--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.30 

武富健治「鈴木先生」1,2巻


だけど この謎かけが真意を打ち明けるにふさわしい相手かをはかる取り返しのつかない最後の賭けだとしたら――――オレはなんとしても今日!真実にたどり着かなければならないんだ(1巻P35より)

理想の教育に燃える若き男性教諭、鈴木先生が教え子のデリケートな問題と正面から向かい合う。
舞台は区立緋桜山中学校。2年A組の担任教師、鈴木は給食時間中に問題行動を起こす男子生徒、出水(いずみ)に頭を悩ませていた。必要以上に食事をかき混ぜ、汚い言葉で周りを不快にする・・・優等生だった出水がなぜ突然そんな行動に出たのか、いくら考えても分からない鈴木。実はその引っ掛かりは鈴木自身の心の奥深くの葛藤と繋がっており・・・
マンガがあればいーのだ。記事を読んで以来、たまらなく読みたくなって探してたのですが、ようやく1,2巻ゲット。お、面白ぇぇぇ!今日びの中学生を扱った事件としてはそれほどセンセーショナルなものはありませんが、思春期真っ只中の子供達の微細な心のヒダ、青春の苦悩に対して非常に真剣に、真摯に向かい合っている印象です。傍からみれば中坊一人の些細な問題でも、本人にとってみればここまで生きてきた十数年の生き様が問われる譲れない局面だったりするわけで。なあなあの事無かれ主義に別れを告げ、オトナの正解ではなく生徒達にとってのベストを追求していこうとする鈴木先生の思いに胸が熱くなります。もー初っ端の第1話「げりみそ」から非常に熱い。そして深い。表情から訴えかけてくるような生徒の生き生きとした姿に、鈴木先生の鋭い観察眼があいまって非常に味わい深い作品になっています。暗中模索、ベストを尽くしてさえいい方向を見付けられないどん詰まり感と、霧の晴れるような名指導が同居していて素晴らしい。いい方向にせよ悪い方向にせよ、生徒の関係も先生の関係もすべてが変化していくのが鈴木先生の見所。元の鞘に納まるなんて事はなかなか無いのですね。いつも思い込みと勘違いですれ違いばかり。それでもぶつかり合って主張する事で自分の存在意義を証明しようとするわけです。大人も、子供も。人生これまでぶつかる事を極力避けてきた自分のような人間にとっては、なかなか身に積まされる一冊。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/175-6a66cdeb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。