--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.30 

「新潮45」編集部編 「殺人者はそこにいる」「その時殺しの手が動く」「殺戮者は二度わらう」


「服役して考えたことは……、○○一族に対する恨みでした。自由もなく一日が長くて苦しい刑務所生活を送っておりますと、なぜ俺がこのような苦しい目にあわなきゃならんのか、と思うようになり…(略)ようし、出所したら、刑務所で辛かった分まで仕返しをしてやる、といった考えになっていきました」(「殺人者はそこにいる」P102、103より)

報道エンターテイメント雑誌、新潮45の過去記事を文庫に纏めたノンフィクション集。主に凶悪な殺人事件を追跡取材し、親族殺人から行きずりの殺人、解決した事件から未解決事件、事件被害者や加害者のその後などを詳細に追った記事が集められています。現在までに4冊刊行。
中学生の時分親が買っていた週刊新潮の名物コーナー「男と女の事件簿」でエロに目覚めた生粋のゴシップ野郎である私は、こういう事件ルポものを読むのがとても好きなんですが、このシリーズは少々刺激が強く読後感は最悪。それでも繰り返し読み耽ってしまうのは、平穏な人生のすぐ傍に転がっている悪夢の世界を身近に感じる所為。争い事を好まず平和に生きて来たはずの普通の人が、なぜ凶悪な殺意と出会ってしまうのか。事件は避けられたのか、それとも逃れられない運命だったのか。推理小説やホラー映画、テレビのサスペンスドラマなどはエンターテイメントとして一線を引いて楽しんでいるのですが、ノンフィクションとしての殺人事件は関係者にとって一生苛まれる終わりの無い悪夢。一度凄惨な事件に巻き込まれてしまった人はきっと安心して熟睡することも、人生を楽しむことも出来なくなってしまうのでしょう。

だいぶ以前に書いた記事で公開するタイミングがつかめませんでしたが、先日名古屋・ドラム缶焼殺事件の犯人2人が死刑になったので公開してみました。当時ドラム缶に押し込めて蒸し焼きにしたんだと思って激しく憤ったものですが、ガソリンをかけて焼いたのですね。だからといって何も変わりませんが・・・。死刑制度の廃止議論うんぬんはともかく、死んだ方がいい奴は山程いるしそういった奴に刑務所の懲役刑は全く意味が無いと痛切に思えてくる書籍です。
スポンサーサイト
投稿時間 22:26 | 書籍 | コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.18 

お前の名前はヘッドショットだ


P.S.すりーさん人気投票で投票対象キャラにクルルちゃんがいないのが納得いかなかったので、ちょっと描いてみた。膝の位置というか服のシワ間違えた。あー誰かlivedoor ID持っている人がタグ追加してくれないもんだろうか。クルルちゃんなら何度でも投票しちゃうんだぜ。
光速(以下略)に出てくるクルルちゃんはライトニングさんの先輩FFキャラとして、背伸びした感じが非常にかわいいですが、FF5をプレイしてた当時はガラフの死>キャラチェンジに強いショックを受けてしまって、クルルに最後まで馴染めず仕舞いでした。男1女3の当時としては驚異的なハーレムパーティではありましたが、あんまり嬉しくなかったかも。それこそギルガメッシュがパーティに入れば良いのにとか思ってました。
下の動画はFF5関連であまりに面白過ぎたので。旧世代のRPGには楽しみ方に幅があったよね。


投稿時間 15:00 | 漫画 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.17 

怪獣の足跡こそがウルトラマンにおける俺のリアリズム


君に、胸キュン。
派遣切りされて住処を失ったらエルサレムへ行って不法占拠するしかない。
近所でゴールデンアーミーが上映してないんだよー。一作目のDVD観て我慢してます。
まさかまさかのTHE推理の続編発表。3月まで死ねないわあ。
凍える様な冬のある日、音もなくとても密やかに突然PCがぶっ壊れた。
ン年ぶりにバッティングセンターに行き、準備運動なしで約60球打って体が痛い 痛  い。
今更M-1グランプリを友人に見せて貰う。U字工事とザ・パンチが優勝した。俺の中で。
ユーザータグなんて 絶対に許さないよ
今場所の大相撲では朝青龍の連勝に1994年のジョージ・フォアマンと2002年の野茂英雄、2005年11月20日の高橋尚子と同じ様な感動を覚えるわけで。相変わらず舞の海が解説してない日はどう楽しんだらいいのか分からない。
そして人間魚雷さんが今月を持って更新STOP。お疲れ様でした。

投稿時間 23:20 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.03 

NHK教育「アンジェイ・ワイダ 祖国ポーランドを撮り続けた男」


「悲劇は善と悪が戦うときに生まれるのではなく、善と善が戦うときに起こるのだ」

ポーランドの映画監督、アンジェイ・ワイダの作品とその時代背景を辿る。
ETV特集でやってて劇場版HEROの合間にチラ見してたらいつの間にか釘付け。今まで存在すら知らなかったんですが、この人 す げ え 。世界にはエイゼンシュタインみたく権力に楯突いた偉大な映画監督がまだ何人もいるんですねー。社会主義礼讃のプロパガンダ映画を作らせられながらも、検閲をかいくぐり密かに反社会的メッセージを潜ませるそのテクニックの冴えにビビる。民衆に感情移入させながら検閲官を絶賛させる、その手腕がスゴ過ぎてため息が出ます。『言葉は簡単に狩り立てられる。映像で本当に伝えたい事がある時は言葉で語ってはいけない』という検閲官との駆け引きを象徴する言葉にゾクゾク来ます。きっとそれは映像だけで世界と戦うための真実。"撮ることを禁じられたモノ”を写さずに、しかし観ている人間に"それ"を思い浮かべさせるという映像マジックは、平和な時代の娯楽映画からは決して生まれないものなのでしょう。
ナチスドイツ、ロシア&ソ連と強大な隣国とファシズムに翻弄され、支配されては抵抗し、勝利しては奪われ、奪われては取り戻そうとしてきた国、ポーランド。以前記事を書いたベクシンスキーといい、波乱の時代を生きた人間が残す芸術作品はやっぱりどこか違いますね。

投稿時間 22:44 | テレビ | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2009.01.01 

さらば2008年


そして明けましておめでとうございます。本年もよろしく。今年も今まで以上の楽しいものに巡り合えますように。それをネタにそれなりに面白い記事が書けますように。時事ネタも書ける位に勉強しないとなー。何だかんだで今年でブログ5年目、飽きもせずよく続いてるもんですな。相も変わらず世間様のお役に立ててないブログですが、まぁ携帯にカメラが付いてる間は続けたいんだぜ。
ちなみに去年一番良かった映画は「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」、マンガはとよ田みのる「FLIP-FLAP」、音楽はパピヨン誠「パピ☆ューム    love the world」、ゲームはDS「魂斗羅 Dual Spirits」、テレビ番組はテレビ東京「空から日本を見てみよう2」、アニメはディズニー「キム・ポッシブル」、小説は佐藤多佳子「しゃべれどもしゃべれども」でした。

投稿時間 00:00 | 日記 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。