがいい終わり方だったと思います。
バンドメンバーはツアーを一緒に回った後、アルバム「ten」を一緒に作ったメンバーということで安心・安定感がハンパ無かったですね。ドラムが楠均さんってだけでも個人的にメチャメチャ嬉しかったですが。でもドラムの人やけにコーラス上手いなーと思ってても途中で紹介されるまで気付かなかったw。コンガの音色もさすがでした。ベースの千ヶ崎さんはコントラバス、5弦ベース、4弦ベース2本と、べース四本を取っ替え引っ替えの大活躍。冨田恵一アレンジの楽曲を演ってる時はずっと千ヶ崎さんの手元を凝視してました。骨太なグルーブがうねってたよ。MCの「わかりましたよ高樹さん!」も印象的でした。ペダルスティール、エレキ、バンジョーその他担当の田村玄一さんはまるでバンドマスターの如き存在感。とぼけた様でいて堀込兄弟が失念しがちなちょっとしたコーラスを楠さんとともにガッチリフォローしていました。「スーパー銭湯で高樹の背中を抱きしめたくなった」の破壊力たるや。
本ツアー終了と共に泰行さんが脱退、キリンジ解散直前のライブということでしたが、そういうことにMCでも一切触れないのが(強いて言えば「しょうがなく歌ってるんだってよ(高樹)」位かな?)逆に良かった気がしました。楽しめました。このバンド面子でもう一回くらい聴きたいけどなー。
この記事へのコメント
はじめまして
ずっと気になってて、でもライブ行けずでしたが、最後だと聞いて 参加した くち ですf^_^;
CDもいいけど もっと良い~♪ 感動 感激でした!
も一度 聴きたい、忘れそうで悲しい気持ちが ここに来て 癒されました。
ライブがよみがえってきて 嬉しいです。
ありがとうございました!
Posted by えいこ at 2013.04.03 15:23 | 編集
一緒にあの会場で聴いてたんですね。
楽しかったですねー。
そして終わってしまってとても寂しい。
またいつかあの兄弟を同じステージで観ることができたらなあ、と願わずにはいられません。

あと一緒にライブ観た方に"この記事でライブが蘇ってきた"と言われるのはとても嬉しいですね。
つたないライブレポ、読んで頂いてありがとうございました。
Posted by qpd at 2013.04.03 21:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。