--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.06.30 

荒木飛呂彦「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」


観客はそれを楽しむことも含めて自分の思うように受け取る権利がある。いや、権利とまで言ってしまうと大袈裟かもしれませんが、「こういう映画だからこう見ろ」なんていう意見に対して、皆さんは「クソ喰らえ」と言い返しましょう。(中略)フィクションと知って恐怖を見据える力さえ身に付けられれば、あらゆる映画の中でホラー映画ほど面白いものはないのですから。(P11、12より)

「バオー来訪者」「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家荒木飛呂彦によるホラー映画論。「田舎に行ったら襲われた系」「構築系」など氏独自のカテゴライズで主に1970年代以降の作品について語る。他巻頭に「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画Best20」が掲載。
バルバルバルバル バルバルバル!バオーで荒木作品にハマったオッサンとしてはかなり楽しみにしていた一冊。荒木センセは奇抜な発想とキャラクター造形、印象的なセリフや擬音を武器に少年漫画界の一線で30年以上も走り続けてきた方。こと少年向けアクション漫画の世界においては最も尊敬され、今現在でもそのスタイルや名セリフが多くの作品で引用、模倣され続けている稀有な人だと思います。その御大が創作の参考にしてきた作品、発想の源流は一体どんな作品なのか?『あれだけブッ飛んだ作品を描く人が選ぶ作品はさぞかしマニアックで人を選ぶに違いない』『世間一般で名作と呼ばれている有名作もやはり一般人とは評価するポイントや視点が違うのでは?』などと色々期待しながら読んでみましたが、意外や意外。きっちりと整頓された分かりやすい文章で、どこからどう読んでもホラー映画の初心者向けガイドブックになっています。個人的には冒頭の『僕がその作品に"恐怖"を感じたならッ!それはッ!たとえホラー映画というジャンルではなくてもッ!僕にとってのホラー映画となり得るんだッ!!(意訳)』という実に"らしい"勢いのまま最後まで執筆して欲しかった気もします。別にホラー映画をジャンル別に几帳面に解説しなくても、荒木センセが『わッ!怖ぁぁいッ!』と思った映画をただ延々並べてくれればファンにとって最高の一冊になること請け合いだったんですが。そこは少し残念でした。
というわけでナカミは至極まっとうなホラー映画の分析及び評論であり、その多くが一般の視聴者と同じ目線で書かれているので、荒木飛呂彦という人に非常に親近感を覚える内容となっています。走りゾンビはアリだけどランド・オブ・ザ・デッドのビッグ・ダディ(自我を持ったゾンビ)はNGだとか、ヘルレイザーの魔導師超カッコイイとか、ファイナルディスティネーションは1が至高とか、アイ・アム・レジェンド、ハプニング辺りは結構好きだとか、まるで私が友人と会話している様な内容で、読んでいると荒木センセと一緒に映画談義で盛り上がれそうな気さえしてくるんです。あと創作に携わるものとして(多くの場合原作者という立場に立つ者として)作品の作り手に対しての敬意がそこここに感じられるのもいいですね。それはキューブリックの「シャイニング」よりもキングが作った「シャイニング」をオススメするところや、世間が言うところのポンコツ映画、ボンクラ映画というバカにした言葉で作品を安易に切り捨てたりしないところに伺い知る事ができます。まあフォーガットンはトンデモ映画でオチが反則だとは言ってるんですがw
取り扱う作品が70年代以降とちょっと新しめなのでヒッチコック作品や、ドラキュラものが出て来ないのと、当然出て来ると思っていた激突!が紹介されなかったり、ジョジョの元ネタ的な裏話は少ないので期待した人は少しガッカリするかもしれませんが、一般向けの書籍としてはなかなかよく出来た本なんじゃあないでしょうか。私もチェック漏れの作品がいくつかあったのでこれを期にまた観てみたいと思います。
スポンサーサイト
投稿時間 19:00 | 書籍 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.06.09 

スピッツ「さわって・変わって」

asahi.com(朝日新聞社):羽生名人が勝ち、決着は最終局へ 将棋名人戦第6局 - 文化
【2ch】ニュー速クオリティ将棋名人戦 永世ν速公認棋士の羽生が3連敗から奇跡の3連勝で森内に逆王手!

第69期将棋名人戦七番勝負、羽生名人対挑戦者森内九段。羽生名人が三連敗後三連勝で最終局へ。私将棋はドシロウトなので(駒の動かし方が分かる程度)どういう勝負の流れだったのかは知る由もありませんが、こういう土俵際の粘りとか大逆転劇はいつ見ても興奮しますね。ここで積まなければ自分が即積み、唯一のチャンスが最大のピンチと隣り合わせという受け攻め一手の攻防が熱いです。


もういいや、とか言いたい時に こらえる愚かさで
三連敗のち三連勝して 街が光る


スピッツで一番好きな曲で昔カラオケでも良く歌っていました。収録されてるアルバム「三日月ロック」も大のお気に入りで繰り返し聴いてましたね。いつものスピッツより気持ちロック色強めなのが良かったです。

関連リンク:【将棋】永世竜王誕生! タイトル戦初の3連敗4連勝で渡辺明竜王が羽生善治名人の挑戦を退ける 第21期竜王戦七番勝負第7局 -2ちゃんねるの噂
投稿時間 19:45 | 未分類 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.06.08 

XBOX360「ジャストコーズ2」


「い~いねェ~~」「ク~ズ野郎~」「目~ざわりなヤ~ツめ~」「豚を狩~るようにいたぶってやるぜ~」「出血かッ!いい気味だッ!」

スウェーデンのAvalanche Studiosによる2010年発売のオープンワールド型TPS。南国の島国パナウを舞台にCIAエージェント、スコーピオが独裁政権に立ち向かう。日本語版はローカライズに伴う仕様変更で様々な要素が削られ多くのユーザーを失望させた。主な変更点は「一般人は死なない(殺せない)」それに伴う「一般人殺害関連の勢力ミッションが4つ削除」「野良ゲリラ全削除(フィールド上の内乱状態が事実上消滅している)」「ケシなど麻薬関連のテキスト変更」など。
南太平洋上に浮かぶ自然豊かな小国パナウ共和国。良き統治者であったパナイ大統領の死後、権力の座についた息子ベイビー・パナイは軍事独裁政権を敷き、南国の楽園を暴力と恐怖の監獄に変えてしまった。アメリカ中央情報局は腕利きの工作員リコ・ロドリゲス(通称スコーピオ)をパナウに派遣、反政府活動を行なうと共に、連絡を断った前任者でありスコーピオの師匠でもあるトム・シェルドンの捜索に当たらせるのだった。
体験版が無性に面白かったので買って来ました日本語版。改悪ローカライズは後から聞いて正直しまった!と思ったり。一般人殺害関連はともかく内乱状態の演出が一切無いというのはやっぱりヘンだし残念ですね。幾らゲームを進めても抵抗勢力の影も形も無く、相変わらずパナウ軍兵士だけが島中を闊歩しているビジュアルは軍事独裁政権が全く揺らいで無いかのように見えてしまいます。反政府勢力の拠点が人っ子一人いない無人状態とか、パナウで一大勢力を誇る筈のゲリラとイベント以外で全く遭遇しないとか、ほとんど戦時中の検閲レベルw。最悪制圧した所だけでもパナウ軍の兵士が出現しなくなっていたらいくらか雰囲気はマシだったと思うんですけどが。世界感の根幹に関わる変更なので返す返すも残念至極。
まあそれはそれとしてわりとハマっていますジャスコ2。まず景色がとても綺麗でお散歩が楽しい。街中や砂漠はともかく森や水辺はしばし手を休めて見惚れる美しさ。時間の経過にともない虫の音が響く夜の闇、鮮やかな朝焼けからセミの喧しい昼間、全てが朱に染まる夕焼けと各ロケーションを彩る光源の移り変わりが非常に綺麗です。なので豊富な種類のクルマやバイクでのドライブがとても気持良い。ヘリコプターやジェット機で遥か上空から見る遠景もなかなか。パナウ共和国のモデルはタイやインドネシアらしいですが、こんなに風光明媚な場所なら一度旅行に行ってみたいと思わせる心地良さがあります。
乗り物は機種毎にはっきりパワーが差別化してあってそれぞれ異なる乗り味が楽しい。原付では坂が上がり辛いとか、1200ccだと速過ぎてアクセル全開が怖いなど。乗り物全般がひっくり返り難い挙動なので、かなりひどい転倒でもしっかり着地するのが不思議な感覚です。戦車で断崖絶壁を滑り降りるとかムチャな運転もかなりイケます。
そしてグラップリングフック。移動に戦闘にお遊びに使える超便利ガジェットです。高層ビルに引っ掛けスパイダーマンの様に摩天楼を飛び回ったり、襲い来る戦闘ヘリに飛び乗り強奪したり、高所に陣取ったスナイパーを引き摺り降ろしたりと使いこなしが楽しい。他にも敵を吊るし殺す、乗り物に繋げて引きずり殺す、浮かして空中で撃ち殺すなど正に「どうやって相手を苦しめるか、次から次へとアイデアが湧いてきて、実行するのが追いつかない」レベル。現実でもふと街中で高層ビルを見る度にグラップリングフックでどう効率良く登るか妄想してしまう自分がいたりします。
そして世界の広さはリアルスケール1000平方キロメートル、恐ろしいまでのだだっ広さ。それこそ歩いて隣町へ行くのすらおっくうなレベルで自然ヘリコプターなどでの移動が主になるワケですが、ヘリで誘導ミサイルに怯えながら軍事施設を次々と破壊していく様は、まるで往年のバンゲリングベイをプレイしているかのような感覚。まあ焦らず騒がずハイキング中のスタンプラリーをするようなノリで現地のインフラを破壊して歩くのがこのゲームの醍醐味なのだと思います。
ラジオが無いのがちょっと残念な部分。オープンワールドはプレイ時間が長いので劇判以外に何かしら垂れ流しの音源が欲しくなります。箱○ならカスタムサントラがあるじゃんとは言われそうですがそこはそれ、やっぱりゲームの世界観を深められなおかつサプライズのあるBGMが欲しいところ。そうですね、軍事政権のプロパガンダチャンネルとゲリラ各派のアジテーションチャンネル、リコのipodと5チャンネルあればいいかな。あとは現地特産のアニマルが生息してたら完璧。山中にクマが出たり、夜間は野犬が出たり、川に落ちればワニに喰われ、海に落ちたらサメに囲まれたりしたいです。次回作では是非。

関連リンク:Choke Point Just Cause 2 海外レビュー
ジャストコーズ 2 "リコ・ロドリゲスの危険な日常 Day 1" (Youtube動画)
オープンワールドの世界広さ比べ、一番広いのはどこだ!(doope!)

投稿時間 21:13 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.06.02 

EisenFeuer「Outside Aperture 」



一人称視点のアクションパズルゲーム「Portal」のエンディング後を描いたファンによる実写作品。映画Cubeを思わせるスタイリッシュな映像で無機的な近未来世界を余すところ無く描いています。このままPVに使えそうなクオリティに驚愕。あとポータルガンの便利な使い方にお茶吹きました。



「おいお前ら、ついに念願のポータルガンを手に入れたぞ!」「そう、関係無いね」

このReal Life Portal Gun製作者のFreddie Wongという人はどうも著名な製作者集団の代表らしいですね。道理でどの動画も再生数が桁違いな筈です。他にも塊魂やスターウォーズなどをネタにしたクオリティ高過ぎるパロディ動画が目白押しなので興味のある方はfreddiew氏のyoutubeチャンネルへどうぞ。
動画貼り過ぎたのであとは収納しときます。

続きを読む
投稿時間 21:20 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。