--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.21 

HERO「堀さんと宮村くん」

(←画像をクリック)
「なによー晃一のバカー!!私、宮村くんのところいっちゃうからね!!」
「バカ言ってんじゃねえ!!宮村のとこへ行くのは俺だ!!」
(79話「正午」より)


aiceさんとこで知ったWebコミック。面白過ぎて気が付いたら一晩中読んでいたよ。しかもまだ読み終わっていない。読み終わるのが勿体無い。最終回の卒業式を読むのが怖い。
高校二年生の堀京子は、怪我した幼稚園児の弟を家まで送ってくれた見知らぬ青年をお礼の意味をこめてお茶に誘う。実はその青年は京子のクラスメイトで、暗く内向的な雰囲気とオタクっぽさにクラス内で孤立していた宮村伊澄だった。髪を上げて数多くのピアスをしたあまりの容姿の変わりように、京子は宮村とは気付かなかったのだ。そして宮村が創太の面倒を見に堀家へ通ううち、京子と宮村の間には奇妙な絆が生まれ、クラス内の宮村の立ち位置にも変化が起こり始める。
堀さん宮村くんのラブコメエピソードを中心にクセのある友人・家族が活躍しまくります。各キャラクター毎に一定数固定ファンが付いてそうなキャラの立ちまくり方は壮絶。どいつもこいつもいい味を出し過ぎています。登場時はイヤ~な奴だと思っていたキャラクターがその後のエピソードで名誉回復、好感の持てるキャラになっていくのが非常に心地良い。宮村の友人がだんだん増えていくのが嬉しい。レミのトリッキーさが好きだ。虫の話をしながらレミとデートしたい。ミャムラとにゃんごくと夢の中で暮らしたい。伊織のチーズケーキが食いたい。河野の桜クッキーも食いたい。新藤と友達になりたい。書ききれない。個人的には漫才系の新藤晃一、堀親父、井浦秀あたりが好き。エピソードでは66話「弱い強さ」73話「パズルとピース」81話「絡まって」、あと"井浦くんに聞いてみよう!"全般とオマケの"○○ってエロいよね"シリーズがたまらない。こんなクオリティの漫画をタダで読めるなんていい世の中になったもんです。というか紙媒体で読みたい。書籍化を切に希望。

9/7追記:書籍化ガンガンから来たー。Ikaさんのすりーさんといい近年Web漫画の出版が多くて非常に嬉しい。楽しみです。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/210-3f063d65
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。