--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.02.27 

道満晴明「ぱら☆いぞ」1巻

paraizo1.jpg
呪!「このマン○がすごい!」第1位!(オビより)

コミックホットミルクと並び称される月刊エロマンガ雑誌の西の横綱、COMIC快楽天に連載中の下ネタ四コマ漫画。遅まきながら先日ようやく購入しました。もう発売から一年も経ってたのかー。うんこちんこま○この下ネタはただ単語を口にするだけでも面白いというある意味ズルい、卑怯な笑いのツボであるわけですが、近年ではエロゲー&エロマンガカルチャーの発達によりザーメンシャワーやらアヘ顔ダブルピースなど次々と新しいキーワードが生まれているコトバの最先端でもあります。日頃そういうのに疎いオッサンとしてはその辺りの前衛オタカルチャーに楽しく触れられる貴重な一冊。勿論そういうのを知らない一般人にも・・・・・・う~ん、どうなんだろう。もしかしたら楽しめないかも。道満センセの作品はゲーメスト時代からちょこちょこ読んでいたものの、そのあまりにシュールで虚無的な作風ゆえか熱心に読むことは無かったのですが、これは来ました。ビンビンに。あの突拍子も無い世界観が四コマという枠に区切られるだけで、こうもテンポが良くなりネタの爆発力が増すとは。これまで下ネタ四コマといえば倉島圭のメグミックスでトドメをさしてたんですが、その牙城を揺るがす勢いです。呪田さんや弱田さんとかキャラクターがみなポップで可愛らしいのもいいですね。そういえばこれもあずまんが大王から始まる萌え四コマの系譜なんだなあと改めて思ったり。
単行本収録するにあたっては雑誌掲載分からいろいろ修正されていたりします。個人的に朧先輩と芹沢さんの顔書き直しは非常に残念・・・というか読み返したら修正凄いの最初の一話だけ?何か貼ったトーンがヤバかったとか?ってそんなワケないか。

スポンサーサイト
投稿時間 22:12 | 漫画 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.02.24 

リドリー・スコット「プロメテウス: 公式予告編」


人類の起源を探しに旅立った一向 しかし彼らが発見したのは 人類を終わらせるものだった

リドリー・スコット監督の「プロメテウス」は2012年6月8日から全米で公開予定のSF映画。1979年に公開されSFホラーの金字塔となった「エイリアン」。その前日譚が同じくリドリー監督自身の手により描かれる。あの異文明の巨大な宇宙船は一体何者によって造られ、どこから来てどこへ行くのか。30年間語られなかったスペースジョッキーの正体とは?テラフォーミング船プロメテウスの一行が宇宙の深遠で目にしたものとは?ギリシャ神話で火を人間に与えた罰として永遠の苦痛にさいなまれるプロメテウスとは一体誰のことなのか?
ぎゃー!この予告編を目にしてしまってからもー頭の中こればっかですよ。みみみ見たい!早く見せろ!これまでに公開された情報を総合すると、大枠としてはエイリアン一作目と登場人物、ストーリー共に非常に近いもののように思えますが(女性主人公、男性船長、ウェイランド社のアンドロイドや未知の宇宙船内探索など)どう展開していくんでしょうか。宇宙に冠たるブラック企業、ウェイランド・ユタニ社のエリートが一人船に同乗しているのが一作目キャストとの明確な差異ですね。一作目で横たわっていた宇宙船がいやらしく屹立していたり、あまつさえ地表でタイヤみたいに縦回転してたり、船内に並んでいるのがエイリアンの卵でなく墓標みたいな感じだったり、その大広間の巨大なヒトのデスマスクとかそもそもそこは惑星LV-426なのかどうなのか、気になるところ多過ぎです。私のつたない予想だとあの宇宙船はつまりR-TYPEのバイドみたいな感じじゃないのかと思ってるんですけど。人類が敵対陣営の住む惑星を丸ごと殲滅する為に作り出した自動兵器。作り出した人類自体は暴走したそれによって滅び、自動兵器は星々の海を渡り独自の進化を遂げ、母なる地球に帰還しようとしている・・・なんてな。実際R-TYPEも映画エイリアンが公開されなかったら存在していなかったかもしれないほど、デザイン的にH.R.ギーガーの影響の強い作品なのでその辺の妄想も楽しいのです。一作目の原案・脚本を手がけたダン・オバノンがもし今生きていたらどんなシナリオを書いたんでしょうか。この作品に一作目構想時の設定が少しでも生かされていたらいいなと感じずにはいられません。日本では今夏の8月6日に公開されるとのこと。待ち切れないですよホント。楽しみだー。



3/18追記:公式フルトレーラー来たー!!おおお妄想が膨らむ!心拍数も上がってきた!ついに粘液が来ましたよ粘液が。ネチョッて。糸引いて。月の遺跡に何か座標が記してあったんですかね。象形文字みたいなものが伺えます。やっぱり誰かが宇宙船内で感染して変化していく展開っぽい感じ。感染した乗組員がスペースジョッキーになっていくとか・・・?物語はエイリアンの起源、誕生まで語られるんでしょうか。興味は尽きません。
投稿時間 19:18 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。