--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.28 

IKa「P.S.すりーさん」


「最近なんでも擬人化されてるよねー」
「おお・・・それをこの場で言うのか・・・」(P127より)


30日の発売日を心待ちにしていましたが、昨日近所のカルコスへ行ったら平積みされてたので購入。人気ブログIKaのマホ釣りNo.1で連載されていた四コマ漫画シリーズの書籍化。生き馬の目を抜くゲームハード業界を擬人化、テレビゲームへの愛情溢れるコミカルな四コマに仕上げています。
すりーさんは芸能界の駆け出し新人アイドル。一世を風靡した先代アイドル、つーさんの後を受けて華々しくデビューしたものの人気はイマイチ。最近はライバル事務所のはこまるさんやうぃーさんの人気に押され気味で意気消沈している。それでも頑張ろうと奮起する彼女だが周囲の状況は悪化するばかり・・・。
IKaさんの単行本を本屋で買える日が来ようとは。きっと、いつか、コンビニでも買える日が来るに違いない。ありあんも世界樹の迷宮ぐみもライトニングさんもマホ釣りに連載されている作品は全部大好きなので、すりーさんのみ収録なのはちょっと残念ですが、それはそれで一冊に纏められる日が来ると信じて。それまでは取り敢えずカバー裏で我慢するんだ。教授ーーッ
さてP.S.すりーさん。Windowsのアクセサリに入ってるペイントで書かれた作品は、解像度もそのままに横にちょこちょこ補足の解説文が添えられて、すりーさん完全版と言えるものになっています。街頭ライブの回とかWebで読んでる時はそうでもなかったけど、まとめて読むとじんわり来ますね。新作のぴーちゃんとのエピソードは号泣もの。現在PS3が置かれている不遇な状況からも四コマの中では何か灯りを探そうとしているのが感じられます。さすが元メガドライバー。実際作中のせがさんへの思い入れも尋常ではありません。
思えばIKaさんの作品を初めて購入したのが1997年夏、コミケで発売された殺しのメガドライブ最終号(傑作)でした。あれからもう10年近く経ったんですね。殺メガ、少女スライダーからピョンゲー本、コピー紙に至るまでIKaさんの作品を読み続けられたこの幸せ。IKaさんの漫画、テキストが持つ独自の"おかしみ"は他の誰にも出せないものなので、今後も末永く書き続けていって欲しいものです。応援しております。
あとA-10君のオマケ漫画も六連とすりーさんが絶妙に絡んでて良かった。なんかいいコンビ。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/217-ba0f2d4e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。