--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.09.19 

キリンジ「2in1」


絵の具のチューブを好きなだけ 親指の腹で圧し出したような
カエルは手のひら跳ね回る 待っていた重さだ 憂鬱も捌ける
(track.3 水色のアジサイの上)


タワーレコードに冷やかしに行ったらキリンジの棚にインディーズアルバム「2in1」発見。お金無かったけど無理して買ってしまった。インディーズ時代のシングル2枚を合わせただけの内容ですが、自分にとっては純粋に新曲が4曲入ったミニアルバム。最高です。
インディーズ盤とはいえプロデューサーは冨田恵一。脇を固める面子も通常アルバムと全く同じで、音はもちろん他のアルバムと比べて見劣りする事はありません。初期のキリンジの詰め込んだフレーズ、揺れる感じ、無難に終わらないシメがたっぷりと味わえます。「さよならデイジーチェイン」も雰囲気似ているから同じ時代の楽曲かな。
で、内容ですが「水とテクノクラート」「休日ダイヤ」共に凄まじくいいですね。これまで耳にしなかったのが信じられない。しばらくはこの2曲をヘビーリピートしそう。名曲「野良の虹」もver.違いが聴けてちょっと嬉しい。ベースと高樹兄さんのボーカルの音量が大きくて◎。
ジャケットの版画を制作した方のサイト

タワーレコードといえば、買い物袋にフリーペーパー「TOWER」が。ナカミは新譜の宣伝ばかりなんですが、ふと見ると天野月子がジェダイのコスプレをしていて大笑い。スターウォーズ好きなのかな?ニューアルバムのジャケも赤いカラーコンタクトまで嵌めてフォースの暗黒面に落ちたアナキンを気取っています。そうなると曲には興味無いけど歌詞カードのデザインが気になります。
天野月子の曲では「人形」が好き。
この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/12-16adb3f7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。