--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2011.05.22 

極私的ボカロ良曲集(2011年版)



北米トヨタのTVCMでは初音ミクのCGと共にワールドイズマインが流れ、NHKラジオでは合成音声専門の音楽番組が始まったりとそろそろボカロ、UTAU等の合成音声も世間様に認知されてきた感がありますね。今ではTV番組のBGMやTVCMのナレーションに使われることも珍しくなくなり、店舗や街中で流れる有線、カラオケはもちろんビデオゲームなどでも時折ボカロの歌声を耳にするようになりました。HAL9000の歌う「デイジー・ベル」から三十余年、巷に合成音声の歌声が溢れるというのは感慨深いものがあります。自分もボカロを視聴し始めてもう4年目、ボカロフォルダに入っているお気に入り曲もゆうに500曲を越え徐々にHDを圧迫している有様。そろそろ飽きて来てもおかしくないレベルなんですが、未だに一日でも新曲を聴き逃すと焦燥感を伴う中毒症状に襲われる有様で、まだまだ付き合いは長くなりそうです。生まれてから大人になるまでずっとプロの生歌を聴いて育ったのだから、残りの余生は素人のボカロ曲を中心に聴いていくのも悪くないかも、とも思ったり。
さて、半年も経たない内から今年のベストというとさすがに鬼が笑いそうですが、書く事も無いのでいつもより四ヶ月早くズラリ並べてみました。残りの何ヶ月間は後からおいおい追加していく予定。

過去記事:極私的ボカロ良曲100選(2007~09年)
極私的ボカロ良曲集(2010年版)
極私的ボカロ良曲集(2012年版)
2013個人的ボカロベスト(ポップス寄り)

続きを読む
スポンサーサイト
2011.05.15 

フルコアメルトダウンとブラジル・シンドローム

福島原発事故 福島原発事故

震災後の福島第一原発の原子炉1~6号機の状態を、東電と原子力保安院の発表を元に時系列順に詳細にまとめてあるデータベース。分かりやすくて見やすくそれでいて詳しい。凄い。また、島根県の名所を写真で紹介しているページも素晴らしい。

放射能について正しく学ぼう

福島第一原発による放射能汚染情報のまとめサイト。主に食品の汚染や土壌汚染から子供たちを守ろうというコンセプトです。小さなお子さんがおられる方は是非。

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説 放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説

今回の原発事故についての初歩からの説明および今後の見通し、放射能汚染と共に暮らす気構えについて。専門用語が分からなくても大丈夫なので安心して薦められます。全年齢向け。

放射能を取り込みやすい野菜 取り込みにくい野菜
原子力環境整備センター「食品の調理・加工による放射性核種の除去率」pdfその1 その2 その3

参考までに。家族の食卓をまかなっている方へ。震災後、野菜と魚の放射能基準値が1キロ当たり2000ベクレル(アメリカは170ベクレルで輸入禁止、ロシアでは37ベクレル以上のものを子供に与えてはいけない)、飲料水300ベクレルにインフレしたこの国で生きていく為に必要なデータです。
2011.05.10 

安井洋介「エスカトス サウンドトラック」


安井さんには、ソフト開発後期に差し掛かっていたころに「BGM、1ヶ月で作って!!」と無茶を言う始末。無理を言って本当にすみませんでした。(ライナーノーツより)

XBOX360の縦スクロールシューティング「エスカトス」のサウンドトラック。米光亮によるアレンジ1曲を含む全17曲収録。SweepRecordSHOPの通販等で購入した人には、江口孝宏によるアレンジ曲が2曲入った特典ミニCDが付属。
「まもるクンは呪われてしまった!」によってアレンジャーとしてだけではなくコンポーザーとしても一躍ゲーム音楽界の寵児となった安井洋介ソロ担当作2枚目。今回も80年代アーケード全盛期の熱狂を再現するかのようなFM音源丸出し(オビより)の作風でオールドゲーム音楽ファンを楽しませてくれます。以前の担当作であるニンテンドーDS「結界師 黒芒楼襲来」と「まもるクン」のような共通した曲イメージの過去作は無く、自らも大のゲーム音楽ファンである安井さんが大好きな曲をいろいろ並べてみた感のあるバラエティ豊かな曲作りになっています。通して聴いていてパッと頭に浮かぶ作品イメージはメタルブラック、ニューマンアスレチック、メタルホーク、ツインビーなど。テーマ曲「SILVER LINING」のキメキメさ加減は往年の古代祐三サウンドを彷彿とさせますね。その辺りのコンセプトはアレンジ曲にも現れていて、おそらく安井さんが米光さんのドラゴンセイバーアレンジ(Youtube動画)を好き過ぎてああいうアレンジになったに違いない、と確信できる音作り。個人的にメインメロディはシンセじゃなくて同じく米光さんがアレンジした女神転生I・IIサントラの合体盤(Youtube動画)みたくエレキで聴きたかったですが。今が2011年だということを忘れるくらい相変わらずギターソロのキレは神掛かっています。一方江口孝宏さんのおまけCDの2曲はユーロビート、トランス半々のスウィープお得意のクラブミュージックアレンジ。主旋律が原曲と似たシンセで四つ打ちアレンジだとどうも間延びした感じがしてしまいます。サントラ全体に流れる80年代テイストとはちょっと隔絶した感がありました。

関連リンク:スーパースィープ 安井洋介氏 インタビュー
過去記事:安井洋介「まもるクンは呪われてしまった! サウンドトラック」

投稿時間 19:18 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。