--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.09.23 

岩代俊明「PSYREN -サイレン-」1~7巻


「お前のせいじゃない」と言われた時 何故か自分でも驚くほどホッとした
もし… もし誰も言ってくれなかったら?
自分をずっと 責め続けるのか (1巻P141より)


週刊少年ジャンプ連載、「みえるひと」の岩代俊明による超能力バトル漫画。少年たちが謎の存在「ネメシスQ」によって異世界の荒野へと飛ばされ、現代に帰還する為の生き残りゲームを強いられる。
高校一年生の夜科(よしな)アゲハはある日、夜の公園で鳴り響く公衆電話を取り「PSYREN」と書かれた赤いテレホンカードを手にする。アゲハは同じテレカを隠し持っていたクラスメート、雨宮桜子の失踪をきっかけに都市伝説「秘密結社サイレン」の噂を知る。"現実に絶望した人間を集め、新たなる楽園へと導くものサイレン…"雨宮の手掛かりを得る為赤いテレカを公衆電話に入れたアゲハに、女の声で異様な電話がかかってくる。
以前から週刊少年ジャンプで断片的に読んでいて、一風変わったクリーチャーデザインといい感じのキャラの立ち具合、何より好きなSF映画やサスペンス小説の匂いがそこここに散見されてて気になっていました。最近の連載分だけではサイレンゲームの細かい設定や、登場人物たちの異様に高い身体能力が理解できなかったので、試しに単行本一巻を買ってみたら大ハマり。翌日全巻揃えてしまいました。想像していたよりもずっと面白い。久々ヒットのアクション漫画です。以下ネタバレ。

続きを読む
スポンサーサイト
投稿時間 13:31 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。