--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.19 

冨田ラボ「シップビルディング」


いくつになってもあなたが見えない 香りと影、それだけをたよりに
「これだっ!!」って恋に僕はいついつ出会う?
(track4.香りと影 作詞:堀込高樹)


通販や注文を滅多にしない自分としては入手を諦めていたんですが、普通にタワーレコードに置いてありました。最近はシングルを立て続けに3枚出していたので入手しやすかったのかも。プロデューサー冨田恵一による冨田ラボ名義のアルバム。キリンジの参加曲目当てに購入。
"プロデューサー"という言葉があまりにも広義なので時々『この人本当に関わってるのか?』と疑いたくなる人もいますが、冨田さんは作編曲家でアレンジャー(ライナーの表記はarrangedではなくtreatments)も兼ねています。キリンジのオケの魅力の多くをこの人が担っている事は、冨田ラボと馬の骨を聴き比べれば明らか。3人目のキリンジと言っても過言では無い程音全般に関わっています。この人の手掛けた曲はコーラスとギターが際立つので好き。間奏の盛り上げ方も素晴らしく、いちいち私のツボを突きます。ステキ。
で感想。目当てのキリンジ参加曲は満足、加えて高樹さんの歌詞で言う事無し。なさけむようのエレベーター。他には松任谷由美参加曲、インスト、冨田さんの歌が意外と良くてなかなかの収穫でした。ユーミンの歌の力は凄いね!本人の曲にしか聴こえません。踊る様なワウギターとの絶妙なハーモニー。インスト曲はパットメセニーばりにコーラスが入ったフュージョン。これもいい曲。和みます。歌:冨田恵一のラス曲は作詞超人松本隆によるスローなバラッド。やる気の無さそうな低音でしっとりと歌い上げてくれます。後を引く感じ。

ちなみに自分が好きなアレンジャーは他に亀田誠治、西脇辰弥、根岸貴幸。ゲーム音楽だと安井洋介。いい仕事してます。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/33-fbef76e5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。