--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.28 

マイケル・ジャクソン「THIS IS IT」


「ここが君の最大の見せ場なんだから、一番高い音を出して。僕はそばにいるから」

友人夫婦に誘われて先日観て来ました。楽しかったなー、これを劇場で見る事ができて幸運だったと思います。公開が当初2週間限定だったとか、チケット取るのに並んだとか席をくれた友達に聞いてビックリ。そういえば昔誕生日にマイケルの最新アルバムくれたのもその友人だったなあと思い出したりして。最近はネタ以外のマイケルの話ができるのも彼女だけでした。感謝。
映像自体は本番さながらのステージリハーサルが中心で、合間合間に憧れのマイケルと同じステージに立つ夢を叶えたバックダンサー達やバンドメンバーの希望に満ち満ちたコメントが挟まれます。"マイケルと競演するのが夢だった"と熱っぽく語る共演者達のキラキラとした目と溢れんばかりのやる気がもー凄くて。ひたむきなその姿にグッとくるわけです。ステージでリハを見守るスタッフの反応が良過ぎてつい本気出しちゃう御大とか、周囲の雰囲気が凄く良くって歌ってて気持ち良さそう。マイケルは50歳を迎えてもその体のキレは健在で『体もだいぶ弱ってるだろうし整形も崩れてきてるようだから、もしかして顔を隠し踊らずに歌うんではないか』などと思っていた自分が恥ずかしくなるほど、フタを開ければ飛び、踊り、歌いまくりの数十分。十二分に幻のロンドン公演を堪能することができました。徹頭徹尾公演中止に関するゴタゴタやマイケルの死に関するアレコレが全く収録されておらず、リハ周りに徹しているのがステキでした。そう、スキャンダルなんて興味ないしどうでもいいんだ。そんな事より5年で地球を救う方法をマイケルの代わりに考えようぜ。

12/6追記:東京事変の新曲能動的三分間のPV(youtube動画)でムーンウォーク。ちゃんとバンドメンバー全員やってるのがポイント高い。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/253-09c425fe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。