--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.07 

キリンジライブ in 名古屋CLUB QUATTRO


泰行「・・・・・・」(MCのネタに詰まって照れ笑い)
高樹「・・・まぁ、十年やってもこれですから」


友人夫婦とキリンジのライブ行って来ました。クラブクワトロは名古屋パルコの東館8階にあるライブハウス。ちょっと洒落てて若者多くて自分には敷居が高いスペースであります。以前に演ったZEPP名古屋に比べハコの収容人数が1800人から550人へと大幅に縮小してますが、これは前ライブの集客具合からいっても仕方ないところ。まぁ、規模が小さくなった分だけアーティストを近くで観れるのでよし。そういえば名古屋の馬の骨ライブもクワトロでしたね。開場待ちの列は200番台辺りまで、男女比は1:9くらいで年齢層はパッと見20代前半から30代前半まで、カップルはポツポツ。今回もいくらか当日券あり。
「家路」でライブスタート。堀込兄弟は共にジーンズに水玉模様(?)の色違いワイシャツで登場。長髪伸びっ放しのヤスとデビュー当時から変わらぬ兄樹の髪型。笑顔で楽しそうに演奏するヤスと対照的に押し黙ってキメキメのギター演奏に徹する兄樹がやけにカッコイイ。ヤスの声は初っ端からバッチリ出ていて「エイリアンズ」や「スウィートソウル」の高音域も完璧でした。得意のディビりも軽やかに絶好調。兄樹もボイストレーニングしたのかと思うほど声が出ていたので「悪玉」の兄パートをほとんどヤスが歌ってしまったのがかなりショックでした。ベビーフェイス担当ヤスとヒール兄の歌い分けが出来てこその名曲「悪玉」だと思うんですが。今回の兄樹はコーラスよか極力ギターに専念している感じでした。それは別にいいんですが、兄のメインボーカル曲が一曲も無いのはやっぱり寂しいなー。「この部屋に住む人へ」とかどう考えても兄が歌うべき曲でしょう。
ライブは間にアルバム「7」の収録曲を挟みつつ、各アルバムから数曲づつ歌っていきます(「オムニバス」「47'45"」からは無し)。大好きな「ジョナサン」がいきなりライブ2曲目で感動。ディビディビディビダー♪「雨をみくびるな」。音を歪めた兄樹ギターが炸裂「この部屋に住む人へ」。やっぱり『クラクション長く鳴く』の後は『んー』と言って欲しかった「太陽とヴィーナス」。リズミカルな観客の動きが突然ストップ、名曲「エイリアンズ」。ステージ脇のPAの兄ちゃんまで口ずさんでいた「悪玉」恐るべし。「もしもの時は」では手拍子がバックビートなのかどうなのか観客が困惑する一幕が。コーラスの真城さんとドラムの人が前で叩いてたので多分前なんでしょう。元祖カントリー。
個人的に最高潮といえる場面はありませんでしたが「イカロスの末裔」「太陽とヴィーナス」「自棄っぱちオプティミスト」辺りでそれぞれ大変盛り上がった印象。「YOU&ME」聴きたかったな~~、残念。アンコールは季節外れの名曲「千年紀末に降る雪は」とアルバム「7」から2曲。「千年紀末」はともかく、ただでさえ予定調和のアンコールにニューアルバムの曲を平然と入れるのはどうかと。少しはサプライズを感じさせて欲しい。それこそ「エイリアンズ」や「悪玉」とか演ればいいのでは・・・。
さてお楽しみMCは、以前とは別人のように滑らかに語りかけるヤスに驚愕。と思えば弟の振りに対し客席に『こんばんわー』とヤス完全無視の挨拶で返す兄樹が秀逸。ピンバッジの話題はほとんどコントみたいでした。しかし中盤になるにしたがってやはりグダグダに。『市販の青汁より個人営業のスタンドで飲む青汁は美味い』といった話の後、話題に詰まって黙り込んだヤスに、兄から台本作って全国同じMCにしようかというアイデアまで飛び出す始末。やはりMCが上手いヤスはヤスじゃない。
今回もなかなか楽しめました。ドラムとギターが効いているキリンジ曲はポップスというよりロックな感じで、ライブの良さを再認識した感じです。

過去記事:キリンジライブ in Zepp Nagoya
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/207-7d4e05ac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。