--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.16 

NHK教育「トップランナー」ゲスト:冨田恵一



NHK「トップランナー」は様々なメディアの最前線で活躍する人間をゲストに招き、生い立ちや趣味、どんなきっかけでに業界に関わるようになったかなどを語ってもらうトーク番組。ゲストは主にデザイナー、芸能関係、スポーツ選手など。同ジャンルの番組「爆笑問題のススメ」は作家専門ですが、こちらはミュージシャン中心。
今回のゲストは音楽プロデューサー冨田恵一。キリンジの楽曲全般に関わるプロデューサーということで以前から楽しみにしていたのですが、本放送はうっかり見逃してしまい後悔しきり。ありがたい事に友人がハードディスクで録画していて見る事が出来ました。親しみのあるゆったりとした口調(次第に砕けた話し方になっていくのがステキ)で音楽プロデューサー業の何たるかから、生音へのこだわり、音楽についての考え方まで語ってくれました。実際にスタジオで中島美嘉の楽曲を(丁寧に解説しながら)アレンジするなどサービス満点。
世間一般で言われている音楽プロデューサーは企画屋、責任者、人集めのイメージを出ませんが、冨田さんの仕事は『依頼された楽曲を最高のものにする』為にオケを製作することで、かなり細かい作業までこなすアレンジャーという印象。新人をスカウトしてこういう路線で売り出そうとか、マーケティングリサーチなどからはかけ離れた世界にいるようです。スタジオミュージシャンとして職人的な佇まい。
マンション内に作られた雑然としたスタジオの景観から、冨田さんの実直な人柄が伝わってくる様でした。BGMにスティーリー・ダンが流れたりして個人的にグッと来たり。ルックス、雰囲気はまるで堀込高樹みたいでした。気が合いそう。

関連リンク:本人によるトップランナー出演の感想tomitalabのブログ
冨田ラボ 音楽製作方法ロングバージョンYouTube動画

この記事へのトラックバックURL
http://qpd.blog24.fc2.com/tb.php/105-70b8f10a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。