--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.28 

デヴィッド・フランケル「プラダを着た悪魔」


「原稿を売り込みに来た純朴な少女が、ダークサイドにのまれたな」

ファッション誌ヴォーグ編集長の元アシスタントによるベストセラーの映画化。
舞台はニューヨーク。大学を出たばかりのアンドレア・サックス(アンディ)はジャーナリスト志望。その夢の為にキャリアを積もうと一流雑誌社に就職活動中。ある日アンディはファッション雑誌"RUNWAY"をクルマ雑誌だと勘違いして面接を受けてしまう。アンディは気を取り直して奮闘、懸命にアピールするもバカにされて最後は無視され会社を飛び出そうとするが・・・
実にいい映画でした。面白かったよー。自分がファッションに詳しい女性だったら数倍面白かったんだろうけど野郎でも十二分に楽しめる作品です。アン・ハサウェイ可愛いし。仕事と私生活とどっち取る?というのは社会人としての命題の一つなわけで、普遍的なテーマだと思います。でも、大体いつも結論は『仕事より大事なものがある』なんですよね。この作品では仕事に誇りを持つことの素晴らしさも表現されていていい感じ。何だかんだ言ってもミランダはカッコ良いし、イヤな上司という感じはしません。ラスト、アンディがミランダの後継者になるのでも良かったなー。たぶんアンディは彼とうまくいかないし。キャラクターではキツい一言を投げながらも一番アンディの力になってくれるサブディレクター、ナイジェルがとにかくイカしてます。セリフがもーいちいち良いのですよ。『仕事成功してたら私生活崩壊してアタリマエ。今さら何言ってんの?』みたいな完全にフッ切れた感じが超クール。ハリウッド版「シャル・ウィ・ダンス?」の竹中直人役やってた人ですね。相変わらずうまい。
BGMはノリノリなロックナンバーが多く、テンポ良く作品を盛り上げていました。劇中大好きなアラニス・モリセットのCrazyが流れてシビれた。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/154-25d96956
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。