--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.04.11 

「アイ・アム・サム」オリジナルサウンドトラック


政治構造を変えようとしているんだって、そうかい
それよりも君の頭の中を変えた方がいいんじゃない(track.16「Revolution」)


この映画の宣伝で流れる「Two of us」のカバーを聴いた時から欲しいなーと思っていましたが、最近ようやく購入。洋画「アイ・アム・サム」のサントラ。本編はまだ見てません。主人公や作中の登場人物の名前等、全編通してビートルズにちなんだ物語ということで挿入歌も全てビートルズのカバー曲。結果、このサントラも実質ビートルズのトリビュートアルバムになっています。「Help!」「We can work it out」から「Lucy in the sky with Diamonds」「Golden slumber」までズラリと往年の名曲のカバーが並んで、ビートルズファンを楽しませてくれます。自分なんかは聴いてる内に自然に口ずさんでしまいます。
参加アーティストは主演のショーン・ペンの兄貴、ボブ・ディランの息子、パールジャムのボーカル、シェリル・クロウなど。私が知ってるアーティストはあまりいませんでしたが、みな変に曲をいじくる事無くほぼ原曲通りにカバーしていてとても聴き易いです。エヴィ・ベンダーの「You've got to hide your love away」は枯れた味わいが素晴らしく、ベン・フォールズの「Golden slumber」はそのままCarry that weight>The endと通して聴けないのが残念なくらい(元々メドレーの一曲なので)。ちょっと「Revolution」「Let it be」辺りがテンポをずらして歌ってるので違和感ありますが許容範囲です。
カバー曲がビートルズ中期~後期が中心なのと、ジョージ&リンゴの曲が一切収録されていないのは賛否ありそうですが私には満足の一枚でした。これはいいものです。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/131-f75ca60f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。