--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.10.16 

ゲームのBGMに関して

まれいんさんのブログ「ゲームミュージックの話がしたいんですよ」では、昨今類を見ない程のゲームミュージックに関する議論が行われており、一読者として非常に楽しませて貰っています。コメント欄にはゲームライターの罰帝さん、チップチューンの最大手サイトVORCの管理人hallyさんとそうそうたる顔触れが並び、ありがちな話題「最近のゲームミュージックつまんね」から「聴き手の理解力のレベル」まで様々な意見が交わされています。自分も参加したいのですが文章力があまり無いので、なかなか書き込めません。だから地味にトラックバック。
今回の記事では批評のレベルについて語られています。主観、客観の批評的立ち位置、および批判的な姿勢の役割そしてレビュアー自身の音楽の知識による比較、考察。これはなかなか難しいテーマです。
自分はTVゲームをよくプレイするので結果的にヘビーリスナーだと思っていますが、ゲーム音楽シーンを隅々まで網羅しているかというと全く自信がありませんしドライバや音源まで行くと全然分かりません。それで結局好き嫌いで語る事になるのですが、ただの好き嫌いではなかなか読んでる人を納得させるような文章にはなりません。ゲームサントラの代表的なレビューサイト電子遊戯音盤堂さんはその辺り歴史的、ジャンル的な立ち位置からうまく批評をされています。ただサントラCD音源の批評に特化している事で、既存のミュージックシーンと同じ目線(もともと映画サントラに詳しい方だとか)ではあるのですが、ゲームプレイ中の、およびゲームの進行とシンクロしたBGMとしての批評では無いのがミソ。ゲームサントラファンの間でよく交わされる「ループが少な過ぎる」という不満や、ゲームの進行上の曲順で無いとか、イベントをボタンでキャンセルする事によって起こる「最後まで流れない音楽」という特徴はサントラでは収録し得ないものです。
じゃあゲーム音楽の批評として正しいものは何だ、と言われると自分の中でも結論は出ていないのですが、サントラで曲単体のみの魅力を語るのも、自主録音もしくはプレイ中に聴いた分の感想を語るのも両方間違っていないと思います。ただ曲の元ネタを調べたり、同ジャンルの音楽と比較したり、プレイに則した楽曲の良さ、特徴を語っていく必要があると考えます。「カッコイイ」「最高」の先にあるものを探っていく必要が。これは自分にも当てはまりますが・・・。
私はそれほど現在のゲームミュージックの状況をあまり悲観していないので、これからもお気に入りのゲーム音楽は出続けるしそれについて書き続けたいと思います。変なまとめになっちゃった。

○最後に最近サウンドがひっかかったTVゲームなどを(古いけど)
・塊魂 > トリッキーなゲーム内容、ビジュアルに負けていない楽曲の数々。起用アーティストの選択にセンスを感じます。
・エースコンバット5 > 気分を盛り上げてくれる美メロの迫力。OPムービーと既存曲のシンクロ具合や歌モノの使い所が素晴らしい
・メイドインワリオ > ゲームのテンポにSEとジングル、曲が完璧に融合した稀有な例
・機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン > 全てTV番組と同じ音、を徹底していて凄い。プレイヤーをその気にさせる事にこだわったいい仕事。
・ドキ!ドキ!遊園地 > 塩田さんが自サイトで以前公開されていて大ハマり。こういうの大好きです。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/32-ebffc92d
この記事へのトラックバック
気がつけば、直前の記事を書いてから1ヶ月以上たってしまいました。 結局9月は1つしか記事が書けなかったわけで、ブログとしては何ともヘタレな有様です。 ですが、この1ヶ月の間に皆さんから中身の濃いコメントをたくさん頂いたことで、下手に記事を書くよりもずっと深
深い穴の底で行き惑う日々 | ゲームミュージックの話がしたいんですよ at 2005.10.17 00:59
この記事へのコメント
いや、ほんとにただのボヤキだったんです。こんな立派なトラバ打って頂くほどのものではないつもりだったんですが……(苦笑)

「かっこいい」「最高」の先にあるもの、そこをきちんと語ることがやはり大事ですね。そこで何についてどれだけ語れるかが、レビュアーの個性(主観)を問われる部分だと思います。
そして、主観の説得力を増すためにも、検証可能なこと(ゲーム映像とのシンクロ、シーンの内容、音源の種類など)はできるだけ正確に述べることが客観として必要なのではないでしょうか。この辺りが、普通の音楽のレビューとは違う独特の難しさだと思うのですが……。

まとまりのないコメントですみません。
Posted by まれいん at 2005.10.17 02:04 | 編集
ボヤキでしたかw
とはいえあれだけ反応があったのは、やはりまれいんさんの文章の中に重要なキーワードが含まれていたからでしょう。自分の今回の記事も以前から書きたかった事ですし、まれいんさんのブログはゲームミュージックについて様々な事を考え直す契機になっていると思います。
Posted by qpd at 2005.10.17 20:36 | 編集
そう言って頂けると、とてもうれしいです。ありがとうございます。

元々ブログを始めたのは、「何々のあの曲はよかった」とか「誰々の曲最高」とかいう薄っぺらいゲームミュージックの話題にうんざりしていたからなのです。
それでも、硬い話をしたところで誰もついてこないだろうからと、ほとんど独り言のように記事を書いていたのですが……コメントやトラバをして下さる皆さんのおかげで、思いの他深い議論ができるようになりました。ありがたいことです。

これからも、皆さんに考えてもらえるような話をしていければと思います。
Posted by まれいん at 2005.10.17 23:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。