--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2013.11.14 

R・D・ウィングフィールド「夜のフロスト」上・下巻


「おれは目下、手いっぱいなんだよ。子供は行方不明になったままだし、娼婦は殺されるし。つまりピルトダウン人と泥遊びしてる暇はないってことさ。無理を言うつもりはないけど、先生は今、おれの煙草を吸ってるんだってことを重々念頭に置いたうえで、警察医としての率直な意見を聞かせてほしい。」(上巻165Pより)

6月にもう出てたみたい。お待ちかねのフロスト警部5作目。次が最終巻。前作よりさらにお値段上がって上・下巻合わせて税込み2,730円。今回は言わせてもらう。マジ値段高い。高過ぎ。ハードカバーじゃないんだから。そして今から読む。

過去記事:R・D・ウィングフィールド「フロスト気質(かたぎ)」上・下巻


スポンサーサイト
投稿時間 21:29 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。