--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.25 

キリンジ「スウィートソウルep」


今でもあなたは探しているの? 醸し出されることのない美酒を
雨に負けぬ花になるというの? やわらかな心を石に変えて(track.3「愛のcoda」)


兄弟ポップデュオ、キリンジの東芝EMI移籍後第一弾シングル。6曲+インストver.6曲でほとんどアルバムと言っていい趣の一枚。愛に踏み切れなかった過去を悔やむ女性の絶望を歌ったtrack.3「愛のcoda」、アルコール中毒の苦悩を歌ったtrack.5「悪い習慣」など収録曲が秀逸。2003年3月発売。
先週大貫妙子さんのラジオ番組にキリンジがゲストで出ていたので楽しく拝聴しました。妙子さんの地の底から響くような低音ボイス相変わらずいいわあ。ゲストタイムの最後に妙子さんが「愛のcoda」をリクエストした際、妙子さんが『ver.違いを全部聴き比べたら中里正男さんのマスタリングver.が一番素晴らしい』とマニアな事を言っていたので、自分でも聴き比べてみることにしました。私が知る限り「愛のcoda」のver.違いは3つ(聴いた事があるのは2つ)。ジャケットの奥付を調べてみたところ、中里正男マスタリングver.はシングル「スウィートソウルep」収録のものでした。「スウィートソウルep」は5年前、皿が溶けるほど聴いた思い出深い一枚。思い返してみると、アルバム「for beautiful human life」に入ってる方の「愛のcoda」はあまり聴いた事が無かったのでいざ視聴。
・・・結構違うもんですね。マスタリングでこんなにパートの音配分が変わるとは。こういう調整はミックスの段階でやるもんだと思っていました。中里正男マスタリングver.ではオケが歌の邪魔をせずあくまで裏方に徹しているのに比べ、「for beautiful human life」の前田康三マスタリングver.では楽器の音に主張が見られます。コーラスの音量も大きいし、人によってはキーボードやストリングスがうざったく感じるかもしれない・・・微妙な好みの問題だとは思いますが。私もさんざ聴き倒した中里ver.の方がしっくり来ますね。ついでに「スウィートソウル」も聴き比べてみましたが、やはり歌中心の中里ver.か楽器を利かせる前田ver.かで違いがありました。「奴のシャツ」などはオケ中心の曲で成功していると思うので、この違いは面白いですね。他の曲にもエンジニア違いでどんな特徴が生まれるのかいろいろ聴き比べてみたくなりました。これまでも編曲家(アレンジャー)まではよくチェックしてたんだけど、マスタリングエンジニアもなかなか重要なポジションなんですね。辿っていけば最近のCDの音量が大きいのも、昔のCDの謎の高音も理解できるようになるんでしょうか。

キリンジ オリジナルアルバムのマスタリングエンジニア一覧
・中里正男(ペーパードライヴァーズミュージック、47,45、スウィートソウルep、super view)
・前田康三(3、Fine、for beautiful human life)
・宮本茂男(DODECAGON、7、ボイエンシー)
・Ted Jensen(ten)
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/202-8adc3b5d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。