--.--.-- 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿時間 --:-- | スポンサー広告 | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.08.31 

R・D・ウィングフィールド「フロスト気質(かたぎ)」上・下巻


「これだけは言っとくけど、相手の子はみんなちゃんと十六歳以上だからね」
「それじゃ、何かい――――あんたの坊やたちは片手にちんぽこを、もう片方の手に出生証明書を握り締めてここを訊ねてくるのかい?」とフロストは尋ねた。(上巻P215より)


前作から実に7年振り、まさか、まさかのフロスト新作。下卑たジョークと吐き気をもよおす死体語りがトレードマークのベテラン警部ジャック・フロストが上司につつかれ、部下にナメられ、犯人を取り逃がしながらも事件解決に奮闘する。
現代のイギリス、地方都市デントン。ハロウィーンの祭りで人々が盛り上がる中、デントン警察署は混乱の極みにあった。殺人事件が起こったというのに捜査を統括する高位の捜査官が一人も捕まらないのだ。切らした煙草を失敬しようとふと署に立ち寄った休暇中のフロスト警部は、否応なく現場の指揮を押し付けられてしまう。
本屋で見つけた瞬間、声が出ちゃった位に私にとっては待ちに待った最新作ですが、本作は英国で出版されてから既に13年の時を経ており、続巻を待ってる間に原作者のウィングフィールドも亡くなってしまいました。合掌。というわけでラスト二つ前(未翻訳作があと二つ)のフロスト。上下巻合わせて約900ページ、価格2300円とナカミも値段も頼もしい一作。一冊1000円以上する文庫本なんて川上稔か京極夏彦くらいだと思ってたけど最近はフツーなのかな。
さて戦慄の猟奇殺人も起こらないし、カリスマ的な犯罪者も出て来ない。事件を本格的に推理させてくれるでもなく、話の展開も特にスカッとする事もないフロストシリーズ。人手が足らないのに事件ばかり増えるわ、上司は責任を押し付けてくるわ、気まずい同僚と組まされるわ、手柄はそいつに全部持っていかれるわ、ガサ入れは毎度不発で推理は全部外れるわで楽しい事など一つもありません。そういう何もかも上手くいかない時に、クサらず人に当たらず、タフで下劣なジョークをお供に出来る事をこなしていくフロスト警部の頼もしさといったら。そして要所の細かな気配りと、必要時には罪を見逃す鷹揚さがいつか幸運を運んで来る・・・そんな渋い味わいの作品です。
本作も普通に面白いですが、シリーズ二作目の「フロスト日和」が展開といいまとまり具合といい、間違いなく最高傑作だと思うので未読の方は是非そちらから。
スポンサーサイト
投稿時間 14:24 | 小説 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
2008.08.19 

安井洋介「まもるクンは呪われてしまった! サウンドトラック」


結構前にさかのぼりますが、スーパースィープ代表の細江さんと話をしていたとき、「一度、安井さんをピンで使ってみたいんですよね~」と言ったことがありました。(まもるクン公式サイトより)

よくぞ言ってくれました!!永いこと待ち焦がれたYOUさんオンリーの新譜がようやく到着。本日只今よりデッキやカーステレオ等で皿が溶けるほどにヘビーローテーションの予定。パッケージがなぜかDVDサイズで超デカい。ふしぎ!
アルバム前半はいつもの広瀬香美というか本間昭光というか、ノリノリ安井節で大満足。後半はちょっと無機的に、カルネージハートポータブルで見せたような新境地を聴かせてくれます。そしてラスボス戦ではよくnanosweepなどの同人コンピに収録されているようなハードコアなミニマルテクノ調。新旧まんべんなく安井曲の魅力が詰まっていて素晴らしい一枚です。相変わらず随所にさりげなく凄まじいコードアレンジをかましてくるのがたまらない。主旋律はそのままにコードだけ凄い勢いでハンドル切ってる感じというか。その強引さが不協和音やズレの一歩手前のツボに上手くハマってるんです。
随分前、同人時代の安井さんが運営していたゲー音サイトによくお邪魔して、コンテンツのゲー音カルトクイズをやったり、オリジナル曲などをダウンロードして聴かせてもらっていたのですが、プロの音屋になられてからはあまり接点もありませんでした。それからしばらくして、ふと友人に貸りたボーダーダウンのサントラに魂のシビれる様なアレンジ曲が入っていたのです。それが安井さんの手掛けたUpon the new raid(Arrange Version)でした。その曲は渡部恭久さんの無骨なFM音源の元曲を、ストリングスの多重ハーモニーで宇宙的な広がりを持つ名曲に昇華していました。後に渡部さんが手掛ける「旋光の輪舞」がああいう音色になったのはUpon The New Raidアレンジの影響も少しあるのではと個人的に思っていたり。
以来、安井さんの参加されてるアルバムをせっせと収集している次第。しかしゲーム音源のサントラ化における特典アレンジとしての参加が多いスーパースィープのこと、アルバム一枚のうち安井さんの担当したアレンジ曲が平均1~2曲と、なかなかまとまった数の曲が聴ける機会が少なく悶々としておりました。安井さんが参加してるかどうかのチェックも難しくて、普通にドリキャス版アンダーディフィートの特典ディスクとか買い逃すし。カラスのサントラまだ買ってないし。
そんなこんなでようやく一枚まるまる安井洋介のアルバムが発売されたわけですよ。ありがたや。次は是非にハードな世界観のアクションゲームを担当してほしいところ。その前に「エバーブルー1,2」と「対局麻雀ネットでロン!」のサントラ化希望。

関連リンク: 安井洋介 (yousukeyasui) on Twitter
安井洋介MySpaceMySpace
yousukeyasui1 さんのチャンネル(YouTube)
安井洋介DiscographyVGMdb


2011 3/20追記:PS3の体験版で聴けるYO-KAI Discoボーカルver。安井楽曲にボカロの歌声とは何という俺得アレンジ。もしもPS3版の各面BGMに全部ボーカルが入ってたら死んでもいい。
投稿時間 21:10 | ゲーム音楽 | コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。