--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.12.31 

桑田佳祐「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」


確かに、かつてのようにひとつの歌が多くの国民の心を掴んだ時代・・・などというのはもはや幻想かもしれない。(中略)インターネットの彼方から 携帯電話の向こう岸から 巨大な情報社会の大海原を渡って ヒット・ポップスという名の炎はいまや大衆の中にではなく 我々ひとりひとりの胸の中で思い思いの形となって時を超え、熱く静かに燃えているのだ。

もう少しで一年が終わるという年末のどん詰まり、皆様はどうお過ごしでしょうか。私の大晦日は桑田佳祐のひとり紅白を洋間のTVにエンドレスで流しながら大掃除してました。もう2年前のDVDですが聴くたびに良くなるというか、年を経るごとに本作の魅力が増していくというか。桑田嫌いの親父も「こいつ歌うめーな」と見直す勢いですよ。地上波でレコ大見ても紅白見ても知ってる曲が皆無な昨今、昭和生まれのオッサンなら知らない曲が一つも無いレベルのこの選曲は壮・絶。収録時間3時間半、全61曲。日頃ボカロだのゲーム音楽だの聴いてる人間が最近のメジャー音楽シーンをどうこう言うのも馬鹿馬鹿しい話ですが、娯楽の競合相手がいなかった一昔前が歌謡曲にとって黄金期だったのは紛れもない事実なわけで。ビデオゲームももしかしたらそうだったかも。皆が聞いて同じ歌を聴いて歌って、皆がファミコンで同じゲームをしていた時代があったんだなあとしんみりしちゃったりします。オッサンが好きな曲をカラオケしてるだけ、という批判もあるみたいですが、よくある懐メロ番組で御本人がすっかり涸れたノドでフラフラと安定しない歌声を披露する姿は、わりと正視に堪えないものがありまして。あんな残酷な真似をする位なら、こういう実力のある歌手に名曲はどんどん歌い継いでいって貰いたいと思う次第であります。
さて前置きが長くなりましたが本年も真にお世話になりました。来年もよろしく。
スポンサーサイト
投稿時間 23:59 | 音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.12.11 

YouTubeで聴くゲーム音楽の海外アレンジ

ボカロ曲のヘビーリピートに押されて最近ご無沙汰しているゲーム音楽ですが、OverClocked ReMixやDwelling of Duelsの投稿曲など海外のゲームファンによるアレンジ曲は結構聴いてたりするのです。お気に入りのアレンジャーやアレンジ曲は山程あるのに、これまでvirtさん位しか紹介記事を書いたことが無かったので、この際ちょっと並べてみようと思い立ちました(こればっか)。誰でも手軽に聴けるナンバーということで、Youtubeにアップされているもので原曲に忠実なアレンジのものをセレクトしてみました。並べてみたらほとんどDwelling of Duels投稿曲になってしまいましたが。
ゲームタイトルあいうえお順、リンク先全てYoutube動画です。

prozax - Kick My Axe(アクスレイ)
virt - Once Upon a Time in Transylvania(悪魔城伝説)
CarboHydroM - Antimatter(斑鳩)
ansgaros - Fall of Garuda(KAGE)
prozax - Power Up!(グラディウス1,3)
Ergosonic - Continua(クロノトリガー)
DANIMAL CANNON - Lucca/fanfare(クロノトリガー)
Reuben Kee - The Place We Knew(クロノトリガー)
ansgaros - Irresistible Force(魂斗羅シリーズ)
The Minibosses - 魂斗羅
malufenix - The Dragonborn Comes(The Elder Scrolls V: Skyrim)
Oberlin bassoon quartet - スーパーマリオシリーズ
Thierry Gomez - スーパーマリオブラザーズ
Tom Brier - Birabuto Kingdom(スーパーマリオランド)
8 Bit Instrumental - スーパーマリオワールド
Tom Brier - スーパーマリオワールド
virt - Crystal Flash(スーパーメトロイド)
CarboHydroM - Like Father Like Son(スターフォックス)
Eric's Little Shack - ストリートファイターII
Dr.Manhattan - Type Valentine MX5(ストリートファイター2010)
CarboHydroM - Unsealed(ゼルダの伝説 神々のトライフォース)
Sixto Sounds, zircon - Subterranean Kamikaze(TMNT タートルズインタイム)
Tom Brier - トイポップ
The Minibosses - ドラキュラ2 呪いの封印
CarboHydroM - Grow(ドラゴンクエストII 悪霊の神々)
norg - Frenzied Encounters(ドラゴンクエストIV 導かれしものたち)
QUICK SHOT - Nemotherapy(パジャマヒーロー NEMO)
Girlz Melon - Level Up(ファイナルファンタジーシリーズ)
ilp0 - In the Land of Dwarves(ファイナルファンタジー4)
Tepid - Fisherman's Revelation(ファイナルファンタジー8)
The Gifford Children's Choir - Still Alive(Portal)
Roomie - Still Alive(Portal)
Tom Brier - 魔界村
Dale North - Home again(MOTHER)
virt - Get on the Bus(MOTHER2)
virt - MY FREQUENCY IS 140.85(メタルギアシリーズ)
virt - Rocket Lounger(メタルスラッグ)
stemage - Kraid(メトロイド)
stemage - The Ending(メトロイド)
housethegrate - 1st Movement(魍魎戦記MADARA)
The Minibosses - 夢工場ドキドキパニック
ilp0 - Lizardiño Slayer Quartet(夢工場ドキドキパニック)
Tom Brier - 夢工場ドキドキパニック
Tom Brier - athletic theme(ヨッシーアイランド)
The Advantage - Frashman(ロックマン2)
CarboHydroM - Killer Pawn(ロックマン2,3)
CarboHydroM - Sweet Memories Of Earth(わんぱくダック夢冒険)

とりあえずこんなもんかな。検索してみたら意外とあるもんだ。好きな人はほとんど名前出せた感じで満足。お目当ての曲が見付からなかったRyan8bitさんなんかは音源が全部ここにあるので是非一度聴いてみて下さい。

過去記事:サカモト教授「スーファミ元気玉」
virt「FX3」
関連リンク:大人にならない 国内外を問わずゲーム音楽の同人アレンジ情報ならここ。
投稿時間 00:59 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.12.07 

ボカロのクリスマスソング

vocalochris.jpg

今年もクリスマスの季節がやってきました。私自身はクリスチャンでも何でもないのですが、誕生日が12月ということもあって何だか気分が盛り上がる時期ではあります。ご多分に漏れず毎年クリスマスと誕生日を一緒に祝われてしまうのがちょっとシャクな感じでしたが。この時期、特にリア充でなくてもクリスマスツリーやイルミネーションで街が華やかになるのはいいですね。デコレーションや包装紙を目当てに百貨店をブラブラしたくなるというか。さて今年はボーカロイドのクリスマスソングを何曲か選曲してみました。いくつかの曲は毎年恒例のボカロ良曲集で紹介済みですが、ジャンル分けして並べたことがなかったのでこういうのもいいかなと。今後もボーカロイドのジャズやロックなどをこういう感じで紹介していきたいです。

関連記事:寝る前に聴きたいボカロソング
ボカロと人が共に歌うデュエットソング
ボカロの春ソング
雨の日に聴きたいボカロ曲
暑い夏の日に聴きたいボカロ曲
渋谷系&ギターポップなボカロ曲

続きを読む
2011.12.02 

Call of Duty: Modern Warfare 3 live action trailer「The Vet & The n00b」



ゲームソフトのTVCMスレで貼られていて気にいったので。人気FPSシリーズ、コールオブデューティーの最新作のライブアクショントレーラー。私はあまりFPSをたしなまないなんちゃって箱プレイヤーなので、こういうトレーラーには普段縁が無いんですけど、これはカッコイイですね。マイケル・ベイ作品っぽい軽さというか、バディムービー的なコミカルさがあって見ていて気持ちいいです。BGMはAC/DCのShoot to Thrill。映画アイアンマン2の主題歌に使われた曲らしいですね。エシディシもこれまで一度も聴いたこと無かったけど、ザラついた歌声の高音の伸びがロバート・プラントみたいで非常にカッコいい。今度CD買ってこよう。ちなみに作中のキャラクターの名前はVET=ベテラン、n00b=初心者という意味だそうです。



ついでに似たようなコミカル系のライブアクショントレーラーを探してみたんですが、シリアスなものしか見つからなかったので大好きなFreddie Wongのミリタリー系動画をペタペタ貼っておきます。これは殺陣がリベリオンぽくてカッコいいですね。互いに拳銃を奪い合う近接戦。

貼り過ぎたので後は収納しときます。

続きを読む
投稿時間 00:06 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.12.01 

石川雅之「純潔のマリア」1,2巻


「フクロウがネズミを狩る時、あなたはネズミを救わない。すべては自然の摂理なのよ」(1巻P112より)

good!アフタヌーン連載、「もやしもん」の石川雅之による中世魔女もの。
中世ヨーロッパ、フランスとイングランドの百年戦争後期(1449年頃?)、戦線に程近いフランス領の田舎町の一角に小さな森があった。マリアの森と呼ばれるその森には晴れの日も一日中霧がかかっており、戦嫌いの魔女が一人住んでいるといわれていた。そして崩して欲しい戦陣の名を記した矢をその森に打ち込めば、その夜には夜魔が現れ朝には戦場は消えてなくなるという噂がフランス兵の間では囁かれていた。
反戦主義の魔法少女マリアが世界平和の為に戦うお話ということで、農業への啓蒙活動的な作品「もやしもん」といい石川雅之という人は真面目で志の高い人だなあと感じます。もやしもんがその題材の為か展開や盛り上がりに乏しいので、お話、展開ともにこちらの方がストーリー漫画していて楽しめます。いや、もやしもんも好きですけども。大国同士の争いに巻き込まれ苦しむ人々の祈りに対し何の奇跡も起こさない神と、神の代弁者と自らを偽り私利私欲の為に権力を振りかざす腐敗したローマカトリック教会、天上と地上両方の教会の欺瞞に怒る魔女マリアはヒロイックで非常にカッコイイです。神様が本当にいるなら何故奇跡は起きないの?という誰もが一度は思う疑問に対しての作者なりの返答と言うか、真面目に考察されてる感じがしていて好きです。石川作品につきものの極限までデフォルメされたどうぶつたち、脇を固める使い魔たちも非常にカワイイ。通常はこき使われる部下ポジションなのが、時には世間知らずの少女マリアを優しく諭す保護者ポジションだったりといい味を出しています。
作中天使長ミカエルが地上に降臨したり、戦場には北欧からワルキューレが勇者の魂を越境スカウトに来てたりとヨーロッパの神々はバンバン登場しますが、現実社会には一切関わらないというのが面白いですね。空を飛んだり召喚獣を使役したり非現実的な力を行使できるのは魔女だけ。それも大っぴらに使うことは神様が許さないということは魔女の力=神様の力なんですかね。それならなぜ許されない力を神はわざわざ僅かな人間だけに与えたのか。「全て神が示し導くなら、神は世界など創らずに物語を一篇つづればよいだけだ」というのは劇中のミカエルのセリフですが、魔女の存在理由などもこれから作中解明されていって欲しいと思います。話を長く続けるような設定ではありませんけども。
あと石川センセの漫画はやっぱり人の顔が気になりますね。皆同じ目をしてるというか、顔もほぼメインキャラの女性顔かモブのリアルオッサン顔の二択というか。服や鎧などの書き込みが凄いのでその辺余計に気になってしまうところです。
投稿時間 21:33 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。