--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2014.03.02 

Lamp「ゆめ」


ぽつりぽつりと開く 傘の花の中に君を探す
約束の6時半 駅前のバス停で独り 待ちぼうけだ(track.7「残像のスケッチ」より)


2000年結成の男女3人ポップユニット、Lampの7thアルバム。
こないだYoutubeで耳にした「さち子」という曲が凄く気に入ったので、このCD含めアルバムを4枚ほど購入して聴きまくってるところです。いいですね。久し振りに没入できる音楽に出会えた感じ。70年代ニューミュージック辺りの音でしょうか、キリンジに男性ボーカルの声質とか冨田恵一っぽさ(FINE~For Beautiful Human Life辺りかな)で共通点が多い気がします(フルート担当のメンバーがいるからかも)。大抵の曲はすうっと耳に入って来るんですが、ふいに不協和音ギリギリの奇妙なコードアレンジが施されていて面白い。あえて自然な流れに逆らうというか、その違和感そのものを魅力的な音として聴かせる、というような。繰り返し聴いて退屈しない独自の魅力があります。ただ歌詞に皮肉というか毒がないのと女性ボーカルの歌声が甘過ぎるのはちょっとした不満点ですね。好みの問題ですが。聴き込む事でいつかそれすらも魅力に思えてくるのかもしれません。

関連リンク:染谷大陽ブログ こぬか雨はコーヒーカップの中へ
染谷大陽twitter


スポンサーサイト
投稿時間 21:46 | 音楽 | コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。