--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.26 

メーテレ「デッド・ゾーン」第2話


「あんた・・・地獄から送り込まれて来たんだろ!?」

スティーブン・キングのベストセラーのTVドラマ化。
高校教師のジョン・スミスは婚約者サラとデートの帰り、交通事故で昏睡状態に陥る。それから6年後、永遠に眠り続けると思われたジョンの意識が戻る。だがジョンが眠っていた6年の間にたった一人の肉親は既に他界、サラも別の男性と結婚して幸せな家族を築いていた。失意のジョン。そして、彼は自分に不思議な力が備わっていることに気付く。
韓流に押されてはいますが、相変わらずアメリカのTVドラマも地上波でいろいろ放送されていて嬉しい限り。韓流だとホテリアー、最近の米ドラマではヤングスーパーマンとバンド・オブ・ブラザースがなかなか面白かったです。24は見てません。どうもアメリカのドラマは一旦人気が出ると、人気が落ちるまでシリーズを続けていく傾向があるので、まとまったお話が好きな自分としては見始めるのに躊躇する部分があります。
さてデッド・ゾーンはデビッド・クローネンバーグ監督の劇場版が好きで好きで。ビデオでテープが擦り切れるほど観倒した後、原作小説を読んで後日談に感涙した記憶があります。目覚めた時には愛する人は既になく、失意の中、目立たず暮らしていく事のみが望みの男が、偶然知り合った赤の他人の幸せの為に体を張っていく姿は自分の中に焼き付いている理想のヒーロー像です。事故で足に障害が残り戦う力も持っていないのに、抑えきれない正義感が彼の背中を押すのです。ジョニーの超能力は当時こそ今までに無い能力だと思いましたが、現在は『サイコメトラー』の一言で通りますね。作品のジャンルでいうと超能力サスペンスものではありますが、『超常現象は実在する』というような胡散臭いテーマではなく、むしろ『人と人の信頼』そして『最後まで諦めない』というメッセージが作中には込められていると思います。
でナカミですが、想像以上に面白いです。主役のアンソニー・マイケル・ホールも何だかクリストファー・ウォーケン似で映画を踏襲したようなつくり。ジョニーの父親が死んでいたり、サラとジョニーの子供が出来ていたりと家族の設定が少し変更されてます。2話のメインは劇場版にあった連続女性殺人犯のエピソード。ほぼそのままです。カフェで子供を火傷から救ったり、安易に慰めあおうとする元カノの誘いを断ったりと相変わらずジョニーはいい奴でした。ジョニーって奴は自分の幸せの為にすら利己的になれない男なのさ。なかなか面白かったので、とりあえず劇場版のラストにあたるエピソードまで見てみようと思います。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/150-914b1355
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。