--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.01.26 

小西康陽「マーシャル・マクルーハン広告代理店。ディスクガイド200枚。小西康陽。」


選曲は自分の営業品目のひとつなのだが、この仕事にはどこか食通のような卑しさが付きまとう。考えれば考えるほど後ろめたさを拭うことの出来ない仕事であるならば、いっそ何も考えず、ただ快感原則に従うべき。(P222~225より)
CDなど全く集める価値がない。まして音楽配信など以ての外。(中略)そもそもディスクガイド本を買う人間に音楽がわかるはずがない。(裏表紙より)


音楽グループ、ピチカートファイブの元リーダー小西康陽によるレコードガイドブック。学研の200音楽書シリーズの一つ。著名なレコードコレクターである著者による名盤レコード200枚の紹介、及び自らの音楽遍歴とポップミュージックについての考察など。ジャンルは主にジャズ、ポップス、ソフトロック、映画音楽など。
恥ずかしながら私も毎日のように中古レコードショップに通ってワゴンを漁っていた若かりし時期がありました。ああ古着屋と線香の香り漂う青春の日々よ。漁ってたのはレコードじゃなくてその下の棚のファミコンソフトでしたけども。物心付いた頃にはサンヨーのモノラルラジカセでFMラジオ聴いて、アメリカンTOP100とかをテープに録っていた少年としてはレコードというのはあまりに縁の遠いシロモノでした。何しろプレイヤーがウチに無いわけで、レコードなんてものを見るのは学校の音楽の授業のクラシック鑑賞くらいのもの。今でこそ駆け出しオーディオマニアの友人宅でドナルド・フェイゲン「ナイトフライ」をCDとレコードを聴き比べて『お~やっぱりCDよりレコードの方が音域広いよね~』とか言ったりしてますが、自宅のメイン環境はスピーカーが片方壊れた3万円のCDMDテープラジカセなので音の良し悪しなど分かるはずもありません。いや左が聴こえなくなることで面白くなるんですよステレオは。マジで。
それはともかく音楽評論家によるディスクガイドというものも一時期読み漁っていたのですが、聴くCD聴くCD世間で名盤と言われているアルバムがことごとく駄目で『やっぱり俺にはホンモノの音楽なんて分からんわ』といつの間にかアテにしなくなってしまいました。友人から借りたこの本は紹介アルバムに意外とヒットが多くて楽しめたもの。紹介されたアルバムを聴いていくうちに『何だバート・バカラックとフィフスアベニューバンドがあったらピチカートファイブ意味ねーじゃん』と少し思ってしまったりとオススメ半分、ネタばらし半分なのも楽しいです。あとコトバ。刺激的な言葉。1974年以降の音楽に聴くべき価値などない。などと煽るような言葉があちこちにあるのが面白いです。そう言いながら1974年以降の音楽もフツーに紹介するし、CD音源も結構褒めていたりして。そういう意味では自分にとってディスクガイドと言うより自己啓発系の名言集に近いものがあります。この人の言葉の世界観好きだなあ。女性の言葉で歌詞を書くことは、さほど困難ではない。もちろん女性の心理などまったく解らないのだが。なるほど。童貞でなくても童貞ソングを書ける峯田和伸とかに近いものがあるな。秋元康とかその辺どうなんだろう。

スポンサーサイト
投稿時間 20:16 | 書籍 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.01.24 

ボカロと人が共に歌うデュエットソング


OSTER_project - 【クレモンティーヌ×初音ミク】魔法使いのショコラティエ

例の記事から来てくれた方々に感謝の意を込めて。まるで超新星爆発の様な、このブログ始まって以来最初で最後の多量アクセスでした。ありがとうございます。
さて、ボカロPのふわふわシナモンことOSTER_projectさんが昨日発表した新曲「魔法使いのショコラティエ」。これは伊勢丹新宿店で行なわれるチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラのテーマ曲としてフランスのボサノバ歌手クレモンティーヌさんと初音ミクのデュエットで製作されたもの。思わず口笛をハミングしたくなるようなポップなボサノバソングを、クレモンティーヌさんとミクさんが楽しそうにデュエットしています。合成音声とプロの歌手の歌声のデュエットというとどうしてもミスマッチになりそうな感がありますが、その辺りを見事な調声で違和感無く馴染ませていて素晴らしいラウンジサウンドに仕上がっています。さて今回は「魔法使いのショコラティエ」と同じく初音ミクと人(ボカロP)がデュエットしたナンバーの傑作を、いくつか紹介してみたいと思います。既にボカロ良曲集で紹介済みの曲もありますが、中々の聴き応えなので是非ともこの期に視聴してみて下さい。

関連記事:寝る前に聴きたいボカロソング
ボカロの春ソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
暑い夏の日に聴きたいボカロ曲
ボカロのクリスマスソング
渋谷系&ギターポップなボカロ曲

続きを読む
2012.01.23 

鏡音リン・レン100選

rinren100.jpg

ツイッターで呼びかけがあったボカロ100選企画の記事です。
ふた月ほど前に渋谷系&ギターポップという括りでやらせてもらいましたが、かじもとさんのリンちゃん100選マイリスを観たらまたやってみたくなったので、自分の好きなリンちゃん曲を集めてみました。が、全然100曲に満たなかったので、最近よく聴いてるレン君の力を借りて何とか100曲集まりました。結果鏡音選に。思えばミクの歌声にようやく慣れた頃(08年くらい?)にはリンの声はまだキンキンと尖った感じがして聴きづらい、歌詞が聴き取りづらい、などと思うこともしばしばでしたが今でAct1、Act2のソリッドな声が逆に気持ちいいと感じるまでに。近年はロック系ボーカロイドとして後発のメグッポイドにちょっと先に行かれた感もあるものの、リン廃と呼ばれるリスナーやイラストレータ、P共にディープなファンに支えられての安心感は他のボカロの比ではありません。レンと共に今後も活躍していってくれるボカロでしょう。うわーーっリンちゃんだーーーッ。

関連リンク:ボカロとかの100選用まとめ - Togetter
関連記事:渋谷系&ギターポップなボカロ曲
極私的ボカロ良曲100選(2007~09年)

続きを読む
2012.01.04 

ぴあ「トムとジェリー DVD名作集」宝島社「トムとジェリー DVD BOX vol.2」


針 - サボテンや、巣箱の屋根の裏面に付いている。トムの尻などに刺さったあと、水を飲んだり水に飛び込んだりすると、刺さった穴から水が漏れる。
地下への階段 - トム・ジェリー他が落ちたり、逃げ込んだりする。大抵は、ジェリーが扉を開け、追いかけてきたトムが落ちる。
西瓜 - 日本のスイカと異なり楕円形をしている。トム、ジェリーとも、勢いよく食べた後に、種を口からマシンガンのように連射して互いを攻撃する。(Wikipediaより)


狭い家の中で走り回って騒ぎまくる手に負えないガキンチョ共を問答無用で黙らせる最終兵器トムとジェリー。アメリカで1940年に製作され、現在も新作が作り続けられている人気シリーズです。ほぼセリフ無し、フルオーケストラのBGMと完全にシンクロしたアクションで魅せて魅せて魅せまくる!ジェリーが逃げる!トムが追う!トムがぶつかる!トムにヒビが入る!割れる!気持ちの良い(オーバー)アクションやリアクションの為には物理法則を無視することも厭わないこの爽快さ。幼稚園児からリタイヤした親爺まで見る者全てを釘付けにする超キュートなコメディ作品であります。な・か・よ・くケンカしなー♪
私は夕方に放送していた3本立てのトムとジェリーをさんざ見まくった世代で、ドルーピーなどトムジェリ以外の真ん中作品も好きでしたし、製作当時の規制の為トムとジェリーが全く喧嘩しないトム&ジェリーショーも大好きでした。特にトム&ジェリーショーはオープニング(YouTube動画)が大のお気に入り。本編もBGMや効果音がとてもポップで楽しかった記憶があります。「ガードマンガードマンこ・ち・らガードマン」等名ゼリフも未だ脳裏に焼き付いたままです。エピソードでは氷あそび(YouTube動画)とピタゴラスイッチみたいな複雑なネズミ捕り装置のやつ(タイトル不明)と人造ネコあたりが特に好きでした。画像のDVD2本は共に2009年に発売された2枚組のDVDBOXで、お値段980円で約30話、4時間超収録されている超コストパフォーマンスな1本。残念ながらこのチョイスだと10話近く収録タイトルが被ってしまうので、今なら日本語吹き替え版が入っているぴあのDVD名作集を1,2と購入するのが一番お得だと思われます。ホント買った当時から役に立ちっぱなしですが、この年末年始も大活躍でした。

テレビ放映時の次回予告(YouTube動画)とか今聴くと泣けてくるなあ・・・。

tomjerryaction.jpg

どこかで拾ったトムジェリアクションの作画イロハ。一枚絵なのに何をする途中でこれからどう動くのか、容易に目に浮かびます。見ていると今にも動き出しそう。この説得力は凄い。
投稿時間 21:39 | 映画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2012.01.01 

ヨシリツ株式会社「LaQ(ラキュー)」


人形や特殊パーツなどのオプションが充実しているブロックが多い中、LaQ(ラキュー)は2種類の基本パーツと5種類のジョイントパーツだけで遊ぶことができます。また、他のブロックには不可能な球体も作れ、表現力が豊かなので違った楽しみ方があります。(公式サイトより)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。年末は甥っ子とカイジの限定ジャンケンとEカードをチャンポンにしたカードゲームを作ってテストプレイしてたらいつの間にか新年になっていたqpdです。画像はその甥が知育ブロックLaQで組んだ人型ロボット。えらく出来がいいやらカッコイイやらで思わず「どこの兄ちゃんに作って貰ったんだコレ」などと大人気ないことを言ってしまったんですが、色もトリコロールカラーでバッチリ決まっているし、腰まわりの装甲といい足元の泥除けのハッタリの利いたラインといい、キングゲイナーを思わせるグラマラスな空洞ボディといい、スパルタンな円形シールドの艶かしい曲線といい、上半身の総重量を人知れず支え精一杯頑張ってる背骨パーツといい、パッケージで売っていてもおかしくないレベルでマジ感心してしまったわけです。まあデザインそのものは甥っ子が大好きなダンボール戦記のアキレス辺りの影響であることは確実なんですが、幼稚園児がそういうアニメのロボットのフォルムをブロックで大なり小なり再現してしまえるというのがLaQの凄さというか。さすが伊達に幼稚園で半日LaQいじくりまわしていないなと、あのチビスケの腕も勿論侮れません。かたやダイヤブロックのスカスカしたジョイントで極彩色の四角いデコボコとしたロボットみたいな塊を、わりと小学生の高学年まで嬉々として作っていた私としては感慨深いものがありました(ここで間違ってはいけないのは私はダイヤブロックを愛してるということです)。そしてお前コレ絶対LaQコンテストに送れよと甥っ子に言い含めて彼は帰宅の途についたわけです。ジョイント部分を目にしたΦ_Φ←こういう典型的なLaQフェイスが怖くて今まで敬遠してたんですがLaQスゲエな!アイツが飽きたら全部引き取ってやろうかな!きっと一生遊べるぜ!
投稿時間 22:43 | 未分類 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。