--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.09.18 

岡村靖幸LIVE TOUR 2012「スポーツ」in 名古屋市公会堂


本当のダンス チャンス ロマンスは自分次第なんだぜ 本当にわかってんの?

私が音楽CDというものに触れて以来、最もよく聴いた一枚は間違いなくダントツで岡村靖幸の3rdアルバム「靖幸」。中坊の時ラジオでかかっていたラブ・タンバリンにノックアウトされて以来、他のアルバム同様ずっと愛聴し続けて来ました。一般に岡村靖幸というとビジュアルから過度のナルシスト的なイメージを持たれていて悲しいのですが、岡村作品の世界観自体は性格キツめのワガママ娘に翻弄される精一杯背伸びをした気弱な青年という感じで、男性ファンからは共感を、女性ファンからは母性本能をもって愛されているアーティストだと思うのです(私見ですが)。でも3度目の逮捕以来、心底ガッカリしてしばらく聴かなくなっていて・・・今回は20年越しの岡村ちゃんライブ初参加。最初から最後まで夢の様な2時間でした。A君夫妻いつもありがとう。思う存分「ヘポタイヤー」と「ベイベ ベイベ ベイベ」を堪能して来たよ。セットリストは自分の頼りない記憶と2ちゃんねるの岡村スレの情報を総合して以下の通り。


5!!モンキー
どぉなっちゃってんだよ~カルアミルク ~(E) na
alfa inn
ア・チ・チ・チ
Vegetable~聖書
愛の才能(カバー)
家庭教師
イケナイコトカイ
いじわる
(休憩)
あの娘僕がロングシュート入れたらどんな顔するだろう
だいすき
(アンコール1)
Peach Time
Jumpin' Jack Flash(カバー)
come baby
マシュマロハネムーン~sex
Lion heart
19(Nineteen)~Super girl
(アンコール2)
ピアノ弾き語り~友人のふり
真夜中のサイクリング
Out of Blue

5thアルバム「禁じられた生きがい」から0曲と愛されなさがやるせない選曲リスト。てか「ターザンボーイ」とか「パラシュート★ガール」とか超聴きたいんですけど。あと1st「yellow」からも一曲だけかー。そんな中、川本真琴のセルフカバーは結構なサプライズでした・・・歌詞忘れちゃってたけど。ライブの内容自体は声もバッチリ出てて踊りも凄くて文句無しでした。前ツアーからの野暮ったいメガネ&スーツのサラリーマン的ファッションも初期エルビス・コステロみたいで非常にカッコイイ。踊ってると一段と良く映えます。曲も「エチケット」アレンジのお陰でしっかり今風の音になってて、ポップな懐かしさよりもダンサブルな現役感が感じられたのが良かった。ただ、大好きなVegetableだけは原曲に忠実なアレンジで聴きたかったです。残念。後は岡村ちゃんがスマホのなめこ栽培アプリを即効コンプリートしたとか、9歳の女の子がステージ上がって岡村ちゃんにハグされて往年のファン悲鳴とか。
会場前の鶴舞周辺はえらく強い雨風で大変でしたね。観客の男女比は3:7位で思ってた以上に野郎多目。黄色い声援よりも男の野太い靖幸コールの方がデカかったかも。親子は母娘で二組くらい見掛けました。当日券あり。2階席の両サイドはほぼ無人で、最初から販売しなかったのかと思ったけど一組だけ座ってたりしました。関係者?
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。