--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.28 

王領寺静「異次元騎士カズマ」


「で、オレは、教えてやった。その男の口をふさげばいいと。人間の口をふさぐ方法は、3つある。買収するか、そいつの秘密をにぎって逆に脅すか、それともいっそ殺しちまうかだと」実にオリビエらしい見事なまでに不道徳なそのアドバイスに、オレは、少し青ざめながら聞いた。
「それで?」(剣奴王ウォ-ズ2巻P53より)


80年代後期、少女向け恋愛小説レーベルの集英社コバルト文庫で人気作家だった藤本ひとみが"王領寺静"という別ペンネームで角川文庫に書いた少年向けライトノベル。熱血サッカー青年カズマが歴史をまたにかけて大暴れ。手に汗握るアクションファンタジー。「黄金拍車」「骸骨旗トラベル」「剣奴王ウォーズ」と3シリーズ合わせて10巻が刊行されたが未完。
高校2年生の桜木和馬は校舎の非常階段で女子に告白されている最中、突如異世界へ飛ばされてしまう。気が付くとそこは中世ヨーロッパらしきフロリン王国。カズマは元の世界に戻るため、怪しい魔術師ミザールに命じられるまま騎士見習いとしてブルゴーニュ家へ潜り込む。
まだ"ライトノベル"と呼ばれるジャンルもない時代に生まれ落ちたジュブナイルの大傑作。ウルヴァリンのような驚異的な回復能力と黄金の右足で、フランス貴族からローマ剣闘士まで蹴って蹴って蹴りまくる!瀕死状態で四面楚歌、絶対絶命のピンチを「痛ぇよっ!」のセリフ一つで凌ぎ切るカズマはマジ漢。何度読み返したか分からない思春期のバイブル的存在であります。
あくまで少年向けファンタジーとして描かれつつも、徹底した時代考証と細かい描写のリアリズムでその時代を知る楽しさを教えてくれるなかなか稀有な作品でした。読んでいるうちに欠片も興味の無かった世界史に少し興味が出てきたり。そういう意味では小説の帝都物語に近い立ち位置でしょうか。史実を絡めながらも展開ではムチャをする、というような。架空の主人公が歴史の立役者となっていく展開に当時の自分はシビれました。加えて視点が一人称で描かれているのもより没入感を増していて、まるで歴史に立ち会っているかの様な感覚すら覚えたものです。
やっぱり1から架空の世界観を構築するなどというのは、一部の変態作家しか成し得ないとんでもない行為なわけで、よく調べもせずに"なんちゃって中世ワールド"になるよりは、こういう形のファンタジーの方が断然説得力が増します。執拗なまでの武器、服装、町並み、食べ物、性生活、身分制度のウンチクがステキ過ぎます。
サーラの冒険が完結し、封仙娘娘追宝録も続刊が出た昨今の奇跡的なライトノベル界隈。この異次元騎士カズマが完結さえしてくれれば、心残り無くラノベ卒業出来るんですが・・・藤本ひとみセンセがライトノベル作家を卒業してしまった今となっては二度と続きが描かれる事は無いのでしょう。だから私も死ぬまでライトノベルから卒業できないのです、きっと。剣奴王ウォーズ2巻ラストの鬼の引きから早15年。今宵もロゥマ軍団数千を相手にカズマがどう戦うのか、熱く妄想しながら寝床に就くのです。続き読みたい。


この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/174-6a14494d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして^^

私のはなまるマーケット応援サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/blog001004/archives/50200563.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by はなまるマーケット at 2007.04.28 05:14 | 編集
カズマの続編を待ち続けてもう15年も経ってしまいましたか…。

藤本先生にはどうにかして続編を書いていただきたいですね。
自分もカズマの未完だけが心残りです。
Posted by うーむ at 2007.05.01 22:26 | 編集
>自分もカズマの未完だけが心残りです。
ホントそうですよ!
あのラストとあとがきで続刊無しなんて
まったく酷い話です。
なんとか・・・ならないのかなぁ。
Posted by qpd at 2007.05.02 13:00 | 編集
ネットをふらふら徘徊してたら偶然漂着しました。

カズマはその昔おおいにハマリました。いや、今でもオールタイムベストにも入る勢いです。
熱い台詞が満載なとこが好きでした。「毒なんて捨てちまえ。いざって時はオレが守ってやるよ」「オレたちは一つの魂だ」とか。

スパルタカスはどーなっちゃったんでしょうねぇ…
Posted by hiroshi at 2007.06.14 00:25 | 編集
カズマのファンは息長いですよねー
思春期にこれ読んでしまうと離れられないです

>「毒なんて捨てちまえ。いざって時はオレが守ってやるよ」
>「オレたちは一つの魂だ」とか。
カズマとオリビエのセリフですね。
黄金拍車は何気にいいセリフ多過ぎです。

>スパルタカスはどーなっちゃったんでしょうねぇ
剣奴王ウォーズの続きはもはや読者のイマジネーションの
中にしか無いかと。
自分で勝手にあれこれ想像しています。
カエサルとカズマはやっぱり戦うんだろうなーとか。
Posted by qpd at 2007.06.14 17:37 | 編集
はじめまして。自分も当時読んでたんですけど未完で残念。
しかも当時よく読んでた他の作者の「タリオン」シリーズも
未完なんですよ。つまり当時読んでたシリーズ二つとも
未完って悲しいものがあります・・・。
Posted by ケインマクドナルド at 2008.02.10 06:37 | 編集
青春時代に大好きだったシリーズが未完に終わると後々引きずりますね。
私はここの所未完になると思っていた作品の続編が
あちこちで出たのでちょっと満たされています。

タリオン・・・失われしものタリオンですか。
検索してみたらなかなか面白そうなので
今度本屋で探してみます。
Posted by qpd at 2008.02.10 11:04 | 編集
カズマの続き読みたいですね~;;
奴王ウォーズが凍結して数年間は書店入るたびに探し回ったものですが・・・今日ふと思い出し、ネットで検索してみたところこのHPに辿り着きました。
藤本ひとみ先生で検索してもやはり完結を切望されている人の声が!他の作品も未完ばかりだそうなので、期待しても無理なのでしょうが、それでも可能性を捨てきれないです。
はぁ~、カズマは現実に戻れるのかな・・・
Posted by デリカット at 2008.09.22 01:42 | 編集
>他の作品も未完ばかりだそうなので
どうもそうみたいですね。
出ないなら出ないで
当時考えていた次回作の構想だけでも
公開して欲しいところです。

>カズマは現実に戻れるのかな・・・
まずはエトワールのところへ戻らないことには
いろいろ収まりが付かないでしょうねー
Posted by qpd at 2008.09.24 22:28 | 編集
未完だったんですね。
僕も昔ハマった小説のその後が突然気になった口です。
当時は単純な面白さしかわからなかったけど、皆さんの心に残る良い作品だったんですね。
今も続編を待っている方々がいるなんて!
感傷的な気分になって、僕も書き込みしてみました。
小学生の頃、塾をさぼって夢中で立ち読みしました。
昼食代を我慢して買って、授業中に読んで、女性と別れのシーンに感動して泣いたことあったな。
周りに変人扱いされたな~。
当時はガズマより年下だったけど、今は大分上になっちゃいました。
続きが出たら是非読みたい。
20年前の気持ちで読めるかなw
Posted by おお at 2009.09.25 07:06 | 編集
藤本ひとみ作品、大好きでした。
カズマシリーズは、ひとみ先生が別のペンネームで執筆されていると知って、即読み始め、すぐにはまりました。
その後、突然ライトノベルは未完のまま、違うジャンルを手がけられてしまったため、裏切られたような気がして、しばらくひとみ先生の作品からは離れていました…
ですが、青春時代に読んだからでしょうか、先生の昔の作品が、最近無性に読み返したくてしょうがないんです。
現在、藤本ひとみと名のつく作品はすべて読んでます

ヨーロッパに対する深い造詣が感じられ(とくにフランス)、本当は昔から、ライトノベルじゃなくて、こんな作品が書きたかったのかな、と感じることもあります。
でもせめて、きちんと完結してから別のジャンルを手がけてほしかった…
ちなみに今でもカズマシリーズ大好きです
Posted by ゆう at 2010.01.27 16:10 | 編集
調べていて、ここに辿り着きました。
自分も大好きなライトノベルでした・・・
続編を期待していますが、もう無理なのでしょうね;
残念で仕方ありません><
Posted by 今更ながら at 2010.05.09 22:31 | 編集
カズマ今の世の中に帰ってきたら、サッカーがプロ化されてて驚くでしょうね。彼はプロ入りで確実そうです。あるいは年齢を重ねすぎてて無理でしょうか。
・・・とにもかくにもなんとか続きを書かないものか。
Posted by 米 at 2010.08.25 09:44 | 編集
未完って作家として無責任すぎる。ファンに対する裏切りだ。漫画家みたいに強引に終わらせろ
Posted by たーやん at 2011.03.14 03:43 | 編集
こんなにも続編を期待していた人がいたんですね
当時高校生だった私は続編が出ていないか毎月、本屋さんに聞いてた思い出があります
実は今でも本屋さんに行くと必ず探してました
もう出ないようなので悲しい限りですが、私と友人以外にもこんなにもファンの方がいらしたのが分かっただけで、救われます
当時は私と、一人の友人だけしかカズマのことを知らなかったもので...
これからも微かな望みを持ちつつ本屋さんに行ったときはまた探してしまう私がいます
Posted by 匿名 at 2011.03.20 08:35 | 編集
はじめまして
異次元騎士カズマでここに辿り着きました。
たまたま、仕事で長野県飯田市に出張するのですが
観光協会のHPを見ていたところ
何と偶然!藤本ひとみ先生の講演会が開かれるのですよ!
自分も、カズマシリーズをリアルタイムで見ていた
アラフォー世代ですので、ずっとあの続きが気になっていました。
そして、骸骨旗トラベルのマノン?のくだりは、
未だトラウマとなって、私を苦しめます(涙)
下記pdfが講演会資料です。
話す機会が出来れば、異次元騎士カズマについて
直接聞いてみようと思います。
本人は聞かれたくないのでしょうけど
読者としては、聞きたいのですよ。
せめて、口頭でもどうなるかを聞きたいっす。

http://www.city.iida.lg.jp/iidasypher/open_imgs/event/0000000022_0000015557.pdf
Posted by gaiafamily at 2011.10.11 06:57 | 編集
こんにちわー

>骸骨旗トラベルのマノン?のくだり
聞くところによるとラノベで
トラウマになったシーンの筆頭だとか。
カズマは基本的に男が男らしく死にゆく話なので
わりと想定外の展開でしたね。
順当にティーチの情婦とかにしといてくれたら・・・。

>せめて、口頭でもどうなるかを聞きたいっす。
おお
もし質問する機会がありましたら
是非レポートお願いします!
Posted by qpd at 2011.10.11 19:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。