--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.08 

倉島圭「24のひとみ」1巻


自分に正直になると 他人に正直じゃなくなるんです(P61より)

最近「倉島圭」「24のひとみ」のキーワードで当ブログに来られる方が多い(2,3人)ので、調べてみるとちょうど1巻の発売日だったので慌てて購入。売り切れてなくて良かった。今度こそ2巻が出るといいな。
とある中学校。産休でお休みの石川先生に代わり2年5組に担任教師としてやってきたひとみ先生。自らを「嘘つき」と称するひとみ先生が引き起こす騒動によって、学園に重大な悪影響と黒い笑いが満ちる。
「メグミックス」連載時から背景とツッコミ顔のトリッキーさは話題でしたが、今作では4コマの枠を突き破り、変幻自在の構図が爆発しています。キャラクターの表情も格段に豊かに、登場人物の数も劇的に増え、厚みを増した倉島ワールドが存分に味わえます。反面、倉島センセの十八番(もしくはアイデンティティ)、下ネタ駄洒落が無い分「メグミックス」ファンとしてはストレスが堪るわけですが。
巻末になぜか単行本未収録の「メグミックス」が十本ほど収録されているので、下ネタ封印にガッカリしているファンもぜひ購入されたい。最高です。

過去記事:倉島圭「24のひとみ」
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/144-a8b7edbd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。