--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2014.07.15 

A-10「同人少女まどか☆マギカ」

dohjin_madoka
「即売会参加者の心情は限りなく購入に傾いている。「欲しい物を自ら探してくれる客」というのは小売にとって最強なんだよ。あとは波長が君たちと合うかどうかだ・・・」(P26より)

同人誌即売会サンシャインクリエイション64にて頒布された魔法少女まどか☆マギカのコメディ4コマ漫画。地球外生命体インキュベーターとの契約により願いを一つ叶える代償に同人少女となった少女たちの苦難と成長の日々を描く。
ちょっと前にお手伝いしたファミコンレビュー本の見本誌をもらったついでに頂いてきました。一つ前の成人向けまど☆マギ本「少女は靴下とタイツで武装する」も珍しくシリアス路線かつ非常にワクワクする内容で楽しませてもらいましたが、今回もなかなかの力作です。表紙の細密な箱ドットキャラ絵に始まり4コマが毎度キチンとオチててスゴイw そして4コマながらストーリーはしっかりと進みカタルシスのあるクライマックスへ。A-10君はいつも自分の情熱を読者に伝える為、それをあらん限りの力と線で作品に焼き付けてきた感がありますが、最近は私の様なわりとライトなファン層にも充分楽しめるように描けるようになってきたなと感じます。渾身のストレート以外にジャブやフックも打てるようになったというか、読者に気持ちを優しく伝える技術&サービスが向上したというか。・・・ちょっと偉そうですね、ごめんなさい。でもホント面白かったよ。またこういう4コマ読みたいです。


過去記事:A-10「萌絵考古學大系」
A-10「ロードオブトラッシュ」


スポンサーサイト
投稿時間 12:55 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2014.07.03 

NHK-FM「今日は一日“ゲーム音楽”三昧II(ツヴァイ)」

gmz2014.jpg
放送は8月10日(日)午後0時15分〜10時30分(途中、ニュース中断あり)。
<司会>高橋名人、深川仁志アナウンサー ほか


実に四年振りにニッチ極まりない企画、ゲーム音楽三昧がNHK-FMに帰って来た!
ここ数年はボーカロイド曲ばっか聴いてたので最近のゲーム事情はさっぱりですが、久々にゲーム音楽熱が戻って来そうです。前回放送時はあまりにワクワクし過ぎ、期待し過ぎた為に、楽しさと同じくらい残念な思い(曲目とかゲストとか)も強かったので今回はあまり肩肘張らずに素直に楽しめそうです。あくまで全年齢向けのリクエスト番組だものね。前回放送曲はほぼセガとスクエニ無双な感じだったのでちょっとバランス取って欲しいかも。最新のでも最古でもいいからPCゲームと海外ゲームの音楽も少しは流すべき。あとゲストはボカロファンとしては前回一曲流れた御縁でデッドボールPとか呼ぶといいと思うよ!

関連リンク:NHK-FM「今日は一日○○三昧」公式サイト
過去記事:NHK-FM「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」


投稿時間 18:12 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2014.07.01 

弐瓶勉「シドニアの騎士」1~12巻

sidnia.jpg
「僕はガウナを見るたびにいつも思うんですよ 人間は生物としての在り方を変えなければいけないと」(6巻P18より)

「BLAME!」の弐瓶勉によるSFロボット作品。単行本は12巻まで刊行、現在も月刊アフタヌーンで連載中。2014年4~6月まで全12話でTVアニメ化、只今アニメ第二期も準備中。
人知れず地下で暮らしていた谷風長道(ながて)は尽きてしまった食料を求め、亡き祖父の遺言を破り地上へ上ることを決意する。即座に捕縛、拘束された長道はそこがシドニアという殖民宇宙船の中であることを知る。保護者に名乗りを上げた小林艦長の推薦の元、長道は人型兵器衛人のパイロットとして訓練を受けることになったが・・・。
たーがーためにー われはゆく~♪ 毎週とても楽しみにしていたアニメ版が終わってしまってえ?え?この先どうなるの?というか無茶苦茶話端折ってない?といかんともしがたい心持ちになってしまったので先程単行本大人買いして来ました。BLAME連載時はこのマンガ気持ち悪いなー早く終わってくれないかなー(すみません)などと思っていたのが嘘の様に読み耽っております。アニメもいいけど原作も抜群に面白いですわ。どこか加藤直之をホーフツとさせるハヤカワ古典SFの香りをベースに、トップをねらえ!の世界感や絶望感、スターウォーズのチーム感やスピード感。ナウシカやラピュタのような粘菌、構造物っぽさ、火の鳥を髣髴とさせる生命倫理観、タイトーやアイレムのシューティングを思わせる機体デザインや設定、オバケのQ太郎の如きハラペコさなど、思いつく限り既存のタイトルをべらべら並べ立ててみましたが純然たるオリジナルとして素晴らしいクオリティだと思います。ロボでSFで敵はグロテスクな不定形で・・・単語だけ切り出すと全くウケるような要素は無さそうなのに、まだこういう作品が受け入れられる素地はあるのですね。作者や連載誌の他、この作品を受け入れ育ててきたファンに感謝した気分です。非常に深刻極まりないストーリーにも関わらず長道周りのハーレム的と言うか、ラブコメ的な描写が多くて読んでて不思議と和んでしまうのが面白いですね。男女キャラクター皆に独特な愛嬌があります。

関連リンク:NIVIN 弐瓶勉 - Twitter


投稿時間 12:17 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。