--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.03.23 

佐藤多佳子「しゃべれども しゃべれども」


「俺は面と向かってなら、誰にでも、どんな悪口でも言える。ピストルを持ったヤクザにでも、偉い政治家にでも言える。フロントにでも監督にでもスター選手にでも言える。でも、知ったかぶりを決め込んで、顔の見えない大勢の聞き手に向かって、選手の陰口をきくような真似はできない」(P209より)

駆け出しの落語家が始めた「話し方教室」に集う人々の交流を描く。ラジオドラマ化や漫画化もされ、2007年にはTOKIOの国分太一主演で映画化。
「俺」は落語家の今昔亭三つ葉。前座よりちょい上の二つ目という位置にいる。ひょんな事から、ガキの頃の吃音がぶり返して困り果てた従兄弟に頼まれて『話し方教室』なんぞをやる羽目になってしまった。しかし話し方を教えるといっても、俺が教えられるのは落語しか無いのだが・・・。
久々にいいものを読んだ満足感で一杯なのですよ。素晴らしい。全年齢向けで笑えて泣けて展開も面白い小説なんてそうそう出会えるものじゃないわけで。ここ数年で読んだ本の中では間違いなくベスト。何度繰り返し読んでも面白い。どこか一癖ある登場人物同士の掛け合いが最高です。
TBSの「タイガー&ドラゴン」、NHK大阪の「ちりとてちん」とここのところ落語界を舞台にした傑作ドラマが多くて嬉しい昨今ですが、この小説もかなり上手に落語を物語に取り込んで成功しています。前述のドラマ2作と同じく落語の復興に向けた啓蒙活動的な一面も見せつつ『ジャズも落語も一緒だ。昔の名人を聴けばいい。もう終わった時代のものだから』と登場人物に辛辣なセリフを吐かせたりと一筋縄ではいきません。テーマ自体は今時の作品らしく森田療法的な方向へ収束していきますが、小三文一門会とラストのまんじゅうこわい東西対決の緊迫感は只事ではありません。熱くて手に汗握るよ。
阪神フリークのひねくれ坊主、村林優がいいキャラ過ぎて見せ場も多いので湯河原と良の結末がキチッと描ききれていないのが残念といえば残念。まぁ、これで湯河原と良にまで見せ場を作ったら(湯河原が野球解説で一発ブチかますとか)収集つかなくなりそうですが。
ろくごまるにも封仙終わらせたらこういう作品書いてくれないかなぁ。無理かなぁ。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/201-9564072a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。