--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.06 

極私的ボカロ良曲集(2010年版)

vocalobest2010.jpg

音楽といえば相も変わらずボカロ曲ばっか聴いてる毎日。月に新曲を三、四百曲聴いて百曲くらい過去曲聴いて、好きな曲は増え続けるばかり。そろそろオーバーキャパシティ気味・・・いや、あと数年は戦えるよ!!あとボカロの聴き方も少し変化しました。最初のうちはニコ動のボカロ デイリーランキングでお気に入り曲を見つけたあと「歌ってみた」で好みの歌声を探す感じだったんですが、最近はボカ路地の24時間ランキングや毎日アップされる新曲を網羅しようとする積極的なリスナーのマイリストを中心に再生数の少ない新曲を聴くようになりました。知られざる名曲や意味不明な不思議音楽、トンガリまくった刺激的な曲が多くて素敵な世界です。
で、去年も今頃同様の記事を書いたので今年もメモ代わりにズラリと並べてみました。今回は前回みたく他のリストと被らないように選曲したり、再生数が数十万を超える人気ナンバーはあえて外してみたり、100曲厳選したりせず自由に選んでみました。あ、でもやっぱり一般の人が聴いて楽しめるようには想定して選曲してはいます。

関連記事:極私的ボカロ良曲100選(2007~2009年)
極私的ボカロ良曲集(2011年版)
極私的ボカロ良曲集(2012年版)
2013個人的ボカロベスト(ポップス寄り)


曲名あいうえお順、敬称略です。






















フナコシPの処女作「仕方ないのよね」を思い出させるお彼岸向けのポップ・レクイエム。早世した当人と残された身内の達観と諦めに満ちたやりとりが切ないです。歌詞は勿論メロディも素晴らしい。




ロックバンドCross Addictionのボーカル藤宮圭さんのボカロ処女作。アコギやアコーディオン、パーカッションの音色が跳ねた軽快なワルツです。ミクとのユニゾンから途中メインをミクに譲って藤宮さんがコーラスに徹するところが素晴らしい。御本人のイイ声にも鳥肌立ちます。










非常にクオリティの高い楽曲作りで人気のやしきんさんのボカロオリジナル5作目は、揺れ動く娘の心を優しく包み込む保護者オーラに満ちたポップソング。イントロのバックビートで入ってくるバスドラがスッとダウンビートに変化するところで俺のハートわし掴み。ちなみに公募していたアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のエンディング曲として採用されていました。いい曲です。



21








とかげさんのボカロオリジナル処女作。大江千里を手掛けた時の清水信之アレンジを思わせる豪華オケのポップソングです。特徴的なホーンセクションやアレンジのまとまり具合といい本当に清水さんじゃないかと勘ぐってしまいそうな出来。素晴らしい。











21世紀Pの9作目はシカーダ(セミのラテン語読みとか)の短い夏を歌った民族調三拍子のラブソング。作詞はエロゲヲタP。思わず口ずさみたくなる軽快なテンポとメロディが素晴らしい。ストーリー仕立ての歌詞にもグッと来る。



31





emon(Tes.)さんのボカロ6曲目、軽快なテンポのバンドサウンド。冒頭からキャッチーなサビ頭で一気にテンションが上がります。途中リズミカルなスカに変化する曲展開もgood。






のぼる↑さんのボカロ殿堂入りのロックナンバーを歌い手の鋼兵さんが熱く歌い上げたもの。スピード感あるオケに鋼兵さんのメタリッシュな歌声が乗り、気持ちが奮い立つテイクに仕上がっています。燃える。




MCI_Errorさんのニューミュージック風ポップス。カステラさんの切ない歌詞が美メロに乗って沁みます。


カラスヤサボウ(どっどめ)さんの軽快なギターポップ。ビートが効いててギタリフかっこいい。


となさ
41

bibuko


hickie7さんの初投稿作、ラテンのリズムに彩られたテンポの良いポップナンバーです。作詞は加藤慧さん。初っ端からこのこなれた楽曲!アレンジ!作者の年季を感じさせるクオリティです。


DC


主にリン・レンを使用した良質なポップスを発表しているおいちゃんさんのボカロオリジナル3作目。女の子の揺れ動く恋心を歌った軽快なポップロック(ちょっとテクノポップ風味)。ドラムやギターソロの勢いが笑っちゃうほどカッコ良くて聴く度に楽しい気分になれるのです。













51














普段はクラシックのカバー曲などを投稿してるボカロP、ありぽんさんによる音が全部ミクのアカペラソング。聴いていると何でこんなに心が落ち着くのか。フワフワとした音世界にまぶたが重くなります。





61







新生活の始まりを告げる彩音Pのボカロオリジナル14作目のポップソング。まさに完璧な編曲、アレンジでオケにスキが全くありません。ギターの音色が特に素晴らしい。












雨傘Pのピアノテト曲をやながもPがR&B風にアレンジ、歌い手の彩さんが歌ってみたもの。彩さんの歌声も最高ですが、やながもPのベースラインをなぞるだけで御飯三杯はイケます。超グルーヴィー。




コルトルさんのボカロオリジナル3作目は春の花がモチーフのポップソング。新生活の不安を拭い去ってくれる歌詞と軽快なテンポが素晴らしいです。動画も非常にカワイイ。とぅるたら たったったり~ら~♪













81


















91







デビュー曲Eraserでボカロファンの度肝を抜いたep0dさんのボカロ2作目のポップソング。歌詞はchiiさん。軽快なリズムが楽しいです。








フナコシPの軽快なピアノとドラムに淡い恋心を乗せたポップソング。居心地のいい場所に留まっていたら、いつの間に取り残されてしまった自分を叱咤する歌詞が素晴らしい。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/259-39071c5b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。