--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.14 

はじめてのトラックバック



折角のブログなのでトラックバックしてみます。自分はゲームミュージックを結構聴くのでそれ関係のものを。

PS2のレースゲーム、バーンアウトシリーズは通常のレースゲームではペナルティにしかならない敵車とのクラッシュに意味を持たせ、ゲーム性に加味してあるのが特徴。たまにテレビでやってる『カメラが撮った決定的瞬間!』とか映画「ドリヴン」、交通事故現場が大好きな私にはたまらないゲームです。
3辺りからBGMにパンク中心にロックの人気曲が20曲ほど収録され、その魅力に一味加わる事となりました。派手でバカバカしい演出もさる事ながら、人気アーティストの楽曲もやんちゃな若者層にアピールする一因に。
ただ、このゲーム(3)の為に作られた曲としてはタイトル画面の一曲のみ(ケムコのトップレーサーの曲に似てる)で、ゲーム音楽好きとしては少々寂しい。延々どの画面でも有名アーティストの楽曲がランダムで流れている為、時々ウンザリしたり。適材適所なゲーム音楽の良さを噛み締める瞬間です。やはりガレージでは車体を眺めて悦に入るに相応しい曲を。レース直前には気分を盛り上げる曲を。マップ画面ではその土地を表現した曲を聴きたいものです。
まれいんさんの所で語られているのは『もうオリジナルのゲームミュージックにに居場所はなくなるのか』という危惧。同じく有名曲を多数ブチ込んだゲームとしてはグランドセフトオートがありますが、GTAでは"クルマから流れるラジオ"として、BGMをアーティスト一辺倒でなくうまく世界観にマッチさせています。私はGTA3が出た時におぼろげながら『ゲーム音楽はどこへ行くんだろう』と思いました。
やはりゲーム音楽にはこれぞ!というシーン以外は有名曲に頼って欲しくないです。前述のバーンアウトやGTAの様に『ゲームで新たなアーチストを知り、ファンになっていく』というのもいいけど、新しいゲームをプレイする時はそのゲームでしか聴けない曲があって欲しい。そのゲームを代表するテーマが既存の曲では悲しいよ。

まぁ、いつの間にか馴染んでる主張しない地味なゲーム音楽も好きなんです。「THE地球防衛軍」とか。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/2-d21de844
この記事へのトラックバック
前回の記事の続きです。 ゲームの雰囲気に合った曲を集めてサントラを作るという「バーンアウト・リベンジ」の手法にどうして私が不安を感じるのかという問題が残っていたのですが、何となくそのわけがわかったような気がしました。
ゲームミュージックのアイデンティティに対する不安 | ゲームミュージックの話がしたいんですよ at 2005.09.16 00:32
この記事へのコメント
ゲームにはシーンの切り替えや場面ごとの演出といった独特の「間」もありますから、そういう部分では一般の楽曲よりもそのゲームのために作られた楽曲の方がふさわしいと思います。
それに、やはりゲームにはそのためだけの音楽があってほしいですよね。一般的な曲はゲームでなくても聴けるわけですから。

こちらからもトラックバックさせて頂きました。
Posted by まれいん at 2005.09.16 00:55 | 編集
おお、初コメントですよ。嬉しいなぁ。書き込み&トラックバック返しありがとうございました。
昨今では映画でも既存の楽曲を上手く組み合わせてBGMにしてますね。そしてサントラはさながらコンピレーションアルバムのよう。そういうものに限って肝心の幕間のBGMは収録されていなかったりして噴飯モノです。
改めて新曲を作るよりはイメージに合った既存曲を持って来る方が安上がりでしょうから、その手法にも納得はいくんですが、ね。

ただ、今回のバーンアウトに限って言えば、レースゲームという題材そのものが「BGMに既存曲の収録」に至った理由になってる気はします。ドライブにノリノリのヒット曲を、というのは誰でも考え付く事ですし、エクストリーム系のスポーツにはパンクが付き物というのはそれ系の番組やビデオを観ればおぼろげに想像は付きます。
だから今回の3、リベンジの事はそのファン層から言っても必然であるとも言えるでしょう。その辺クレイジータクシーとかはゲームの「間」を殺さず、上手いなーと思います。

PSPのリッジレーサーズみたく、世界観から全て一切合財オリジナルで作り上げている方が自分としては理想ではありますが(笑)グランツーリスモの様に実車&既存曲というのもシミュレーター的な観点から見ると納得がいくものです。
バーンアウトが架空車&既存曲なのはそういった点から見るとズレた印象を受けますが、スタッフはデタラメなクラッシュレースに既存曲を持ち込んで、少しでもリアルな雰囲気をゲーム中に持ち込みたかったのだと想像します。
Posted by qpd at 2005.09.16 02:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。