--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2010.05.23 

DSiware「X-Scape 」



ゲームボーイの3DシューティングXの続編が北米向けにDSiwareで来週末配信だとおおお!!ふざけんな!日本でもさっさと出せこら!お願いします!本当に!後生だから!!



音楽がとたけけ&HIP田中で鬼の様な名曲揃いなんだぜ・・・。作曲者が同じせいか「カエルの為に鐘は鳴る」に音色が所々似ていたり。エンディングの曲を聴きたいが為に毎日毎日プレイし続けて今でもラス面とか鼻歌交じりにクリアできるよ。でもトレーラー面だけは勘弁な。

6/26追記:X-RETURNS 6/30日配信キタワァ.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆ いきなりあと四日だよ野郎共!ニュークリアサイロにハイエックスミサイルを撃ち込みながら待て!!

関連記事:DSiウェア「X-RETURNS」
スポンサーサイト
投稿時間 00:15 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2010.05.22 

ニンテンドーゲームキューブ「ピクミン2」


ノビノビ、やっとるか?いつも高みから見下ろしてても、人生はつまらん!たまにはRボタンを押し続けて目線を低くしてみるといいぞい。

社長・・・たまには人生のLボタンを押してみたいです・・・。2004年に任天堂から発売されたリアルタイムストラテジーゲーム。1は時間制限がキツくて難度高めと噂に聞いたので2を先にプレイ。
銀河をまたにかけるホコタテ運送会社のベテラン宇宙飛行士、キャプテン・オリマーが命からがらピクミンの星から脱出し会社に辿りついたのもつかの間、会社は新入社員ルーイのミスで莫大な借金を抱え倒産寸前の有様だった。しかしオリマーがピクミンの星から持ち帰ったガラクタに高い値段が付けられたのがきっかけで、オリマーはルーイを伴い再びピクミンの星に赴き借金返済の為「宝物」探しに奔走することになるのだった。
たまには溜まった積みゲーでも崩そうと思い立って恐る恐るプレイしてみたら、これがとんでもなく面白くて久し振りに時間を忘れて夢中になりました。未開の惑星の生物たち相手に(ピクミンが)喰うか!(ピクミンが)喰われるか!の弱肉強食バトル。オリマーはピクミンたちに宝探しを手伝ってもらう代わりに彼らのリーダーとなり、ピクミンの天敵たちを潰す!殴り殺す!爆死させる!中毒死させる!そして生きたまま餌にする!若干四十代のオリマーが会社の命運という重責を背負い、無口で気の合わない後輩ルーイと無神経で皮肉っぽい宇宙船AIをお共に広大なフィールドを駆け回ります。前作のように時間制限でデッドエンドでは無いとはいえ、社長はネチネチと毎日メールでプレッシャーをかけてくるし一日の行動時間は限られてるしでちょいと借金返済までは焦らされる仕掛け。数多いキューブコントローラのボタンも全部使うので慣れない内は混乱するどころの騒ぎじゃありません。消極的な作戦が裏目、敵の弱点が見えないままパニック状態でピクミンは死にまくり、仕掛けを解いてようやくお宝を運び出そうとすればもう夕方。夜間は夜行性の生き物たちが目覚めて絶体絶命のキリング・ゾーンになる為に朝まで上空に退避しなくてはならないシビアさ。乗り遅れたピクミンが生き物に食われる様まで見せてくれます。実に黒い。
ようやく操作に慣れてきた矢先に毒を振りまくスカラベに部隊を壊滅させられ、突然振ってきた爆弾によってここまで大事に守って来たピクミンたちと虎の子の白ピクミン(迷宮内でしか作れず序盤は希少)を一瞬にして失うこの絶望感。黄色ピクミン以外は即死する電撃トラップに囲まれた小部屋でファイアー系の敵(赤ピクミン以外は苦手)を相手にさせられるこのイヤな感じ。1フロアに一定時間経過でやってくる無敵の追尾式ジャガーノートとか本当に勘弁して欲しいです。それでも位置取りや段取りを考え、一つ一つ切り抜けていくとこれが次第にクセになってくるわけです。ピクミン喰いたい奴にはあえて食わす(毒ピクミンを)!追尾式の弾丸を撃って来る奴は自分の弾で死んでもらう!メンドくさい相性の敵はオリマーが直に殴り殺す!弱点を考えるのが楽しいほどに敵のアルゴリズムが個性的だといえるでしょう。苦労させられた敵がピクミンに囲まれてボコボコにされて巣に運ばれていくのはちょっと気持ち良くてゾクゾクします。
ピクミン星で手に入れる宝物がほとんど昭和のアイテムだったりしておっさん心をくすぐられるのもポイント。牛乳ビンのフタとか小学生の自分コレクションしてたからなあ・・・。お昼の給食の名古屋牛乳のフタを伸ばして友達とメンコして遊ぶわけですよ。上手く剥がさないと上の印刷だけ剥がれちゃって使えなくなっちゃうんです。で、ホモ牛乳とかコーヒー牛乳とかはちょっとランクが上なワケで。銭湯とか行かない俺としてはフルーツ牛乳のフタでさえ当時はレアな輝きに見えたもんですよ。まあピックで穴が開いてる奴に価値は無いんですがね。で、工場見学に行った友達が賞味期限のプリントされてない未使用のフタとか自慢してくるわけですよ。あれは悔しかったなあ・・・えーと・・・なんの話しだっけ。いやホント面白いです。止め時分からなくなります。何だか1もやりたくなって来ちゃったので多分オールクリアしたら買います。
投稿時間 13:53 | ゲーム | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2010.05.21 

Razor「ブレイブボード -リップスティック キャスターボード-」


障害のリスクは難しい得意技を使うほど増大します。使用者は得意技を使った行為に伴う全ての危険を負います。十分に注意し、自己の限界を認識して下さい。(付属取り扱い説明書より)

こないだ近所の小学生が見慣れないスケートボードに乗ってスイスイ道を行くのを見まして。彼が乗ってるソレは前と後ろの板が分かれてて坂道でもないのにひねりを加えると何故か前へ進んでいくわけですよ。スケボーみたいにボードの前輪を浮かせて方向転換するでもなく、曲がり角を普通にシューッと曲がっていくその姿がちょっといいなと思ってしまったわけです。声をかけて聞いてみると、彼のボードは"Sボード"と言うモノらしく今テレビで宣伝している流行アイテムだとか。最近テレビ全然観てないから全然知らなかったワケで・・・。私スケボーもスキーもダメな運動神経ゼロ人間なのですが、これはかなりやってみたくなりまして、ネットで話題になってた画像のソレを注文しました。これでボクもエクストリーム系スポーツとかいうやつの仲間入りですよ。固定タイヤ4つのスケボーすら挫折した人間が、2つの可動キャスター(イスの下についてるアレ)のボードを買うのは正直無謀でしたが、やってみたくなったもんはしょうがないじゃない。
で、現在人気の無い路地でこっそり練習している次第。いやー面白い。乗っかってフラフラと少し前進むだけでも結構感動なんですけどこれ。しかしだんだん慣れて来たと思った矢先につんのめって4メートル先の畑に転倒!たらふく土を喰らう羽目になりました。危ない危ない。もしそこにクルマが停めてあったりそこが塀だったりしたら骨折ぐらいはしてたと思います。やっぱりプロテクターやメットは必須ですね。だいたい自分がスケボーで転ぶ時は後ろに転んで腰を打つ感じでしたが、このBボードは横に投げ出される感じ。走り出す時に地面を蹴り出す方の足を、後ろの板のどの位置に乗せるかが今の所最大の転倒ポイントなのでそこを重点的に何とかしていきたい。ぶっちゃけ前が怖くて見る余裕が全然無いんだけど重心のバランス的に一番肝心なトコロなんだよね。今はようやく"漕ぐ"感覚が掴めてきたみたいで楽しくなって来ました。スラロームぐらいは出来るようになりたいね。

関連リンク:ブレイブボードRipStik公式サイト

5/27追記:amazonでスケボー回りの購入履歴をチェックしてたら出るわ出るわ。今はオービットウィール(以下リンク全てYouTube動画)やフリーラインスケート(ドリフトスケート)というスケート器具もあるそうで。ここ数年で爆発的に増えたスケート亜種の進歩は凄いもんですね。キャスターボードの前身っぽいスネークボードやちょっとカッコ悪げなイーグライダー、坂専用三輪車ポッカール、かなりヤケクソ気味の14輪スケボーフローボード、走る姿が爆笑モノのマジックホイールとか色々あってちょっと乗ってみたい。他にもデカ過ぎて日本で走れる場所無さそうな巨大スケボーカーブボードとか縦に四つキャスターが並んでるアライブボードも二輪のキャスターボードとどう乗り味が違うか興味あるなあ。どこかで全部試乗させてもらえないかしら。
あとスケートと全然関係ないけどフライジャンパーとかマジハンパない。ボヨーンと来るジャンプがリアルスーパーマリオというか、嬉々としてアクロバットしてる人たち頭おかしいわ。ちょっとしたミスで大怪我だろうしやるの命懸けでしょコレ。懐かしのおもちゃスカイホッピーがまさかこんな進化を遂げたとは・・・と思ったら本家ポゴ・スティックはフライバーという名前で既にエクストリーム化してたよ!凄いね!!怪我するよ!

12/23追記:おお、これはキャスターボードの進化系かもTimberWolf Xtreem。回転しながら走るとか新しい感じ。いいなーこれ。

11.1/3追記:名称と形状からrazorの新作かな?リップスケート。フリーラインスケートを付属のバーで繋ぐことによってキャスターボードっぽく乗ることもできるわけですね。初心者から上級者まで遊ばせるこのアイデアはなかなか凄い。
投稿時間 21:32 | ホビー | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。