--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.20 

「ロスト・イン・トランスレーション」サントラ(輸入盤)


友人から借りて聴いています。このサントラ、評判いいんだよね。
本編は劇場へ観に行きました。旅行に行っても散策せずにホテルにこもったり、休日は布団もたたまずに一日中ゴロゴロしてる様な人向けの作品。閉鎖的でダラダラした感じと、皆で遊んでいても一人盛り上がれずに醒めてしまう、どうしようもなく居場所が無い感じが伝わってきて実にイイ佳作です。
でサントラ。国内盤との違いはジャケとボーナストラックが収録されていない事。ジャケの気だるげなスカーレット・ヨハンソンの顔が好きな人には国内盤かも。自分はビル・マーレイが好きなので↑こちらの方ががいいですね。ナカミは本編同様、なごむ感じの楽曲が"ながら"のBGMにはピッタリ。ただ、特徴的な(主張する)楽曲が皆無なのでポップなものを想像して購入すると失敗するかもしれません。
はっぴいえんどが"Happy End"って表記されると違うバンドみたいですね。12曲目、AIRの「Alone in Kyoto」が泣かすメロで心に染みます。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/13-2cbd6b85
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。