--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.29 

毎日jp「すべて想定されていた」

発信箱:すべて想定されていた=福岡賢正(西部報道部)毎日jp

地震から津波、炉心溶融まで福島原発に起きた今回の事態を、ほぼ完全に想定して注意を喚起していた大学教授がいたけれど、マスコミも政治家も原発関係者も誰も耳を貸さなかったという話。その石橋克彦さん(神戸大学名誉教授)の当該論文、今回の件についてのコメントは以下。

2011年東北地方太平洋沖地震による「原発震災」について
石橋克彦の歴史地震研究のページ

燃料棒と一緒で原発プロジェクトは動き出すと誰にも止められないものなんですね。今の事態はマスコミと関係者が繰り返し口にする想定外などではなく、想定内でありつつ不可避であったと。

【特別番組】あえて最悪のシナリオとその対処法を考える


つまりこの動画で話している様な事は別に起こっても何もおかしくない(石橋先生の論文が描く最悪のシナリオはもっと恐ろしい)わけで、それなりに心の準備というか、覚悟をして生きて行きたいと思う。

副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場 - 今日のぼやき(広報) 副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場 - 今日のぼやき(広報)

正直ビビる。このキンタマが縮み上がる様な覚悟はどうだ。ヤバい。真似出来ない。まずは詳細な現地レポートをよく読んでいただきたい。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。